黒魔女さんが通る‼︎ファンブログ

青い鳥文庫『黒魔女さんが通る‼︎』 をだらだら語る  

【黒魔女さんが通る】各キャラ段位&強さまとめ

各キャラの段位について

各キャラ段位一覧表

本文中に明記されているキャラと、ある程度推測可能なキャラを載せました。明記されているキャラは赤、私が推測したキャラはグレーで塗っています。複数の段にまたがっている場合は、「○段から○段の可能性が高い」という意味です。

f:id:yattaze-krmjsn:20190919191135p:plain

表が見づらい方はこちらをクリックしてください

各キャラ段位一覧表 - Google スプレッドシート

 

解説

段位の客観的評価について

低級:7級〜4級 初級:3級〜1級 中級:初段〜4段 上級:5段〜7段 だと考えられます。

 まず、黒魔女最高位は7段*1であり、黒魔女の段位は7級から始まります*2。日芳向日葵曰く、王立魔女学校に行けるのはエリート*3であり、タニヤの姉は「魔力が低すぎて黒魔女なんて無理」だそうですから、全ての魔界の住人が黒魔女になれるわけではないようです*4。ちなみに、魔女学校には、3級で17歳以上の黒魔女が入学できる*5という記述があります。

これらの記述から、エリート校・王立魔女学校入学基準の「3級黒魔女」は、魔界全体から見ればそれなりの魔力だと推測できます。

また、魔女学校の卒業時は一級黒魔女か初段黒魔女*6で、インストラクター黒魔女になれるのは成績優秀者らしいです*7。よって、魔女学校を卒業する「初段黒魔女」も、ある程度の修行を積んだ黒魔女の目安だと考えられます。

また、ギュービッドの潜在魔力は度々「5段以上」と評されてきました。さらに、暗御留燃阿は5段になった結果、アジア地域統括インストラクター長に任命されていました*8

これらのことから、「5段黒魔女」であれば「かなり強い魔力の持ち主」と認められるレベルであり、社会的な地位も約束されていると言えそうです。

以上のことから、

低級:7級〜4級(魔女学校に入学できないレベル) 初級:3級〜1級(魔女学校の学生レベル) 中級:初段〜4段(魔女学校の卒業生レベル) 上級:5段〜7段(エリートレベル)

と考えられます。

 

個別のキャラの推定段位の根拠について

大形京:暗御留燃阿(当時5段)より強いので6段か7段。しかし、グラシュティグ(推定7段)よりは弱い*9ので6段。

森川・桜田王立魔女学校は1級か初段で卒業なので1級or初段。

黒雷:王立魔女学校は1級か初段で卒業。成績実質ビリ*10の黒雷が初段で卒業したとは考え難いので1級。

エレオノーラ・エルマ・ミルフィーユ:王立魔女学校は1級か初段で卒業。エルマは優等生、エレオノーラとミルフィーユは研究科に進学しており、初段卒業組か。

その他桃花同級生・ミルフィーユ同級生:王立魔女学校は1級か初段で卒業。とくに成績優秀な描写がないので1級。

エミリサリボーン:王立魔女学校は3級で入学し、1級か初段で卒業。1学年ごとに級があがると考えられる。彼女は現在3年なので1級か。

ギューバッド:一国の女王であり、また、メリュジーヌ(7段)に実力で劣っているとは考えられないので7段。

サティリコ:王立魔女学校は1級か初段で卒業。期末テストでトップだった等、優等生だったはずなので初段以上。

スッテンマイヤー:黒魔女しつけ協会人間界支部長という、かなり重要そうな役割を担っているので、上記の「上級」に該当すると思われる。よって5段以上。

ダリル:黒魔女しつけ協会へレス支部長。暗御留燃阿が5段でアジア地域統括インストラクター長になったのを考えると、魔界の一地方の支部長がそれ以上の段位とは考えづらい。よって初段〜4段。

イカ・マリー:王立魔女学校は3級で入学し、1級か初段で卒業。1学年ごとに級があがると考えられる。彼女らは王立魔女学校二年生のはずなので2級。

王立魔女学校の教師たち(パジョー・エクソノーム・カイム除く):成績優秀な生徒は初段で卒業する。ふつう、教師は生徒より強いので最低でも2段以上。ただし、校長のメリュジーヌ(7段)よりは劣っていると思われるので2〜6段。

パジョー・エクソノーム:パジョーは4段認定魔法の実体化魔法を使っているので4段以上*11。彼女は前年に辞職したエクソノームの後任としてやってきたと推測できるので、エクソノームも同等の魔力を持っているだろう。

カイム:メリュジーヌ校長(7段)を操っているので*12、同等以上の魔力があると考えられる。なので7段。

レオナール:彼の公式の段位は魔神第一階級。魔神の最高段位と思われる。なので黒魔女の段位では7段相当か。

玖龍恋:チンピラのギュイヨンが3段なので、魔界警察の特別捜査官である彼女はそれ以上の実力はあると思われる。しかし、暗御留燃阿(当時5段)より立場が下だったことがうかがわれるので、3段か4段。

アクティル:ブラックウィッチ学園は、卒業生に魔界警察の特別捜査官や3段黒魔女がいることから、王立魔女学校に大幅に劣っていることはないと思われる。なので、ブラックウィッチ学園の教師も王立魔女学校同様、2段以上と考えた。しかし、暗御留燃阿(当時5段)より立場が下だったことがうかがわれるので、2〜4段。

叶夢:ギュイヨンが3段。学年一の優等生だった叶夢は、少なくともギュイヨンと同等の魔力は持っていると考えられる。また、暗御留燃阿(最高段位5段)のライバルだったことを考えると、3〜5段程度と思われる。

華童亜沼:魔界の正門の番人というポストを任されている。これはそれなりの信用が必要とされるポストだから、すくなくとも王立魔女学校の生徒より強いはず。しかし、魔界警察の中枢を担う感じではなく、5段以下と思われるので、初段〜4段。

グラシュティグ:黒魔女しつけ協会会長なので、最高位の7段と考えられる

アグリッパ:黒魔女しつけ協会から派遣された巡回魔法使いであり、「彼への口ごたえは、グラシュティグへの口ごたえと同じ」とまで言われている*13ので上記の「上級」に該当すると考えられる。なので5〜7段。

ロベ:異端審問官なので、上記の「上級」に該当すると考えられる。よって5〜7段。

理夫人:チョコたちと一緒に2級認定テストを受ける予定だったので、2級相当か。

羅門ルル:死の国王立魔女学校の1年生なので3級程度か。

アキュラシー:悪魔情が魔法使い2級。アキュラシーは悪魔情よりも仕事ができるので、2級以上だと思われる。

 

独断と偏見による強さランキング

(あくまで段位が想定できるキャラの中でです!)

 1位:ギューバッド

 2位:カイム

 3位:メリュジーヌ・グラシュティグ

 5位:大形京

 6位:アグリッパ・スッテンマイヤー

 8位:ギュービッド

 9位:レオナール

 10位:暗御留燃阿・王立魔女学校教師の一部

 

解説

まずグラシュティグ会長はその立場的に、かなり強力な黒魔女であろうと思われます。じっさい、あの大形でさえロープ魔法をかけられた時、手も足も出ませんでした。また、そのグラシュティグとならぶ影響力を持つメリュジーヌも、会長に負けず劣らずの魔力の持ち主だと思われます。ギューバッドは涙の国の女王であり、魔酔いの森の死霊草を黙らせるなど天才型。トップクラスの魔力を持つ黒魔女の中でも頭ひとつ抜けていそうです。魔法図書館の警報装置、カイムおじいさまも7段黒魔女のメリュジーヌを操ることができるので、未知数の魔力がありそう。

大形くんは小5にして一国をのっとったり、やばい黒魔法使いっぷりが目立ちます。ただ、『修学旅行』ではギュービッド様に(一瞬とはいえ)感染魔法で拘束されているので、ギュービッドが本気を出せばなんとか渡り合うぐらいはできそうです。

ギュービッドがどの程度強いのかは悩ましいところです。5段以上の実力があり、天才肌なのは間違いないですが、他の5段以上の黒魔女と比べて圧倒的に強いわけではなさそうです。魔女学校卒業からチョコのもとに来るまで1年間もダラダラしているなど、魔力を高めたいという気持ちがそれほど強いとは思えないからです。多少才能があるとはいえ、しつけ協会の有力メンバーであるアグリッパスッテンマイヤーよりも強いとは考えにくく、6位にしました。

レオナール伯爵は推定段位7段ですが、本当にそれに見合った実力があるかは怪しいところです。7巻でのさまざまな悪事を鑑みると、その魔神第一階級という地位は、汚い手を使ってゲットしたものなのでは? と疑ってしまいます。とはいえ、暗御留燃阿(当時5段)の上司だったりしていたので、最低でも5段の実力はありそうです。

暗御留燃阿の最高段位は5段。実際、同じ世代の中で憑依魔法ができるのがギュービッドと暗御留燃阿だけだったという発言等*14、実力5段のギュービッドともそれなりに張り合えていたようなので、その魔力は保証されていると言えるでしょう。ちなみに、現在は7級ですが、初段認定魔法の忘却呪文を使っている*15ので、魔力自体は落ちていないようです。

王立魔女学校の先生方は、ベテランのブラヴァツキー夫人から新米のヒルデガルト先生までキャリアが幅広く、魔力にも差がありそうです。けれど、天下の王立魔女学校、5段程度の実力がある先生もいるだろうなと思ったのでこの順位にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:7巻p211

*2:2巻p141

*3:10巻p112

*4:桃花編2巻p96

*5:12巻p98

*6:桃花編1巻p112

*7:12巻p68

*8:3巻p130

*9:12巻p302

*10:0巻p42

*11:桃花編1巻p133

*12:12巻p251

*13:04巻p16

*14:6巻p140

*15:14巻あとがき

【ブログ】50記事達成しました


5月にブログを開設してから3ヶ月ちょっと、ようやく50記事達成しました!

いや〜、長かったですね〜。各巻感想とか書いてた頃が懐かしい……

なので今回は今までの振り返り&今後の予定について書いてみようかなと思います!

 

アクセス数の推移

まあぶっちゃけアクセス数自体そんなに良くないんですけども。

でも、PVが(私にしては)伸びた瞬間とか、反対に減った瞬間とかは結構あったので、思い出しつつ書いてみます。

 

アクセス数が増えた瞬間

⑴「こんなブログもありますよ」に載った

 はてなブログやられてる方はわかると思うんですけど、画面右上の「購読中のブログ」をクリックすると右側に「こんなブログもありますよ」のコーナーがでてきますよね。

ブログを開始して1ヶ月ぐらい経った頃、そこにこのブログが載りました。読者数も少ないし、googleとかyahooの掲載順位も低いのになんで……?と思いましたが、当時は毎日更新していたので、それがプラスに働いたのかなぁと思っています(「こうすれば載るよ!」みたいな明確な基準はないみたいです)。

その際に読者数が20倍ぐらいに増え、更新するたびに10個前後のスターをつけていただけるようになりました。ありがたいです。

これははてなブログ内だけの制度なので、読者数が多い=掲載順位が高い、多くの人に読まれているというわけでは決してないですが、毎回スターをつけてくださる方がいるととても励みになります。

いつもありがとうございます。

 

(2)看板記事ができたあと

当ブログで一番読まれている記事はこれです。

krmjsnfan.hatenablog.jp

 各巻感想系を書いているときにメモったものを記事にしたやつなんですが、これを出してからというものの、検索流入googleやyahooからの流入)が爆発的に上がりました。

「黒魔女さんが通る」で検索するとサジェストに「呪文」と出てくるので、そのワードで検索した方に見ていただけたんだと思います。

f:id:yattaze-krmjsn:20190911163103p:plain

googleで「黒魔女さんが通る」と検索した結果


わたしとしてもこれは自信作で、『黒魔女さん』の呪文を知りたかったらこのページに来いっ!というような記事になっております(笑)。

 

(3)新刊の記事を出した直後

7月13日に、「黒魔女さんの呪いの学園」が発売されましたね。

f:id:yattaze-krmjsn:20190713221719j:plain

読了後にこの巻に関する記事をあげたところ、1ヶ月ぐらいじわじわと伸びてました。よく見たらサジェストにも「新刊」ってあるし、「黒魔女さん最新刊ってどんな展開なのかな」という人が多かったのだと思います。あと多分「黒魔女さんが通る 8巻」とかで検索してくださった方々なのでしょうか、無印8巻の記事も微妙に伸びてました。(「呪いの学園」は6−1編8巻)。

読んだその日のうちに勢いに任せて書いてしまったのもあって、記事自体のクオリティが著しく低いのが悔やまれます。大形改心disり記事みたいになってしまった。面白いと思った箇所はたくさんあったのに……。あとで書き直します……。

 

まとめると、「頻繁に更新して需要が高い記事を書いていると伸びる」ということでしょうか。当たり前っちゃ当たり前ですけれど、やってみて身に沁みました。

 

アクセス数が減った瞬間

これはもうひとつしかない。

更新しないとアクセス数は下がる

googleとかの掲載順位も下がるし。よっぽどいい記事を書いているならともかく、『黒魔女さんが通る‼︎ ファンブログ』のような駄文垂れ流し系ブログは更新頻度大事ですね。

 

 

人気記事

比較的高アクセスを保ってる記事を紹介します。

 

・【黒魔女さんが通る】これまでに出てきた黒魔法まとめ【随時更新】

krmjsnfan.hatenablog.jp

 先ほども触れたやつです。データまとめ系の記事は初めてだったので割と大変だった。できあがったのが夜中の2時とかで、達成感に包まれつつ寝たのですが、翌日起きたら誤字脱爺もびっくりの誤字脱字っぷりで腰を抜かしました。もちろん今は直してあります。

 

・【大形京再考察】大形京太郎とは何者なのか&今後の展開【07巻感想】

krmjsnfan.hatenablog.jp

 大形関連は関心が高いのかな? 「考察」の難しさを思い知らされた記事です。ちゃんと考えて書かないと、考察というより妄想っぽくなってしまうな〜と思いました。わたしはtwitterをほとんど利用しておらず、最近はアプリさえ開かずにはてなブログ内の機能を使って「更新しました〜」的なことを言うだけ、みたいな有様なのでtwitter流入は大変少ないのですが、この記事は比較的twitterからの流入もありました。見つけてくださって記事を見てくれた方々、本当にありがとうございます。

 

・【黒魔女さんが通る】事実上の第1話⁉︎面白い話が読みたい!青龍編を振り返る

krmjsnfan.hatenablog.jp

 なんだか安定して「注目記事」のところ(PC画面の右側、スマホ画面の下の方)にもいるし、まあまあ読んでいただいてるっぽいのですが、正直理由がわからないです。青龍編はこれから天下とるぞ感がすごくて、本当に面白いので、この記事を読んでくださった方にもぜひよんでほしいです!

 

 

これからのこと

・データをまとめたい

先ほどあげた呪文まとめ記事のような、データまとめ系の記事をどんどん書いていきたいです!

黒魔女さんは巻数も重ねており、その分情報量も多い作品だと思います。とくに魔界はかなり複雑です。

なのでこのブログを始めるにあたって、「呪文とかグッズとか段位とかまとめたいな」という思いが頭の片隅にありました。また、考察的なことをするにあたっても、情報が頭の中で整理されてないとやりづらいなと感じました。

そういうわけで、これからは情報まとめ系の記事を中心に書いていけたらな〜と思っています。ただデータ系はまとめるのに時間がかかるから更新頻度下げざるを得ないかな。いまさっき「更新しないとアクセス数下がる」とか書いといてなんですが。まあ背に腹は代えられないです。

 

・今までの記事のリライトをしたい

主に感想記事。各巻感想記事を書いていた頃は原則1日1記事をルールにしていたのもあって、たいして構成も考えずに書き殴っていました。なのでいま読み返すとおそろしくつまらない&何言ってるのかわからない記事がチラホラ……。それらを時間があるときにリライトして、もっと質が高い()感じのブログにしていきたいです。

 

 

今回はここまでです!ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

【黒魔女さんが通る】キャラクター&登場回まとめ【魔界編】

*『黒魔女さんが通る‼︎』本編及び『黒魔女の騎士ギューバッド』、『魔女学校物語』に登場したキャラクターについてのまとめです。

*扱う出番の条件は、①名前が出ているor口調などから本人であることがわかり、②その場にいることが明らかorそれなりに分量のある回想や幻に登場しており、③何らかの行動をしている ことです。電話シーンで姿が見えない場合も、セリフが書かれていれば出番とみなします。

*ここで扱っているキャラは、名前orイラストが出てきて、一回以上上記の出番があるキャラです。

*「1巻」は無印1巻、「01巻」は6年生編1巻を指しています。

 

 

登場回早見表

登場回早見表

クリックすると見れます。

火の国キャラ登場回早見表

火の国キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

死の国キャラ登場回早見表

死の国キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

涙の国キャラ登場回早見表

涙の国キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

悪霊の国キャラ登場回早見表

悪霊の国キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

魔酔いの森キャラ登場回早見表

魔酔いの森キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

その他魔界キャラ登場回早見表

その他魔界キャラ登場回早見表 - Google スプレッドシート

 

解説的なもの

出番が多いキャラBEST5

  1位 ギュービッド(73回)

  2位 桃花ブロッサム(60回)

  3位 悪魔情(17回)

  4位 暗御留燃阿・メリュジーヌ(14回)

  5位 森川瑞姫(12回)

 

登場回数の平均

火の国キャラ 5.27回

死の国キャラ 2回

涙の国キャラ 1.67回

悪霊の国キャラ 1.78回

魔酔いの森キャラ 1.17回

その他魔界キャラ 1.65回

全体 3.38回

 

所感

ギュービッド桃花だけずばぬけて出番が多く、それ以外だとガクッと落ちます。しかしそれでも、王立魔女学校の関係者は10回程度登場しているキャラもおり、比較的健闘している方だと言えます。それ以外だとダントツで悪魔情が多いです。『黒魔女さん』のメインの舞台は人間界なので、人間界へも行けるキャラの方が出番が多くなりがちです。

しかし一方で、登場回数自体は少なくても物語的に重要なキャラも多いです(ロベレオナールなど)。スペシャル編や外伝の舞台は魔界が多いので、そこで活躍したキャラは出番に関係なく存在感がある印象です。

 

 

各キャラクターデータ

火の国

王立魔女学校関係者

ギュービッド

 登場回数: 73回

 初登場:1巻1話

 初セリフ:「おうら、おうら。」1巻1話p9

 管理人評:桃花編にも登場しているため、主人公のチョコを抑えて出番が全キャラ最多。見せ場も多く、外見描写も毎回気合が入っているので、多分石崎先生がいちばん好きなキャラだと思います。一見おちゃらけている反面、ほとんど面識がなかったはずの桃花に最適のもの(ダイナマイト)をプレゼントするなど、さりげないフォローが光ります。

桃花ブロッサム

 登場回数:60回

 初登場:5巻1話

 初セリフ:「繁吹モモでーす。二年生でーす。モモちゃんって、よんで!」5巻1話p19

 管理人評:外伝も出され、いまや準主人公の桃花ちゃん。途中加入にもかかわらず、ギュービッド・チョコと変わらない存在感があります。いい子ですが巻き込まれ型で、後輩の喧嘩で黒死呪文を唱えて警察のお世話になったりもしました。また、途中で学校をやめさせられ、大形の監視係やインストラクターを任せられたのは、ご愁傷様ですとしか言いようがないです。学生時代は家庭科が得意で、なんとあのビルトを抜いてトップだったようです。

暗御留燃阿

 登場回数:14回

 初登場:3巻2話

 初セリフ:「ごめんなさい、おまたせしちゃって。」3巻2話p98

 管理人評:一番好きなキャラ。黒魔女さんシリーズの中では初の本格的な悪役です。推しフィルターもあるのかもしれませんが、個人的には暗御留燃阿と黒大形の登場によって物語が一気に広がったと思っています。あと名前のセンスが良すぎる。小学生がノストラダムスを知ってるというだけでもすごいのに、この当て字力。そりゃ採用されますよね。13巻で味方になりますが、改心過程が雑なのと、大形の件にノータッチな理由がわからないので、その辺を明らかにしてほしいです。8巻のギュービッドの発言から推測するに、魔女学校入学前からギュービッドとは知り合いなのかなと思いました。

森川瑞姫

 登場回数:12回

 初登場:4巻

 初セリフ:「あらあら、ショッピングのときは、心、おだやかにねっ。」4巻p137

 管理人評:ギュービッドの元同級生の中で唯一常識的な人。卒業後、自堕落な生活を送るギュービッドを家に住まわせたり、人間界の「モリカワ」に同級生3人を受け入れるなど、心が広く優しい人柄です。その一方で仕事にはとても真面目で、「初めての鯉」が届かなかった時は悪魔情を叱責していました。また、食べるとニキビができる「ニキビーンズ」を売りたがらないなど、屍とちがって人の心を持った商売人です。魔女学校卒業の際にネクタイをねだられているので、後輩からもそれなりに人気があったようです。

桜田桃香

 登場回数:10回

 初登場:7巻

 初セリフ:「だいじょうぶだって。そんなに泣かないで。」7巻p112 or「チョコちゃんと桃花ちゃんも!」7巻p113

 管理人評:ハデハデでおしゃれが大好きな魔界版メグ。ピーチと呼ばれたいらしいですが、豊かな金髪といい、ピンクのヒラヒラした服といい、ちょっとマリオのピーチ姫っぽい外見です。もしギュービッドの学生時代のお話が書かれるなら、カバーのそで(無印でメグが内容紹介をしていた部分)はピーチのコーナーにしてほしいです。7巻までは「〇〇ですっ」という話し方をしていましたが、12巻以降「〇〇なのよぉ」のように語尾を長く伸ばす話し方に変わります。

黒雷毬音

 登場回数:8回

 初登場:7巻

 初セリフ:「だいじょうぶだって。そんなに泣かないで。」7巻p112 or「ああ、ギュービッド! 無事だったのかい! つかまってなかったんだね!」7巻p113

 管理人評:暴走族。今でこそ豪快な印象が強い黒雷さんですが、7巻まではもっと花魁っぽいというか、今よりは女っぽい感じのキャラでした。ちなみに一人称は「あたい」でした。常に日本髪&着物ですが、学生時代はどんな格好をしていたのか気になります。

エレオノーラ

 登場回数:5回

 初登場:20巻2話

 初セリフ:「受験番号は?」20巻2話p191

 管理人評:ギュービッドたちの後輩で桃花の先輩。元生活監督官。背が高く、髪を刈り上げているので、一見すると男性にも見えます。威厳があり、近寄りがたい感じがしますが、お金がなくて帰郷できない桃花を気にかけてくれるなど、後輩思いな一面があります。ストイックな性格で、彼女自身も長期休暇中は学校に残って勉強に打ち込んでいました。祖母の期待どおり、ゆくゆくは王立魔女学校の校長になるのでしょう。

ティアー

 登場回数:8回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:ごきげんよう。」桃花1巻1話p15

 管理人評:学生時代の桃花のルームメイト。グラシュティグ会長の娘で、おっとりお嬢様。勉強は苦手ですが手先が器用です。つながりの鏡に装飾をほどこしたり、干しナメクジティーを好んだり、美的センスが良く舌が肥えているのは、さすが貴族といった感じです。叔父のプルトン国王には誕生日にブローチをもらうなど、非常に可愛がられているようです。わりと素直で天然なので、オジさま受けが良さそうな子です。

マカズキン

 登場回数:8回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「ヒャッホー!」桃花1巻1話p15

 管理人評:学生時代の桃花のルームメイト。そばかすともじゃもじゃ頭が特徴的な女の子。小説家志望で、ネタになりそうなことには、多少の危険を冒しても首を突っ込みます。そのせいか、桃花の魔力を上げるために魔力増強ワインの一気飲みを提案するなど、発想力に優れています。ただ、良い作品を書こうとするあまり、桃花やティアーと対立したり、ほかの部屋のオリジナル魔法のアイディアをパクるなど、窮地に追い込まれると独りよがりな行動をとることがあります。

ビルト

 登場回数:7回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「ルキウゲ・ルキウゲ・ゲットーネ!」桃花1巻1話p52

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で「アモン」の部屋の責任者。桃花のライバル。いろいろつっかかってきますが、お料理当番の時は助言をしてくれたり、アマ・ルーラの洞窟に吸い込まれたフランカを泣きながら心配したり、本当は面倒見が良さそうな子です。また、ギュービッドがシーラカンスを殺したニュースをいち早く入手したり、ミルフィーユの情報を入学前から知っていたり、情報収集能力が高そうです。

フランカ

 登場回数:7回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「暗御留燃阿先輩に決まってるじゃない! あたし、先輩のベレー帽をいただくわ!」桃花1巻1話p119

 管理人評:学生時代の同級生で「アモン」の部屋の生徒。初台詞がこれとかやるな。個人的に、黒魔女さんキャラで一番気が合いそうな人物です。いつもビルトにくっついてますが、わりとぼぅっとした子なのか、アマ・ルーラの洞窟に閉じ込められた時も、泣くでもなく騒ぐでもなくぽかんとしていました。

ミラベル

 登場回数:6回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「はい……。」桃花1巻1話p33

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「アモン」の部屋の生徒。入学初日にみんなの前で校訓を暗唱させられたちょっとかわいそうな子。でも初日に校訓を全部言えるとかさすがです。一方で、お料理当番の時に、ライバルの桃花たちにメニューをばらしかけるなど、やや間抜けなところがありそうです。

エルマ

 登場回数:3回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「だったら、あたし、濡烏先生を呼んできましょうかぁ?」桃花2巻1話pp58

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「ゼパル」の部屋の責任者。はきはきとしていてしっかり者。成績は学年1なので、生活監督官になりたかったんじゃないかなと思いますが、なれなくてもさっぱりしていました。ベリーショートで背が高く、ちょっとエレオノーラ先輩に似てる気がします。

 テス

 登場回数:4回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「うん、行こう、行こう。ふぁ~。」桃花2巻1話p59

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「ゼパル」の部屋の生徒。黒魔法が禁止されている魔の山でうっかり呪文を使ってしまうなど、注意力が足りないところがあるようです。そばかすと長い睫毛が可愛いです。

ヴェロニカ

 登場回数:3回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「うん、行こう、行こう。ふぁ~。」桃花2巻1話p59

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「ゼパル」の部屋の生徒。魔の山で黒魔法を使ってしまったテスをかばうなど、仲間思いの子のようです。

ボジェナ

 登場回数:2回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「だって、魔草の絵と説明を見つめてるだけじゃ、ねむくなっちゃうよ、ねぇ?」桃花1巻2話p58 or「ほんと。先生、どうせ授業するなら、魔草園の散歩にすればよかったのに。ふぁ~。」桃花2巻1話p58

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「ベリアル」の部屋の責任者。ベリアルは創作黒魔法大会の優勝チームでもあり、その責任者なのでリーダーシップに優れてそうです。また、マカズキンに黒魔法のアイディアをパクられても怒らない、心が広そうな子です。

ヴィヴィアナ

 登場回数:2回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「ほんと。先生、どうせ授業するなら、魔草園の散歩にすればよかったのに。ふぁ~。」桃花1巻2話p58 or 「ほんと。先生、どうせ授業するなら、魔草園の散歩にすればよかったのに。ふぁ~。」桃花2巻1話p58

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で、「ベリアル」の部屋の生徒。

アレンカ

 登場回数:5回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「先生、あの、つりがね形のかわいいお花は、カウスリップですね。」桃花1巻1話p45

 管理人評:学生時代の桃花の同級生で「ベリアル」の部屋の生徒。桃花曰く、気弱でおとなしい子らしいです。でも遠足では、落ちていた木の枝を振り回してはしゃいでいたので、いつもと違う環境だとテンションが上がるタイプみたいです。また、学校にお菓子を持ち込む大胆な面もあります。

アデル

 登場回数:1回

 初登場:桃花3巻2話

 初セリフ:「お嬢ちゃん、どうして泣いているんだい?」桃花3巻2話p134

 管理人評:桃花の同級生で、「ハアゲンティ」の部屋の責任者です。

モデスタ

 登場回数:2回

 初登場:桃花2巻2話

 初セリフ:「じつはマンガ本を何冊か持っててね、ぬきうち検査でばれるとまずいの。え? タニヤも? ううん、あたしはタニヤから聞いたわけじゃない。ソーウィンのぬきうち検査の話は、小学生のころから知ってたし。っていうか、どうしてあなたたちは知らないの?」桃花2巻2話p102

 管理人評:桃花の同級生で、「ハアゲンティ」の部屋の生徒。ボブヘアで、外見はちょっとティアーに似ています。ちなみに上記のセリフを言った際にモデスタが持っていたのは「コウバン社」から出ている「黒魔女さんが通る‼︎」というタイトルのマンガです。

タニヤ

 登場回数:2回

 初登場:桃花2巻2話

 初セリフ:「あのう……。」桃花2巻2話p94

 管理人評:桃花の同級生で、「ハアゲンティ」の部屋の生徒。2巻2話では、桃花たちにヘアアイロンを預けるに当たって、自分なりに隠し場所を考えるなど、交渉上手な子です。

ミルフィー

 登場回数:6回

 初登場:12巻

 初セリフ:「青くなるのは、あなたたちでしょう!」12巻p71

 管理人評:王立魔女学校の生徒。桃花の一年後輩。入学当初は校長の孫ということを鼻にかけており、生活監督官の桃花をかなり手こずらせました。他校の生徒と喧嘩になったところを助けられた時から真面目になり、自身も生活監督官を目指すようになります。ただ嫉妬からニイカにきつくあたったり、成績があまりよろしくなかったりと、過去の生活監督官に比べると未熟な面があるようです。

ファビオラ

 登場回数:1回

 初登場:桃花1巻2話

 初セリフ:「うん、たのむねぇ。」桃花1巻2話p173

 管理人評:桃花の後輩。ミルフィーユとは中学の時からの友達のようで、一緒に桃花にたてついていました。

ジェマ

 登場回数:1回

 初登場:桃花1巻2話

 初セリフ:「うん、たのむねぇ。」桃花1巻2話p173

 管理人評:桃花の後輩。ミルフィーユとは中学の時からの友達のようで、一緒に桃花にたてついていました。

ブレンダ

 登場回数:1回

 初登場:桃花1巻2話

 初セリフ:「……すいません、桃花先輩。」桃花1巻2話p208

 管理人評:ミルフィーユの同級生。魔力増強ワインを飲んだふりをして捨てました。先輩や濡烏先生の目を盗むなんて、なかなかやり手ですね。

エミリ・サリボーン

 登場回数:1回

 初登場:05巻

 初セリフ:「あら、あなたには、そう見えるの? そうか、黒魔法をかけられているのね。」05巻p43

 管理人評:王立魔女学校3年生。2級認定テストにやってきたチョコのお世話係をつとめました。呪文で魔界を人間界っぽく見せるのに疑問を感じるなど、自分の意見をはっきり持った人のようです。外見だけでなく、しっかり者でややキツそうな性格も、舞ちゃんに似ていると思います。もしかしたら高等女司祭かも。

イカ

 登場回数:8回

 初登場:12巻

 初セリフ:「へぇ、こうもりが教えてくれるんだぁ! ねえねえ、どうやってだと思う?」12巻p51

 管理人評:王立魔女学校の生徒。問題児ですが天真爛漫で、どこか憎めないところがあります。ギュービッドのことをリスペクトしていますが、知恵がまわるところやギャグセンスは、たしかにギュービッドに似ています。ルルちゃん(死霊)をナチュラルに見下したり、「自分は校長に好かれてる」とためらいなく言うあたりが、無邪気ゆえの残酷さ、傲慢さという感じで好きです(笑)。

メリュジーヌ

 登場回数:14回

 初登場:7巻

 初セリフ:「ギュービッド! おまえかい!」7巻p130

 管理人評:王立魔女学校の校長先生。卒業後無職だったギュービッドにインストラクターの口を紹介したり、成績ビリの黒雷が小学校の先生になっていたり、あっせん技術はなかなかのものと思われます。シェリルも元生徒の息子という縁で魔女学校への立ち入りを許されているので、彼女にかかわっておけば末代まで職に困ることはなさそうです。若い頃はかなり大人しく気弱でしたが、ギューバッドとの冒険を通して自信をつけました。そのためか、ギューバッドに似ている生徒には甘くなりがちなところがあると思います。

ギューバッド

 登場回数:5回

 初登場:8巻2話

 初セリフ:「おもしろいだろ、ティカ! ギヒヒヒヒ!」8巻2話p172

 管理人評:ギュービッドの大叔母さん。涙の国の女王。学生時代はギュービッド並みの問題児でしたが、その大胆不敵さやカリスマ性によって、ニーニョ・ネグロに選ばれました。今は涙の国の女王ですが、ティカを無断で涙の国に連れてくるなど、性格は昔のままのようです。「黒魔女の騎士ギューバッド」3巻のあとがきに、「ギューバッドが涙の国の女王になるまでのお話も書きたい」とあるのですが、書かれる日は来るのでしょうか。

ティカ

 登場回数:6回

 初登場:8巻2話

 初セリフ:「んもう、ギューバッド、おばかなことはやめなよ。見つかったら、しかられるよ。」8巻2話p172

 管理人評:チョコのおばあちゃんにして伝説の愛の黒魔女。醒めた性格はチョコにそっくりで、それだけに伊蔵との恋は同級生や先生方にとって衝撃的だったろうなと思います。いつかチョコもティカのような恋に落ちる日がくるんでしょうか。伊蔵似の男子が出てきたら要チェックですね。

サティリコ

 登場回数:5回

 初登場:8巻2話

 初セリフ:「ほい、あんたも暗い顔してないで、アメちゃん、なめなさいよ。」8巻2話p132

 管理人評:メリュジーヌの元同級生。優等生だったようで、テストでトップをとったご褒美の千里眼を常に持ち歩いています。若い頃、弟子の修行をサボって観劇に出かけたほどの宝塚好き。気取ったところがなく、つねにジャージで、歩いている子供に飴を配り歩いています。チョコたちの冬期講習の課題も手伝ってくれ、つきあいやすく頼れる人物といえそうです。

スッテンマイヤー

 登場回数:1回

 初登場:9巻3話

 初セリフ:「あら、ギュービッドさん、ずいぶんほめられているのね。」9巻3話p184

 管理人評:魔界喫茶「ハンプティ・ダンプティ」人間界支店を経営している女性。名作児童文学にでてくるお菓子を作ってくれます。それも「赤毛のアン」や「鏡の国のアリス」など、どちらかといえば女子が好きなそうな作品がおおく、厳しそうな見た目に反して少女っぽい人なのかもしれません。駄天使のお母さんでもあります。

濡烏

 登場回数:8回

 初登場:12巻

 初セリフ:「おい! そんなところで、なにやってる!」12巻p39

 管理人評:王立魔女学校の生活指導教師。恐い。でも本心では生徒たちを信頼しており、魔の山への遠足を復活させるよう、黒魔女しつけ協会にうったえたりもしました。また、たとえ生徒の前であっても、自分の欠点を認めることができるなど、まっすぐな人物です。だからこそ生徒からの信頼を失っていないのでしょう。

ブラヴァツキー

 登場回数:3回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「ほれ、みなさん。まだ、授業中ですよ。教室におもどりなさい!」桃花2巻1話p60

 管理人評:王立魔女学校の先生。「悪霊降霊術」担当の小さいおばあちゃん。三つ編み可愛い。その見た目と授業のつまらなさ厳粛さに反して頭の回転は速く、メリュジーヌ先生にも信頼されるほどです。モデルは神智学協会の設立者、ヘレナ・ペドロヴナ・ブラヴァツキー(通称ブラヴァツキー夫人)でしょう。降霊術でも有名な人です。

ヒルデガルト

 登場回数:4回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「では、みなさん。お庭のなかに入ってみましょう。」

 管理人評:魔界薬草学の先生。若い女性で、多少の失言には目をつぶってくれる優しい先生です。新米のようですが、授業に魔草園の散歩を取り入れるなど、生徒を飽きさせない工夫が上手です。モデルはドイツ薬草学の祖、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンだと思われます。彼女は修道院長だったようで、それゆえ黒魔女さんのヒルデカルト先生も修道女風の格好をしているのかなと思います。

マルゲリート・パジョー

 登場回数:2回

 初登場:桃花1巻2話

 初セリフ:「……今日からみなさんは、二年生。一年のときとはちがって、より深い黒魔法の使いかたを勉強してもらうことになります。」桃花1巻2話p132

 管理人評:桃花が2年生の時に王立魔女学校にやってきた先生。おそらく、エクソノーム先生の穴を埋める形で着任したのだと思われます。ファーストネームや年齢(35歳)も明らかになっており、他の先生方に比べて妙に設定がしっかりしています。

デスカ

 登場回数:3回

 初登場:8巻2話

 初セリフ:「……このように、黒魔女シビュラは『騒霊魔法』を使い、お皿やカップ、ベッドにいたるまで空中に舞いあげたり、太鼓もないのに、太鼓の音を響かせたりして、その家の住人を恐怖のどんぞこにつきおとしたのです。」8巻2話p170

 管理人評:ティカやギューバッドたちの先生。頭が固そうですが、ティカへの最後の通信簿には、彼女なりの愛はあらわれていたように思います。

ジェニファー

 登場回数:4回

 初登場:桃花2巻1話

 初セリフ:「はい、秘書のジェニファーです。」0巻p106

 管理人評:メリュジーヌ校長の秘書。長期休暇中、学校に残っていた桃花を気にかけてくれるなど、やさしい人物です。また、遠足の際は生徒と一緒にはしゃいでおり、キャピキャピしたところがあるようです。濡烏先生にはタメ口で話しており、たぶんジェニファー先生の方がキャリアが長いのだと思われます。

部屋野純子

 登場回数:5回

 初登場:12巻

 初セリフ:「読書中です。じゃまをするのはやめなさい。」12巻p244

 管理人評:魔法図書館の743代目の司書。カイムは「ひいが千回つくおじいちゃん」であり、祖先にあたります。読書が好きで、本を読んでいる最中に話しかけられるのを嫌います。意外にも若い頃はテレビっ子だったようで、その際に目にした「ロンパールーム」から着想を得て「ロン魔ールームの手鏡」を作りました。

カイム

 登場回数:5回

 初登場:12巻

 初セリフ:「おまえには、無理だ。」12巻p90

 管理人評:魔法図書館の創立者。魔界中に散らばっていた魔法書をあつめ、死後も警報装置として図書館を守っているところに、黒魔術への愛を感じます。また、メリュジーヌ校長を操ることができるあたり、かなり強力な魔力の持ち主と言えそうです。

シェリ

 登場回数:2回

 初登場:桃花2巻3話

 初セリフ:「そうせざるをえないんだよ、あの子は。」桃花2巻3話p199

 管理人評:魔女学校に魔力増強ワインを届ける業者さん。ダリルの息子で、犬に好かれやすいのは親譲りのようです。同郷のよしみでエレオノーラのことはよく知っており、それとなく気遣っています。

 

ブラックウィッチ学園関係者

レオナール

 登場回数:2回

 初登場:6巻3話

 初セリフ:「ブラボー! すばらしいサボテンです。」6巻3話p237

 管理人評:ブラックウィッチ学園の理事長。金も権力もあり、権力欲も凄まじいという、素晴らしく悪役らしい悪役。7巻という節目の巻にふさわしいです。ダンディなおじさまですが、アニメだとやたら若く見えた思い出があります。というか、暗御留燃阿がスーパー老けてたのもあって、なんかささやき女将母子がうかびました。

玖龍恋

 登場回数:1回

 初登場:7巻

 初セリフ:「どうしたの、黒鳥さん?」7巻P14

 管理人評:中島未来先生の時の姿と本来の姿が結構違います。本来の姿だとかなり黒目がちな猫目で可愛いです。王立魔女学校のライバル・ブラックウィッチ学園OGキャラの中で最初に登場しており、魔界警察の特別捜査官という設定も美味しいと思うんですが、初登場以来出番がありません。

アクティル

 登場回数:2回

 初登場:4巻

 初セリフ:「次っ。」4巻p173

 管理人評:ナルシストの短気なイケメン。ダンスも上手い。自惚れが強そうでいけ好かないヤツですが、レオナールの態度に疑問を感じ、自白してしまうなど、悪に染まりきれないところがあります。その行為が功を奏してか、ハロウィーンでも特に罰は受けていなかったので、今もブラックウィッチ学園の教師を続けていると思われます。

叶夢

 登場回数:1回

 初登場:18巻3話

 初セリフ:「そうさ! あいつを呪い殺してしまいたいのさ!」18巻3話p280

 管理人評:ブラックウィッチ学園の卒業生。学生時代は学年一の優等生だったようです。運動会の魔ラソンで転ばされたことから、ギュービッドに恨みを抱いています。彼女曰く、ブラックウィッチ学園は「高成績・高身長・高学歴」しか入れないようですが、プライドも高い子がおおいですね。

ギュイヨン

 登場回数:2回

 初登場:13巻2話

 初セリフ:「それじゃあ、たのんだわね。」13巻2話p116

 管理人評:私立ブラックウィッチ学園出身の黒魔女。黒雷のライバルで、暴走族「チーム・ネクロマンシー」のリーダーです。相当短気ですが、一方で大関に草を配らせたり、ベンニーァを黒い恋人の木の小枝で釣ったり、緻密な計算もできるようです。この人にかかったら最後という感じがするので、恨みを買いたくないタイプです。

ヘカテ

 登場回数:2回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「ナンパした男子におごらせるなんて、王立魔女学校も、落ちぶれたもんねぇ。」or「あらあら、『やばい。』だなんて、とても貴族の娘とは思えない言葉づかいね。」or「しかたないわよ。貴族っていったって、没落貴族ですものね。」「没落貴族どころか、最近じゃ、ほんものの貧乏人の娘も入学させてるそうよ。」「あら、最近じゃないわ。校長だって、魔人第三階級の家の出らしいわよ。」桃花1巻1話p86 p88

 管理人評:桃花に喧嘩を売ってきたブラックウィッチ学園の生徒。勝気ですが、目がまん丸であどけない感じがします。頭に二つも特大リボンをつけており、ちょっとぶりっ子っぽいのかも。

ヘカテの仲間

 登場回数:2回

 初登場:桃花1巻1話

 初セリフ:「ナンパした男子におごらせるなんて、王立魔女学校も、落ちぶれたもんねぇ。」or「あらあら、『やばい。』だなんて、とても貴族の娘とは思えない言葉づかいね。」or「しかたないわよ。貴族っていったって、没落貴族ですものね。」「没落貴族どころか、最近じゃ、ほんものの貧乏人の娘も入学させてるそうよ。」「あら、最近じゃないわ。校長だって、魔人第三階級の家の出らしいわよ。」桃花1巻1話p86 p88

 管理人評:桃花に喧嘩を売ってきたブラックウィッチ学園の生徒たち。胸元のストライプのリボンが大きくて可愛い。落第になってしまったのは自業自得な反面、ちょっと厳しすぎるような気もします。

華童亜沼

 登場回数:2回

 初登場:7巻

 初セリフ:「ぎゃーっ、おもしろいーっ。」7巻p52

 管理人評:ふだんは前池交差点に立つ緑のおねえさんですが、本当は魔界の正門の番人です。世話好きな人のようです。また、七福亭笑多の小咄に大受けしているあたり、笑いの沸点は限りなく低いといえます。当時のオネエブームを受けて投稿されたキャラだと思います。

 

特別な職業についている人

グラシュティグ

 登場回数:3回

 初登場:7巻

 初セリフ:「これより、魔女裁判を始める。」7巻p193

 管理人評:火の国黒魔女しつけ協会会長。ティアーの母親。悪いことをした黒魔女に対して大変厳しいことで有名です。ただ、経験も魔力も未熟な桃花を大形のインストラクターに任命したり、すでに初段降格の罰を受けていた暗御留燃阿を、さらに7級に降格させて人間界での再修行を命じたり、いまいち理由がわからない賞与・処罰を与えることがあります。ティアーに怪談話をして面白がる兄を諌めるなど、家庭ではふつうの良き母親の面もあるようです。

プルトン国王

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「悪魔情! 『そこんとこ、よろしく。』は、もういいから、早くはじめよ!」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p96

 管理人評:火の国国王。グラシュティグの兄。高貴なお方ですが、姪に怖い話を聞かせてその反応を面白がるなど、オヤジくさいところがある人のようです。また、うっかり大形に王位を追われるなど、ちょっと抜けたところもありそうです。大形は魔物の姿をしていると言っていましたが、イラストでは普通のおじさんです。

検察官黒魔女

 登場回数:2回

 初登場:16巻

 初セリフ:「ま、いいでしょ。ぎりぎりだけど、いちおう合格ってことに、するかね。」16巻p318

 管理人評:何かとあると「あんたねぇ」と小言を垂れる、おじさんくさい人。野球帽に作業着の一般人っぽい外見ですが、実はメリュジーヌ先生とも繋がりがあるようで、侮れません。

ロベ

 登場回数:4回

 初登場:9巻1話

 初セリフ:「しりとり、おもしろいねぇ!」9巻1話p27

 管理人評:「愛」を憎む異端審問官。昔公式HPで、「”ロベ”の綴りは”LOVE”ですか?」という質問を見つけた時は震えました、出世のためには手段をとわない性格ですが、不必要に恨みをかうような行為をしたり、気持ちばっかり急いで爪の甘さがあると感じました。赤ん棒を食べて赤ちゃんになってしまうというオチなど、結構な悪役でありながら、どこかとぼけたところがあるように思います。

アグリッパ

 登場回数:4回

 初登場:04巻1話

 初セリフ:「きびしく指導すればいいという考えは、時代おくれです。いまは、弟子に『修行してくれて、ありがとう。』と、感謝の気持ちをもたなければいけません。」04巻1話p12

 管理人評:黒魔女しつけ協会から派遣された巡回魔法使い。ねちねちとうるさいのであまり好かれていないみたいですが、言っていること自体は正しいと思います。しかし、すぐに自作のパンフレットを売りつけたがるせこい一面があります。多分モデルはコルネリウス・アグリッパ。中世ドイツの有名な魔術師で、「オカルト哲学」等の著書があります。

魔女Ⅰ

 登場回数:1回

 初登場:01巻3話

 初セリフ:「げほっ、げほっ……。ああ、ひどいめにあったよ……。」01巻3話p248

 管理人評:黒魔女学力テストの試験官。「マクベス」に登場する黒魔女で、三角帽子、ナナカマドの杖と、絵に描いたような魔女の姿をしています。パキラの木に変身するのが得意。うっかり彼女を猫の姿に変えてしまったチョコを怒らず、反対に名前を当てたことを評価してくれるなど、心が広い黒魔女のようです。

魔事無い師

 登場回数:1回

 初登場:04巻2話

 初セリフ:「マジ、ないし。」04巻2話p10

 管理人評:魔界警察の侵入捜査官。「魔事無い師」は本名ではなく、「『魔』物の『事』件を『無』いことにする仕事『師』」の略です。幽ねぇの犯行現場を押さえるために、子供達にわざと「悪魔に魂を捧げるポーズ」を教えました。

コウナルト・ザ・ピンチ

 登場回数:1回

 初登場:桃花3巻1話

 初セリフ:「はいはい、そこまで~!」桃花3巻1話p36

 管理人評:魔の山の管理人で、濡烏先生の中学時代の担任。「もう教師ではないので『先生』と呼ばなくていい」と話すなど、陽気で気取らない人のようです。あの真面目そうな濡烏先生に慕われているのも、こういう一面があるからでしょうか。

ロリポップココア

 登場回数:9回

 初登場:7巻

 初セリフ:「♪おいしいお菓子はロリポップ~。」「♪おいしいケーキもコォコォア~。」7巻p165

 管理人評:お菓子屋さんの双子の店主。3頭身の着ぐるみのような外見で、叶姉妹みたいな喋り方をします。彼女たちのお店は学生たちの憩いの場になっており、まあまあリーズブルなお値段でお菓子をいただけそうです。メリュジーヌの学生時代にはすでに屋台を開いており、見た目よりも長く生きていそうです。

鬼奈子&暗子

  登場回数:2回

  初登場:16巻

  初セリフ:「それは、あんまりや。そないなら、その子、うちらに、あずからせてもらうわけには、いきまへんか? なあ、暗子はん?」

「ええ、鬼奈子はん。うちら、その子にききたいことが、ありますよって。」16巻p220

 管理人評:死の国の名店「たちば魔」のオーナー双子。和菓子店らしく着物を着ています。そっくりの外見ですが、暗子は帯あげがピンク、鬼奈子は紫です。おっとりしていますが、プライドが高いところがあり、ロリポップ・ココアとの勝負にはズルをしてでも勝とうとしました。

フィリピーネ

  登場回数:1回

  初登場:桃花3巻3話

  初セリフ:「みなさん、はじめまして。フィリピーネです。」桃花3巻3話p167

 管理人評:「メーデル」の魔ティシエで、ティアーの義姉。自分に反発するティアーに反論せず、誤解が解けるのをじっと待つあたり、辛抱強い人のようです。だからこそ地道な修行を続けてロイヤル魔ティシエになれたのでしょう。

カール

 登場回数:1回

 初登場:桃花3巻3話

 初セリフ:「さあ、どうぞ。」桃花3巻3話p172

 管理人評:ティアーの兄で、見習い魔ティシエ。王宮にいきなりやってきたフィリピーネの頼みをきいてあげるなど、かなりお人好し。また、その仕事ぶりに打たれて貴族の地位まで捨ててしまうあたり、ティアーと同じで純粋な人のようです。

ヨー・カン

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「わたしは、ヨー・カン。ようかんのお店『ようかんは、よう、かんで食べてね』を出しております。」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p97

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。丸顔に赤い鼻が特徴的なおじさんです。コック帽には「ヨー」、コックコートには「カン」と書いてあるのが面白いです。羊羹の専門店を営んでいますが、「魔界パティシエ・グランプリ」ではバームクーヘン(?)を出品するなど、チャレンジ精神旺盛な人のようです。

シナモン

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

    初セリフ:「わたし、シナモン! 十九歳だモン! ケーキのお店『ジューク』をやってるんだモン!」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p99

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。お店の名前は年齢にちなんでつけたようで、ネクタイや帽子にも「19」とプリントされています。ツインテールにピンクのパティシエ服という可愛い外見ですが、19歳にして王様にものおじしないのはなかなか腹が据わってると思います。

魔娑死

 登場回数:4回

 初登場:12巻

    初セリフ:「おやおや、冬休みだというのに、魔女学校の生徒さんたちですか。」12巻p118

 管理人評:火の国の凄腕占い師。55歳。鬼ぎりといい、貯庫霊都といい、一見変な(でも後で必ず役に立つ)魔界グッズを初対面の人に渡しがちなところは、子供の頃から変わらないようです。

 登場回数:3回

 初登場:20巻2話

 初セリフ:「はい、みなさん、こんにちは! いかが、おすごしですか!」20巻2話p240

 管理人評:「こんなグッズ、<屍>にシカないバネ!」でおなじみの屍さん。身分の低い死霊出身でありながら、商才ひとつでのし上がってきた男。13歳の時にはすでに屋台を開いており、現在は15軒のチェーン店を持つほか、人気テレビ番組の司会やアプリ開発などにも携わっています。出番は少ないものの、大河ドラマの主役級に波乱万丈な人生を歩んでいる人です。

デーモン・マクスウェル

 登場回数:1回

 初登場:20巻2話

 初セリフ:「もしもし。すいません。」20巻2話p173

 管理人評:魔界教育研究所の研究員。科学の力でいろんなグッズを作っているみたいです。現実の世界でも、錬金術などのオカルトが科学の始まりだったことを思うと、おもしろい組織だなと思います。

 

その他

聖水十字架

 登場回数:1回

 初登場:8巻1話

 初セリフ:「そこまでだ、ギュービッド!」8巻1話p100

 管理人評:暗御留燃阿の弟。優秀な姉にコンプレックスを抱えており、姉を越えるためにギュービッドの血を吸い取ろうとします。本来は泣き虫で気弱な性格で、暗御留燃阿とも昔は仲が良かったみたいです。また、ギュービッドとも幼少期から面識があるようです。こっくりにはなつかれており、そういうところに本来の性格がかいま見える気がします。

理夫人

 登場回数:1回

 初登場:05巻

 初セリフ:「鏡よ、鏡。国中でいちばん美しいのは、だれ?」05巻p49

 管理人評:セゴビア城の主。本名ベルトラネハ。父のエンリケ4世と母のフアナが亡くなったため、12歳にして城主となりました。とてもプライドが高く、自分より優れた者の存在を許せません。しかし、亡き両親から受け継いだ城を奪われそうになった際は怒りをあらわにしており、家族思いな一面がありそうです。ちなみに、スペインにはベルトラネーハという貴族が実際におり、両親の名前も一致しているため、彼女がモデルと考えて良さそうです。

ラミ

 登場回数:1回

 初登場:6巻3話

 初セリフ:「こんどはなんの用だ? おまえの求めに応じて、兄の手術ができるようにしてやったし、病床の兄がよろこぶように、おまえの足を速くして、リレーの選手にもしてやったろう。」6巻3話p222

 管理人評:レオナールの娘。父とインストラクターをいっぺんに失うなんて可哀想。世間の風当たりも強そうだし、まだ高校生なのに、今どうしているのか心配です。

ブラヴァツキー夫人

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「『愛』を広めた張本人、ティカをいますぐ、ここで、火あぶりにするのじゃ!」10巻p26

 管理人評:魔女学校のブラヴァツキー先生じゃなくて、魔女裁判に参加していたおばあちゃんの方。台詞から察するに、ブラヴァツキー先生と違って、結構過激な方のようです。

あ、くま

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「まてっ!」10巻p64

 管理人評:ロベのかつての弟子。無理矢理修行をさせられましたが、あまりにもできが悪いので熊の姿に変えられました。黒魔女を見ると食べたくなってしまいますが、人間の心でそれを押しとどめています。そのかわりに料理の腕を磨いたので、非常に料理が上手です。気が弱いところもありますが、人間としての最後の一線は超えないあたり、芯の強さがありそうです。

日芳向日葵

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「その木はだいじょうぶよ。」10巻p100

 管理人評:ロベのかつての弟子。人に興味がないタイプで、あ、くまを「バカくま」と呼ぶなど毒舌。ちょっとチョコに似ています。実際通じる部分があるからこそ、チョコに「あなたなら、あたしの虹色の幻をほんものにしてくれるのかもしれない」とまで言ったんだと思います。一見冷たそうですが、手作りの家具や雷雨とのつながりなどに内面の豊かさを感じます。

雷獣

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「おれさまの草原を横切るおまえたちはだれだっ。」10巻p96

 管理人評:ロベに操られた魔獣。ロベが失墜した今は何をしてるのでしょうか。

標識

 登場回数:2回

 初登場:7巻

 初セリフ:「『一通』は正しい言葉ではない。『一方通行』といいなさい。」7巻p119

 管理人評:世界の果てにある標識。標識なのによく喋ります。言いたいことだけ言うと普通の標識に戻ってしまいます。

 

死の国

エクソノーム

 登場回数:6回

 初登場:1巻3話

 初セリフ:「今月のいけにえは用意できたか?」1巻3話p202

 管理人評:ギュービッド様の初恋の相手。こっそりワッフと婚約し、後からギュービッドに釈明に来るなど、中途半端な優しさを持っています。気弱ですが権力欲もまあまああるらしく、死の国国王になるために王立魔女学校を裏切ったこともありました。ただ教師時代は人気があったらしく、直接指導していたわけではないのに、桃花のがんばりを評価してくれていました。メリュジーヌが言う通り、「根はまっすぐでやさしい」魔神なのでしょう。

ケルト

 登場回数:1回

 初登場:7巻

 初セリフ:「お初にお目にかかります。スケルトンと申します。」7巻p104

 管理人評:エクソノーム様の部下。7巻で船に乗って王立魔女学校に向かう際、船頭を務めた赤い目の髑髏。見た目は怖いですが、チョコたちにきちんとお辞儀をするあたり、礼儀正しい人物といえそうです。

ジャック・オウ・ランタン

 登場回数:2回

 初登場:7巻

 初セリフ:「だって、カボチャだもーん!」7巻p105

 管理人評:7巻で船に乗って王立魔女学校に向かう際、見張り役を務めた陽気なカボチャの3兄弟。エクソノーム様の部下です。なにかとあると「三つそろって、ジャック・オウ・ランタン!」というのが若干ウザいですが、川下りの際にガイドをしてくれるなど、一緒に旅行すると楽しそうなタイプです。「三つそろって、ジャック・オウ・ランタン!」を先回りして言われると落ち込んでしまい、意外に繊細なところがありそうです。

ワッフ

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「はじめてお目にかかります。ヨークシャー公爵の長女、ワッフと申します。」16巻p256

 管理人評:エクソノーム様の婚約者。ヨークシャー公爵の長女。「週刊・魔女自身」ではメデューサのような姿でしたが、ご本人はぱっちりおめめの綺麗な方です。悪霊の国から逃げてきた魔呂やビアヘロを助けるなど、優しい性格のようです。また、お菓子好きで、わざわざたちば魔の必死餅をご所望のあたり、なかなかのグルメさんです。

ビアヘロ

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「その必要はない。」16巻P291

 管理人評:ヨークシャー公爵の使用人。悪霊の国から逃げてきたところをワッフに助けられ、恋に落ちました。ワッフの婚約後も諦めきれず、魔呂にばけてエクソノームとの婚約食事会に潜り込みます。長髪といい、羽根飾りつきの大きな帽子といい、そしてなによりその名前といい、「黒魔女の騎士ギューバッド」で登場したビアヘロの子孫だと思われます。

アルバレス男爵

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「ワッフさまが、お入りになります。」16巻p254 or「ワッフさま、どうぞ、こちらのお席へ。」16巻p255

 管理人評:エクソノームとワッフの食事会の責任者です。エクソノーム様の部下のようです。長旅の最中はワッフを気遣うなど、よくできた紳士のようです。

ラーゴ

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「それはこちらのセリフだ! ここは死の国王立魔女学校の敷地。名前もいわず、無断で近づく者は、命をうばわれても文句はいえないことになっている。」16巻p174

 管理人評:死の国王立魔女学校を守る校守。全身黒ずくめで、不審者対策のアサメイを持っています。かつて大ブレイクした「きのう行ったよ・来たよ」を知らないなど、真面目で仕事一筋の人のようです。

ムルシェ

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「ラーゴ! やめて! この人たち、お笑い芸人さんよっ!」16巻p174

 管理人評:死の国王立魔女学校を守る校守。ラーゴの相方で、丸顔のやさしそうな人です。仕事には真面目ですが、ギュービッドのお願いを断りきれない、気が弱い一面もありそうです。

ロリッタ

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「♪あこがれのぉ~ 旅の乙女に 鳥ぃ~もなくぅ~」10巻p160

 管理人評:青い山脈で「ロリッタさんのゴスロリ・ブティック」を経営する女性。60歳以上のはずですが、かなり派手で若々しいです。チョコたちに姫夜川の渡り方を教えてくれたり、ソンセミーシャに同情している感じだったり、情が深そうな人です。

メグリン

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「いくらすてきでもぉ、問題はぁ、中身でぇ。」10巻p165

 管理人評:ロリッタの孫。メグにそっくりの派手派手少女。ナルシストで自己中ですが、ロリッタのおしゃれ極意「おしゃれの基本は自分に自信を持つこと」を体現している子でもあります。ロリッタさん、メグリンにおしゃれ英才教育でも施したんでしょうか。

オリコウ

 登場回数:2回

 初登場:10巻

 初セリフ:「いらっしゃいませ~。おつかれさまでございました~。」10巻p139

 管理人評:死の国「魔ったり旅館 ばかの屋」の若女将。どことなくわかおかのおっこを彷彿とさせます。本人曰くおばかだそうですが、チョコたちにさりげなく危険を知らせたり、手紙にガイドブックを同封したり、女将らしく細かいことに気が回ります。ばかの屋の営業停止が命じられた際はラーメン店ではたらくなど、仕事を覚えるのが早そうです。

マリー

 登場回数:4回

 初登場:12巻

 初セリフ:「わたしは、『魔ッチ売りの少女』。『魔ッチ』を買ってください、おねがいです……。」12巻p63

 管理人評:死の国王立魔女学校の生徒。ラティンスカ家の長女。自分が魔ッチを売って家計を支えねばと思うあたりが長女らしいなあと思います。チョコの幽霊退治を成功させるために、自らマルディータの塔に吸い込まれることからも、責任感のつよさが伺えます。正反対の性格のニイカちゃんとはいまだに仲がよく、文通をしているらしいです。父親に特訓を受けたため、実は足が速いです。

アデラ

 登場回数:1回

 初登場:20巻

 初セリフ:「あ。もしかして、あなた、『へのカッパ』の方?」20巻2話p194

 管理人評:チョコと一緒に、全魔界一斉黒魔女テストを受験した赤毛の子。死の国の子ですが、病弱なため学校へは行かず、家でインストラクターをつけて勉強してるようです。「みんなで魔女裁判」では、出会ったばかりなのにありがとうメッセージをくれるなど、とてもいい子です。

羅門ルル

 登場回数:6回

 初登場:1巻3話

 初セリフ:「羅門ルル、です……。よろしくお願いします。」1巻3話p156

 管理人評:美少女死霊。顔だけでなく声までかわいい。1巻の3話で第一小から去って以来、8巻もの間出番がなかったのにもかかわらず、9巻で奇跡の復活を成し遂げました。しかも背表紙にも登場。エロエースには感謝しており、魔界に帰った後も彼の写真を手元に置いて、気にかけているようです。それにしても、自分に惚れた男子を生贄にしようとするあたり、なかなか魔性の女と言えそうです。

ソンセミーシャ

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「気迫はいらないから、かわいいお洋服をちょうだい。」10巻p181

 管理人評:ロベのかつての弟子。黒魔女さんは、メグのハデハデファッションだったり、チョコのゴスロリだったり、「おしゃれ」とか「かわいくなる」ということも結構書かれている作品だと思うのですが、ソンセミーシャのエピソードは、その負の部分が描かれているという点でおもしろいなあと思います。

魔呂

 登場回数:2回

 初登場:15巻2話

 初セリフ:「まろの、ひっしもちは、どこじゃあ……。」15巻2話p122

 管理人評:ワッフの執事死霊。もとは悪霊の国の死霊ですが、迫害され、死の国に逃げてきたところをワッフに助けられました。和好みで上品。紅梅を愛でる風流な一面もあります。ただ、人間界で必死餅をゲットして代金を懐に入れようとするなど、ややせこい一面があるようです。

座敷あらし

 登場回数:1回

 初登場:9巻3話

 初セリフ:「おばあさんじゃない。あたしゃ『座敷あらし』だよっ。」9巻3話p221

 管理人評:別名フィリニオン。死の国の魔女です。本当はおばあさんですが、綺麗な女の人に化けて家の主人を誘惑し、一家もろとも呪い殺します。裂けた口元といい、渦のなかに人間を引きずりこむところといい、なんとなく河童のような水系の妖怪を想像させます。ちなみにチョコの裁判の間、座敷あらしが待機していたのはブラックウィッチ学園のなかの「土左衛門の間」ですが、「土左衛門」は水死体のたとえにつかわれる言葉です。

死の国交通の運転手

 登場回数:1回

 初登場:16巻

 初セリフ:「そんなに緊張してると、夜まで体がもたないさね。」16巻p99

 管理人評:バスの運転手をしている死霊さん。乗客の取り調べが終わるのを、6時間以上文句も言わずに待っており、我慢強そうです。また、疲労困憊していても計算をミスらないなど、結構頭がよさそうです。

マルディータ

 登場回数:2回

 初登場:15巻3話

 初セリフ:「はい、お父さまがみとめる方が、結婚を申しこみにあらわれる日までは、わたしは、お父さまのそばを離れず、ずっと、この城に住みつづけます。」15巻3話p247

 管理人評:マルディータの塔の主。グラシュティグ会長をめちゃくちゃ柔らかくしたような顔をしています。「三バカ黒魔女に、大バカ京!」といってギューチョコ桃花と大形を叱るなど、ギャグセンスにも優れているようです。

 

涙の国

スノー魔

 登場回数:1回

 初登場:10巻

 初セリフ:「ま、まっでぐれ!」10巻p206

 管理人評:しゃべる雪だるま。もともとはただの雪だるまでしたが、ロベに命を与えられ、手下になりました。そのためロベに恩を感じており、チョコたちを一度は裏切ります。しかし、「かたきを取る」という言葉通り、最後はロベに赤ん棒をたべさせて赤ちゃんにするなど、本来は一本筋の通った性格と言えそうです。

ビアヘロ

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「なにをいうか、小僧! オレは客だぞ! 客のいうことを聞けってんだ!」バッド1巻p39

 管理人評:涙の国出身の旅人。飄々とした魅力があります。頭の回転が速く、現実的で合理的な考え方を好むようです。そのため時に非情に見えることもあります。ひしがたの目が子孫にそっくり。ちなみに「ビアヘロ」は火の国と悪霊の国の言葉では「旅人」。スペイン語でも「viajero」は「旅人」です。

ロビン

 登場回数:1回

 初登場:バッド3巻

 初セリフ:「まったく面目もござらぬ。運悪く、わが涙の国も国王が亡くなったばかりでしてな。国全体が、国王の死をいたんで『ラクリモサ』のサバトに入っております。しかも後継者がいないもので、軍を動かすどころではなく……。」バッド3巻p217

 管理人評:ギューバッドを助けるために、涙の国からやってきた将軍。自国が大変な状況なのに単身助勢に来てくれるなど、かなりのお人好しと言えそうです。

 

悪霊の国

ラムエルテ 

 登場回数:2回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「通せ!」バッド1巻p179

 管理人評:悪霊の国の国王。本名ギジェルモ。本来は優しい男の子だったようですが、悪霊の国で孤独な日々を送るうちに、冷酷な性格になってしまったようです。外伝のラストでもその性格は変わっておらず、もはや修復不可能な感じがします。一方で、ギューバッドを殺そうとするヴェルドレを止めるなど(彼曰く聖なる宮廷で血を流されるのが嫌だからですが)、かすかに人間性が感じられるシーンがあり、そこがとても魅力的です。

ケイマーダ

 登場回数:2回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「いや、冒険はこれからですぞ。」バッド1巻p87

 管理人評:悪霊の国の黒魔道士で、宮廷一等式部官。ラムエルテから直々にニーニョ・ネグロ探索の命令を受けており、比較的信頼が厚そうです。ギューバッドたちに貯庫霊都をたべさせられたことを相当根に持っていたらしく、元の姿に戻って彼女たちを追い詰めた時は嬉しそうでした。プライドが高そうなのですが、雌猫に変身させられたせいで思い通りの行動ができない様子は、コミカルで面白かったです。

ヴェルドレ・デ・インフェルノ

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「つけあがるな! おまえは囚人だぞ! 少しは、口のきき方を考えたら……。」バッド1巻p182

 管理人評:サンタフスタ騎士団の団長。悪霊の国一の騎士団を率いるだけあって、どんな時でも冷静さを失わない人物です。基本的に真面目ですが、ギューバッド即位後は団長をやめて旅に出るなど、冒険心も旺盛なようです。

ゴンサロ・デ・カルモナ

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「悪霊の国の『サンタフスタ騎士団』。」バッド1巻p146

 管理人評:サンタフスタ騎士団の第6隊長。鷲鼻と赤い目が特徴的。真面目でおちついた人物。きびしい人物が多いサンタフスタ騎士団の中では物腰柔らかな方で、あまり声を荒げません。そのせいか、気弱時代のメリュジーヌも、比較的ビビらず接していたような印象です。

フレデラー

 登場回数:1回

 初登場:バッド2巻p

 初セリフ:「命令だ! 鎧と魔剣を身につけ、仮面を持って、魔聖堂へ出頭!」バッド2巻p16

 管理人評:サンタフスタ騎士団の第6小隊長。自分にも他人にも厳しく、当初は足手まといになりがちなメリュジーヌに厳しく接していました。ギューバッド即位後、黒魔法を学ぶシーンは不器用で可愛いです。

ディエゴ

 登場回数:1回

 初登場:1バッド1巻

 初セリフ:「おそい! そんな剣さばきじゃ、実戦ではとっくに死んでるぞ!」バッド1巻p266

 管理人評:サンタフスタ騎士団の騎士。若い騎士たちの教育をしています。指導は厳しく、少しでも弱気な態度をとることを許しません。それも実戦の厳しさを知っているからこそでしょう。

マリス

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「はっ、こちらは問題ありません!」or「こちらもです。跳ね橋も完全におりました!」バッド1巻p228

 管理人評:サンタフスタ騎士団の双子の騎士のうち、金髪の方。ゴンサロの部下だと思われます。まだ子供だけあって素直で、騎士団のみんなから敵意を向けられていたメリュジーヌたちにもフレンドリーでした。

エルス

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「はっ、こちらは問題ありません!」or「こちらもです。跳ね橋も完全におりました!」バッド1巻p228

 管理人評:サンタフスタ騎士団の双子の騎士のうち、黒髪の方。メリュジーヌ曰く17歳ぐらいですが、歳の割に幼い感じがします。普段の姿と 、騎士として敵を切り伏せる時の姿にギャップがあります。

エンリケ

 登場回数:2回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「いやです。」バッド1巻p271

 管理人評:サンタフスタ騎士団の若い騎士。斬り殺されそうになったメリュジーヌを助けてくれた子です。叱責されても自分の意見を主張するなど、しっかりした子です。

サムエル

 登場回数:1回

 初登場:バッド3巻

 初セリフ:「この王宮には、あかずの部屋があるって聞きました。そのとびらには、サロスのシジルがついてるって。それ、ほんとですか?」バッド3巻p106

 管理人評:メリュジーヌの最初の生徒の一人。チリチリ頭にギョロ目が特徴的。明らかに極秘事項っぽい開かずの部屋について質問するなど、物怖じしない性格のようです。

悪霊の国王立魔女学校の生徒(アルベルト エルネスト アレハンドロ ホアキン

 登場回数:1回

 初登場:バッド3巻

 管理人評:メリュジーヌの最初の生徒たち。もともと、サンタフスタ騎士団のちびっこ騎士として活躍していました。

ダリル

 登場回数:1回

 初登場:バッド3巻

 初セリフ:「だれも入ってはならぬ。」バッド3巻p101

 管理人評:黒魔女しつけ協会へレス支部長。シェリルの母。メリュジーヌの最初の生徒の一人です。無口ですがかなり頭が良く天才型。エレオノーラの魔力の高さを見抜くなど、人を見る目もあるようです。

ファイーヤーナイト号

 登場回数:1回

 初登場:バッド3巻

 初セリフ:「グルルル!」バッド3巻p102

 管理人評:ラムエルテが所有する、オンブラスコーラ犬の中の一匹。他のオンブラスコーラ犬たちの母犬。ダリルに育てられています。子孫にも同じ名前がつけられており、桃花が魔女学校一年生の時点で4代目でした。静かで黙々と仕事をする感じはダリル譲りでしょうか。

ゴドフリ

 登場回数:2回

 初登場:バッド2巻

 初セリフ:「『呪われし不可視の歩く死者』。」バッド2巻p188

 管理人評:サポス族の生き残り。カエルに変身する一族ですが、三白眼の鋭い目は爬虫類っぽくもあります。また、緑色の肌もぬめっとした感じで、明らかに他の黒魔女とは違う印象です。悪霊の国をかなり恨んでいましたが、事情が分かるとすんなり味方についてくれるなど、大局的なものの見方ができるのはさすが一族の長です。

エグジリ

 登場回数:2回

 初登場:バッド2巻

 初セリフ:「ミミズより、雪白ガエルは、いかがかな。」バッド2巻p59

 管理人評:ラムエルテの母。涙の国出身の黒魔女。彼女が使用したカンタレラの黒魔法を使える人は限られているらしく、かなり強い黒魔女と言えそうです。ちなみに、エグジリというのは中世の有名な毒物学者です。

 

魔酔いの森

火魔人

 登場回数:2回

 初登場:バッド2巻

 初セリフ:「おや、気がついたようじゃな。」0巻p164

 管理人評:魔酔いの森で隠遁生活を送る謎の老人。平和主義ですが、森に危害を加えようとすると口から火を吹いて攻撃します。基本的に反戦主義で自然を愛し、自由を愛するところはヒッピーぽいなと思います。ビートルズ好きだし。ギューバッドが若い頃から老人の姿で、いったい何歳なのか見当もつきません。

春音春香

 登場回数:1回

 初登場:バッド2巻

 初セリフ:「だったら、ふきけしなさい。」0巻p191

 管理人評:魔酔いの森の中央にいる若い女。幽霊みたいな白いドレスとニキビ顔が特徴的。自分のところにたどり着いた旅人の魔力を全て抜き、森を永遠に彷徨わせます。黒魔女を非常に敵視しており、かつて森を守ったデスカの意思を歪めて解釈するなど、やや思い込みが激しく過激派です。

桃だろう

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「まて、まて、まて~!」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p114

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」にでてくるキャラクター。とても気が短く、自分が桃から生まれたかのかもどうでもいいらしい。キビキビ団子を持ち歩いており、それゆえこういう性格になったのかなと思います。

通せん棒

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「通せん棒!」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p119

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。ねじり鉢巻のおじさんで、ロリポップ・ココアの行く手を阻みました。一応、「通せん棒」という名前で登場しましたが、「暴れん棒」を食べると荒れっぽい性格になり、「化菓子」を食べると案山子のように動けなくなってしまいます。

ピーチク&パーチク

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「ぼくは、コウモリだよ! ピーチク!」「あたしも、コウモリよ! パーチク!」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p129

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。魔酔いの森に住むコウモリで、あ、魔王に来客を知らせる仕事をしているみたいです。

あ、魔王

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「だれだ! せっかく、あまーいお菓子を食べていたというのに!」08巻ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p132

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。魔酔いの森の奥で暮らしており、甘いものが大好きです。一番好きなお菓子の材料はいちご。

 

その他

悪魔情

 登場回数:17回

 初登場:4巻

 初セリフ:「どうもっ。」4巻p51

 管理人評:配達屋。18巻で、ギュービッドたちに荷物を届ける描写があったらしいのですが、削られてしまったようです。いつも飛んでいますが、地面に降りることはないのか、ちょっと気になります。アキュラシーを見るに、先祖代々配達屋なんだと思います。 

不苦労烏

 登場回数:2回

 初登場:06巻1話

 初セリフ:「ホーホー。」06巻1話p26

 管理人評:悪魔情のお供の手紙配達鳥。「苦労がない(=不苦労)烏」という意味を込めてこの名前がつけられました。悪魔情のいうことを素直に聞くうえに、配達された手紙を読むのを忘れていると忠告してくれるなど、頭が良く気が利きます。

アキュラシー

 登場回数:3回

 初登場:バッド1巻

 初セリフ:「おいらはアキュラシー! どこかの言葉で『正確』って意味~。その名のとおり、なにを運ばせてもやらせても『正確無比』なので、そこんとこ、よろしく!」バッド1巻p81

 管理人評:悪魔情の祖先。魔界の情報屋。悪魔情と外見がそっくりですが、よく見ると付け襟のデザインが違います。アキュラシーはレースっぽく、悪魔情は毛皮っぽいです。

駄天使

 登場回数:2回

 初登場:10巻

 初セリフ:「いやあ、生徒諸君! 今日も日本晴れで、みんなの顔も晴れ晴れだなっ。」10巻p141

 管理人評:オメーンや漫画雑誌などを売って旅する行商人。お客になりそうな人のことはあらかじめ調べるなど、有能な商人です。母のスッテンマイヤーが喫茶店を経営しているので、それを見ているうちに身につけた習慣かもしれません。また、魔界落語がうまく、サービス精神が豊富な一面があります。

魔娑子

 登場回数:1回

 初登場:02巻

 初セリフ:「あんたたちはいいんだよ。さあ、早く乗って。」02巻1話p137

 管理人評:魔娑死の姉。回想バスの運転手をしています。人間をバスに乗せたり、運転が荒かったり、手荒なところがあるようです。ですが、チョコに東海寺の安全を頼むなど、根は常識ある大人です。

 

夜の女王

 登場回数:1回

 初登場:03巻3話

 初セリフ:「♪デア・ヘッレ・ラッヘ・コホト・イン・マイネム・ヘルツェン!」03巻3話p221

 管理人評:小森真由先生の母親で、モーツァルトの「魔笛」に登場する夜の女王です。人間界に行ってしまった小森先生が連絡をよこさないので叱りに来ました。ちなみに、彼女は雷の黒魔法を使いますが、「魔笛」の夜の女王の登場シーンでも雷鳴が轟きます。こういうところ、本当に芸がこまかいなと思います。

セニサ兄弟

 登場回数:1回

 初登場:01巻3話

 初セリフ:(兄)「それは『くらぶ』と読む。いまから九十年以上もまえの雑誌だよ。」01巻3話p183

(弟)「ほほう、おじょうちゃん、お目が高いね。」01巻3話p177

 管理人評:フリー魔ーケットで、「セニサ兄弟の古書店」を開いていた双子の兄弟です。弟は冗談好きで、兄はパキラの木に化けていた魔女Ⅰを猫の姿にしてしまう、うっかり者。でも、ギュービッドに怒られそうなチョコをフォローしに来てくれたり、責任感のある人のようです。ちなみに「ナインスゲート」という映画にも同名のキャラが出てくるので(しかも本屋)、彼らがモデルだと思われます。

大神人狼

 登場回数:1回

 初登場:07巻3話

 初セリフ:「くそっ。まのがたりの本は、どこにあるんだ?」07巻3話p213

 管理人評:学芸会に紛れ込んだ狼男。月の魔力で黒魔法をかけます。魔の語を父親に売られたことに気づかず、姫香に盗まれたと勘違いするなど、おっちょこちょいな一面があるようです。ですが、油断してると心を読まれるので注意が必要です。

矢指奏

 登場回数:1回

 初登場:06巻3話

 初セリフ:「ねえ、これ見て。『自幽研究 おた透けキット』ですって。」06巻3話p185

 管理人評:チョコと一緒に二級黒魔女認定式に参加した子。わがままな富裕レイにもキレず、逆に呪苦題に感心するなど、やさしい性格のようです。

富裕レイ

 登場回数:1回

 初登場:06巻3話

 初セリフ:「たのしい? どこが? くだらなすぎて、ためいきも出ないわ!」06巻3話p185

 管理人評:チョコと一緒に二級黒魔女認定式に参加した子。お金持ちで嫌味っぽい子ですが、アグリッパなど目上の人には愛想良くすることもあります。自分の家で行われた進級テストに矢指奏もよんであげるなど、友達思いな一面もありそうです。

幽ねえ

 登場回数:1回

 初登場:06巻3話

 初セリフ:「よい子のみんな~! もらってきな~!」04巻2話p94

 管理人評:幸町に現れたヤンキーお姉さん。男子たちの魂を抜き取り、魔界で売ろうとしていました。自分と同じく強気な人が好きみたいで、反論されると「ゆうねぇ」と言ってちょっと嬉しそうにしています。

神田レラ

 登場回数:1回

 初登場:08巻2話

 初セリフ:「はじめまして、黒鳥さま。神田レラともします。」08巻2話p190

 管理人評:呪リア学園の学生。チョコの未来予想図を占ってくれました。二つ結びに赤い目が特徴的な女の子。イラストだといい感じに目が死んでて、怪しげな雰囲気抜群です。ちなみにカンタレラというのは、イタリアの貴族ボルジア家が、政敵を殺害するのに使っていたとされる毒の名前です。

地瑠土麗

 登場回数:1回

 初登場:1巻2話

 初セリフ:「ちょっと、ごめんなさーい。」1巻2話p97

 管理人評:美しい女性の外見をしていますが、実は死霊です。最初に登場した魔界キャラということもあり、一回しか登場していない割に存在感があるキャラです。個人的に外見がまあまあタイプだったので、最後死霊の姿になった時はちょっと残念でした(笑)。名前の由来は伝説の変態殺人貴族、ジル・ド・レと思われます。

魔法屋台

 登場回数:1回

 初登場:2巻2話

 初セリフ:「さあ、よく見ててよ。ここに絵の具をちょんちょんと入れて、かるく混ぜるよぅ。」2巻2話p83

 管理人評:ネイルチップで5−1を使い魔にしようとした魔法屋台。つり上がった細い眉や先がカールした長い口ひげが、いかにもうさんくさそうで好きです。自称・魔界のファッションリーダーですが、彼のファッションを見る限り、信憑性はだいぶ低そうです。

横川

 登場回数:1回

 初登場:14巻1話

 初セリフ:「ようこそ、世麗舞学習会へ!」14巻1話p44

 管理人評:世麗舞学習会副代表。社会担当でもあります。イケイケビジネスマン。デーモン・マクスウェルといい彼といい、黒魔女さんの世界のイケイケビジネスマンは小悪党率が高いです。

荻野家

 登場回数:1回

 初登場:14巻1話

 初セリフ:『初めての塾で、今日は苦労されたようですな。でも、だいじょうぶ。特別にプレゼントをさしあげますから。』(セリフはこの回想のみ)14巻1話p58

 管理人評:世麗舞学習会代表。おそらく理科も担当しているものと思われます。代表の割に、ちゃんとした出番が捕まるシーンしかありません。

松井田

 登場回数:1回

 初登場:14巻1話

 初セリフ:「おまたせしました。それでは、授業をはじめましょう。」14巻1話p50

 管理人評:世麗舞学習会の算数担当。麻倉と東海寺に声を荒げたり、チョコにでるでる坊主を使おうとしたり、世麗舞学習会の先生の中でいちばん怖そうです。

 登場回数:1回

 初登場:14巻1話

 初セリフ: 「まずは、知識事項の復習をしましょう。えー、大正時代に創刊された童話や童謡の雑誌は、なんでしょうか?」14巻p55

 管理人評:世麗舞学習会の国語担当。小太りで、他の3人と比べると親しみやすそうです。心を読んでくるので要注意。

卒霊生

 登場回数:1回

 初登場:17巻3話

 初セリフ:「調子に乗るんじゃないよ!」17巻3話p273

 管理人評:人形の死霊。流し雛などが魔界に流れ着くと卒霊生になります。そして忘れたい過去を思い出させて暗い気持ちにさせます。たまに、黒歴史がフラッシュバックして「あぁ~」ってなることがありますが、それは卒霊生のしわざだったんですね。

卒業死鬼

 登場回数:1回

 初登場:17巻3話

 初セリフ:「うぉ〜。」17巻3話p290

 管理人評:ビジュアルは和風の鬼ですが、お腹にボールを当てると消えてくれるという、なんともとぼけた魔物です。魔界の幽園地にもいるそうですから、もともとそんなに悪いものじゃなさそうです。

ベントーベン

 登場回数:1回

 初登場:18巻1話

 初セリフ:モーツァルトは、もうかるど~。」18巻1話p90

 管理人評:第一小の音楽室にあるベートーベンの肖像画。その正体は人間界に住み着いた死霊。寒いギャグを言ったり、麻倉と東海寺を「絶交の曲」でチョコと絶交させたり、いたずら好きです。ちなみに「絶交の曲」のコーラスはセイレーンによるもの。

ワッハ

 登場回数:1回

 初登場:03巻2話

 初セリフ:「ワッハ!」03巻2話p133

 管理人評:音楽室の死霊。おそらくベントーベンと似たようなものだと思われます。「死よ、人の望みよ悲しみよ」を作ったワッハ(別人)の遠い子孫。何かとあると「ワッハ」と笑う、陽気な(?)死霊です。

モーチャント

 登場回数:1回

 初登場:03巻2話

 初セリフ:「モー、チャントせいや~!」03巻2話p133

 管理人評:音楽室の死霊。モーツァルト肖像画の中にいます。ワッハの言うことに常に合いの手を入れており、二人は仲が良さそう。黒死呪文をかけようとすると意外に聞き分けよく魔界に帰ってくれます。

強鬼

 登場回数:2回

 初登場:19巻1話

 初セリフ:「みなさーん、こんにちは! おれ、強鬼です!」19巻1話p24

 管理人評:強鬼・元鬼・弱鬼兄弟の一人です。子供を反抗期にして、成績表を「がんばろう」だらけにする呪いをかけようとしていました。強気な性格で、よく弱鬼を励ましています。おそらく長男。

元鬼

 登場回数:1回

 初登場:19巻1話

 初セリフ:「おいら、元鬼です‼︎」19巻1話p25

 管理人評:強鬼・元鬼・弱鬼兄弟の一人です。霧島勇次に取り憑いていましたが、あえなくチョコに退治されてしまいました。弱鬼の発言的に、おそらく次男です。

弱鬼

 登場回数:2回

 初登場:19巻1話

 初セリフ:「ぼく、弱鬼です……」19巻1話p25

 管理人評:強鬼・元鬼・弱鬼兄弟の一人です。弱気な性格ですが、兄の仇を取るためなら弱気もきえる、兄弟想いな一面があります。

朝目姉妹

 登場回数:2回

 初登場:20巻1話

 初セリフ:「ちょっと、静かにしてくれる?」

「あたしたち、いま勉強中なの!」20巻1話p24

 管理人評:朝目志麻と朝目麻衣の双子の姉妹。速水くんに魔ポニカ学習帳を使わせ、血祭りにあげようとしました。仕事をじゃましたチョコを「みんなで魔女裁判」にかけようとするあたり、結構根に持つタイプのようです。

バーバ・ヤーガ

 登場回数:1回

 初登場:6巻1話

 初セリフ:「どこへいくんだい? わなにかかった獲物のくせして!」6巻1話p74

 管理人評:老婆の姿をした人食い黒魔女。もともとはスラブ民話に登場するキャラクターですが、向井里鳴ちゃんをお菓子でおびき寄せるなど、「ヘンデルとグレーテル」の魔女を彷彿とさせる行動もします。チョコたちを食べると息巻いていましたが、勝負に負けたらきちんと姿を消すあたり、意外にもまあまあ往生際がいいと言えそうです。

戸入野花水子&花水男

 登場回数:1回

 初登場:9巻3話

 初セリフ:「おまえには、きこえるのが、なぞっ。」「わあっ! きこえるくせにおどろくのが、なぞっ。」9巻3話p214

 管理人評:ティカの家にいた便所神の姉弟。魔界の存在というよりは、土着の神さまのようです。普段は黒鳥家を悪い魔物から守ってくれるいい神様ですが、「さん」をつけないと座敷あらしを呼ばれてしまいます。この、善とも悪とも言い切れないところが、いかにも民間の神様という感じですね。

砂魔女

 登場回数:1回

 初登場:08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」

 初セリフ:「そんなもの、売っちゃあいないね。」08巻「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」p88

 管理人評:マカズキン作「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」に出てくるキャラクター。幽園地でオモテダケをやっているおばあさん。学生時代、お料理当番でビルトがつくったものから着想したのでしょうか。

ベンニーァ

 登場回数:1回

 初登場:13巻3話

 初セリフ:「あの世へお逝き〜。早くお逝き〜。」13巻3話p250

 管理人評:バン・シーの一種。恋心を利用されたにもかかわらず、全てを受け入れたかのように去っていく姿に、この人が死霊として生きるにあたって諦めてきたものの多さが垣間見える気がしました。身分違いの恋をしているようですが、どうかお幸せに。

呪運ブライド

 登場回数:1回

 初登場:04巻3話

 初セリフ:「呪ってやる……。」04巻3話p196

 管理人評:別名折り姫。恋人の疲子星と引き離された悲しみによって、幸せそうな花嫁を呪う呪運ブライドに変化しました。恋人と引き離されたといっても、年に1回は会えるんだし、浮気をされてるわけでもなさそうだし、他人を呪う必要はないのでは? と思いますが、すぐ心が折れてしまう「折り姫」にとっては耐え難いことだったのでしょう。

アガレス

 登場回数:1回

 初登場:19巻3話

 初セリフ:「あ、そういうのがあるんだ。シトリ、帰りに買ってくか?」19巻3話p266

 管理人評:黒魔女さんでは黒髪の少女漫画風イケメン。「ベルサイユのばら」に興味を持ったようです。本来は逃亡者を戻ってこさせる力や地震を起こす力のある、雄羊座の悪魔。あらゆる言語にも通じており、堕天使です。

シトリ

 登場回数:1回

 初登場:19巻3話

 初セリフ:「おじょうちゃん。まだ若いのに、古典的な少女漫画を知ってるね。」19巻3話p266

 管理人評:黒魔女さんでは金髪の少女漫画風イケメンでした。「ベルサイユのばら」を知っているなど、見た目よりも親しみやすい性格のようです。本来は色恋にかかわる全てを司る、蟹座の悪魔。召喚すると、意中の女性を裸にして目の前に連れて来てくれます。

幸野良希

 登場回数:1回

 初登場:05巻

 初セリフ:「あたし、知ってるけど、いっしょに行きます?」05巻p69

 管理人評:チョコがセゴビア城で出会った、須々木凛音ちゃんそっくりの女の子。神戸出身で、黒魔女歴は2年ほど。超幸運そうな名前ですが名前負けしているらしいです。

潮風彩花

 登場回数:1回

 初登場:05巻

 初セリフ:「おうおう、なんか、めっちゃハデな子がいるな、ガハハハハ!」05巻p76

 管理人評:チョコがセゴビア城で出会った、涼風さやかちゃんそっくりの女の子。理夫人に目をつけられないように、チョコを自分の後ろに隠れさせるなど、姉御肌で頼りになる性格のようです。

 

 

関連記事

 

krmjsnfan.hatenablog.jp

 

【黒魔女さんが通る】キャラクター&登場回まとめ【人間界編】

*『黒魔女さんが通る‼︎』本編及び『黒魔女の騎士ギューバッド』、『魔女学校物語』に登場したキャラクターについてのまとめです。

*扱う出番の条件は、①名前が出ているor口調などから本人であることがわかり、②その場にいることが明らかorそれなりに分量のある回想や幻に登場しており、③何らかの行動をしている ことです。電話シーンで姿が見えない場合も、セリフが書かれていれば出番とみなします。

*ここで扱っているキャラは、名前orイラストが出てきて、一回以上上記の出番があるキャラです。

*「1巻」は無印1巻、「01巻」は6年生編1巻を指しています。

 

関連記事

krmjsnfan.hatenablog.jp

 

 

 

 

登場回一覧表

登場回一覧表 

クリックで表示されます

6−1キャラ出番早見表 

第一小キャラ - Google スプレッドシート

6-1以外の第一小キャラ早見表

6-1以外の第一小キャラ - Google スプレッドシート

第一小以外の人間キャラ早見表

その他人間界キャラ - Google スプレッドシート

 

解説的なもの

登場回数が多いキャラBEST5

  1位  黒鳥千代子(71回)

  2位  一路舞(57回)

  3位  紫苑メグ・麻倉良太郎(56回)

  4位  東海寺阿修羅(55回)

  5位  小島直樹(51回)

登場回数の平均 

  6-1キャラ  27.6回

  6-1以外の第一小キャラ 4.43回

  第一小以外の人間界キャラ 2.77回

  レギュラーキャラ 42.38回 

  全体 11.4回

 

所感

やはりこうして見てみると、6年1組キャラは出番が多いです。そのなかでもレギュラーキャラ(チョコメグ・舞・百合・横綱・エロエース・ショウ・松岡)はなんだかんだいって安定した出番があります。ただし、ショウくんはほかの7人と比べるとやや少なめではありますが。

読者考案キャラの中では、麻倉・東海寺・大形が上記のキャラと同じぐらい登場しています。また、灯子ちゃん結実ちゃん鈴木姉弟も、3人ほどではないものの、出番に恵まれていると言えるでしょう。

6年1組でなくなると登場回数がガクンと落ちます。6年1組はそれぞれ10回以上出ていますが、それ以外だと1回や2回というのもザラです。そのなかで麻倉良子ちゃんは11回と健闘しています。意外なのはチョコのママ。1話からちょこちょこ出続けて、計32回もご出演。全体的に、初期キャラの方が多めに登場しているようです。メイン回がつくられてる場合も多いしね。

 

 

 キャラクターデータ

6年1組キャラ

チョコ

 登場回数:71回

 初登場:1巻1話

 初セリフ:「いっつぅ。」1巻1話p9

 管理人評:主人公らしくない主人公だと思います。「明るく元気で仲間思いで…」とは真逆で、友達なんてめんどくさい、オカルトさえあれば幸せという白けた主人公。小学生時代、その主人公像がとても新鮮に、魅力的に感じられました。巻を追うごとにギュービッドや周りの人との友情に目覚めていくのですが、それでもチョコさんの基本的な性格は変わってないと思っています。特に6年生編に入ってからは毒舌が復活してきたように感じます。

紫苑メグ

 登場回数:56回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:「チョーコーちゃんっ。」1巻1話p19

 管理人評:2000年代半ばのギャルを彷彿とさせるハデハデ幼馴染。一見チョコと正反対の性格に見えますが、「周りの目を気にしない」という点では共通してるのではないでしょうか。チョコも普段はそっけない態度をとるものの、いざという時は腐れ縁独特の絆を発揮します。わがままでこまったちゃんですが、同調圧力でなにかと息苦しくなりがちな女子の集団において、こういう子は貴重だと思います。また、独自のファッション哲学を持っており、「かわいくなりたい」と願う人にはなんだかんだ言って親身になってくれます。中でも11巻の普久我田への言葉は必見です。

一路舞

 登場回数:57回

  初登場:1巻1話

  初セリフ:「だいじょうぶ、メグ? こわいこと、おこらなかった?」1巻1話p31

  管理人評:チョコのクラスの首領。どこのクラスにもいそうな仕切りたがり屋の女の子。あの個性豊かな6-1さえも、命令一つで完璧にまとめ上げることが可能。初期は気に入らない子をねちねちといじめたりもしてましたが、後半になるにつれてそういう場面は減っていきます。今年は生徒会長に就任し、5−1の首領から第一小の首領にパワーアップしました。人を動かすのが非常にうまく、生徒会内部にも6-1を多数送り込んでいます。舞ちゃんの手にかかればまとめられない組織などないのだ。

春野百合

 登場回数:49回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:「チョコちゃん、お願い。学校の怪談がほんとにおきるなんて、あたしこわくって!」1巻1話p33

 管理人評:能ある鷹は爪を隠すと言いますが、百合ちゃんのうるうるおめめやぶりっこポーズに惑わされてはいけない。クラスの首領その2で、舞ちゃんとタッグをくんでクラスを仕切っています。メグたちとショウくんをめぐって争っていますが、5巻の第2話ではちゃっかり彼をゲット。今年は舞ちゃんの腹心として、生徒会の副会長にも就任しました。かなりあざといので女子の反感を買いそうなタイプですが、なんだかんだいってしたたかに生きていきそうです。かわいいだけではなく、実は料理も上手です。

三条ショウ

 登場回数:22回

    初登場:2巻2話

    初セリフ:「社長の三条ショウでございます。」3巻3話p200

 管理人評:とにかくイケメンなショウくん。青龍編で登場しておきながら、本編では3巻の3話まで台詞がなかったのは驚きです。ちなみに、彼の代名詞である「みんな好きだよ。」が登場したのも意外と遅く、8巻の1話になってから。5年生の3学期は出番が少ない時期もありましたが、6年生編の1話ではメインキャラを務めるなど、最近は存在感を回復してきています。

小島直樹

 登場回数:51回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:横綱、メグのきょうのスカート、ひざ上何センチかなぁ。」1巻3話p150

 管理人評:出っ歯のエロ野球少年。編集部では人気ナンバー1らしい。普段は女子のスカートを仰いでマリアちゃんにキックを食らうエロ少年ですが、好きになった女の子には一途な一面もあります。1巻ではいじめられてるルルちゃんによりそい、17巻では彼女の幻に素直に従うなど、純情さがちょいちょい感じ取れます。魔界のものに惑わされやすいのも、その純粋さゆえかも。

岩田大五郎

 登場回数:41回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:「ヒクッ、ヒクッ。」1巻1話p33

 管理人評:気が弱い大柄な少年。記念すべき第1話でかなり重要な役割を務める。松岡先生への不信が原因となって生き霊になってしまうなど、実は繊細な性格なのかもしれません。ふだんは小島・大谷と一緒に、エロエロトリオの一員として女子に疎まれている様子。ただそこでもぱしられやすいようで、しょっちゅう泣いています。弟と妹がおり、実家はお蕎麦やさんで、彼自身もお店を継ぎたい模様。地元を大切に生きていきそう。

麻倉良太郎

 登場回数:56回

  初登場:2巻3話

  初セリフ:「けっ、ばっかばかしい! いつもいつも、霊だの魔法だのって、いいかげんなことばかりいいやがって。」2巻3話p150

 管理人評:ライバルの東海寺と比べ、影があって斜に構えた印象の麻倉。学校でもガンを飛ばすなど、小学生にしてヤクザとして生きる覚悟を決めてる感があります。オカルト否定派の彼ですが、群れずに一匹狼的な行動をするチョコにはシンパシーを感じたのでしょう。オカルトが嫌いなのも、オカルトそのものというより、それを信じる人の中に、子供っぽい感じを見出してしまうのかもしれない。麻倉にとって、そういう態度は乗り越えるべきものだという意識があるんだと思います。

東海寺阿修羅

 登場回数:55回

    初登場:2巻3話

    初セリフ:「先生っ!」2巻3話p147

 管理人評:麻倉のライバル。まっすぐで明るい元気な小学生。麻倉とのチョコ争奪戦や、すぐに真言を唱えるイメージが強いですが、ひねくれたところがないので、実際にいたらかなりいい子なのではないかと思います。チョコと正反対の性格や、陰陽師(白魔術)という設定から、当初は彼がチョコのライバルになるのかなと思っていました。チョコ争奪戦の中心人物だったり、コスチュームが魅力的だったりするのもあり、大形や麻倉と並んで人気なキャラだと思います。

大形京

 登場回数:48回

    初登場:2巻1話

    初セリフ:「がんばるねぇ。」2巻1話p15

 管理人評:ぬいぐるみ装着時のかわいらしさと魔界の王モードの時のギャップ、衝撃的な過去やそれに起因するゆがんだ性格、桁外れの魔力など、キャラとしての見所が非常に多いです。多分正体バレと同時に人気を確立したと思われます。一時は主人公のチョコを食うぐらいの勢いがあった気がする。石崎先生が当初どのぐらい意図していたのかわかりませんが、おそらくここまで人気が出るのは想定外だったんじゃないでしょうか。壮絶な過去ゆえに心に闇を抱えていますが、京太郎の登場により快方へ向かっている様子。でもこのままあっさり改心だけはやめてほしいです……。

藍川結実

 登場回数:23回

    初登場:2巻2話

    初セリフ:「ごめんなさい、へんなことにつきあわせちゃって。」2巻2話p79

 管理人評:雷香ちゃんと並んで最初期の読者キャラ。顔がきれいだったり、お洒落な女の子も同性からの支持を集めやすいでしょうが、可愛い小動物に好かれるというのも全女子の夢ではないでしょうか。「黒魔女さん」のメイン読者は女子小学生だと思いますが、結実ちゃんはそんな読者の夢を体現したキャラともいえそうです。実際、キャラブックで見開きページを獲得してることからも人気があると思われます。結実ちゃんみたいな、小学生の憧れをダイレクトに反映したキャラが出てくるからこそ、読者投稿システムっていいなあとおもいます。

鈴木薫

 登場回数:34回

    初登場:2巻2話

    初セリフ:「古来、縁日などで興行、あるいは道ばたで人を呼びとめて物売りをする人のことを香具師という。野師。弥四とも書く。」2巻2話p83

 管理人評:ウンチク女王・鈴木薫さんはひとつひとつの出番こそ短めなものの、登場回数自体は非常に多く、6-1の中でも存在感のあるキャラクターです。彼女のおかげであたらしい言葉を覚えた読者も多いのではないでしょうか。個人的に、「薫」というお名前がとても好きです。ブリブリしない、やや中性的で古風な感じが、彼女のキャラにとても合っていると思います。

鈴木重

 登場回数:30回

    初登場:5巻2話

    初セリフ:「さすがはねえちゃん! これは、しっかりメモをしとかないと!」5巻2話p113

 管理人評:鈴木薫さんの双子の弟。薫さんが登場してから重くん初登場まで3巻ほど開きがあったのですが、いまや重くんがいなかった時期があるなんて想像できないくらいセット感があります。「薫」と「重」という漢字が似ているのも双子っぽくて好きです。

マリア・サンクチュアリ

 登場回数:29回

    初登場:3巻2話

    初セリフ:「アチョーッ!」4巻p45

 管理人評:中英ハーフのカンフー少女。美人、トライリンガル、派手な特技という、高人気が約束されたキャラ。正義感がつよく、エロ男子をよく吹っ飛ばしている。また、清井ほたるのめちゃくちゃな授業を訂正したり、エロエースの英語をみんなに解説したり、しっかり者で頼りになります。初登場から初台詞まで1巻ほど開きがありました。

宮瀬灯子

 登場回数:30回

    初登場:3巻3話

    初セリフ:「あっ、チョコちゃん!」3巻3話p162

 管理人評:亡き母にかわって弟と妹の面倒をみる健気な少女。女子読者キャラの中では鈴木薫さんに次いで出番が多いです。アニメでも出番が多かったように記憶しています。チョコと一緒に九尾温泉に行った時、ベビーシッターの麻倉&東海寺に弟と妹のことを事細かに頼んでいたのが印象的でした。

獅子村貴海

 登場回数:13回

    初登場:5巻2話

    初セリフ:「黒鳥さんも、コンビニへ?」5巻2話p103

 管理人評:野外クッキング大好き少年。共働きの両親に代わって料理を覚えたそうですが、それにしたって野草に詳しすぎます。舞ちゃん曰く、「麻布の超高級イタリアンレストランで食べたお料理よりおいしい」料理をつくれるらしい。家族がうらやましいです。しかも性格もいいし。

桜田

 登場回数:15回

    初登場:5巻2話

    初セリフ:「あたしは、デザートを持ってきました!」5巻2話p97

 管理人評:料理が上手い子が多い6-1ですが、杏ちゃんはお菓子枠です。おかし作りには燃えますが、普段は穏やかでまともな子です。イチゴが用意できずクリスマスケーキバトルで負けた時も、「ハティシエを目指すなら、イチゴがなくても優勝できるぐらい美味しいものを作らないと」と考えるなど、向上心も相当高そうです。将来いいパティシエになりそう。

大谷早斗

 登場回数:18回

    初登場:5巻3話

    初セリフ:「キャハハハァ、やめてよぉ。」5巻3話p179

 管理人評:エロエロトリオのひとり。乙女っぽいところがあり、エロエースと一緒に盗撮の下見にプールに来た際には、メグになりきって写真に収まっています。その一方で野球がとてもうまく、私立中学からスカウトされるほどです。エロエロトリオの中では一番遅く登場しましたが、他の二人にうまく馴染んでいます。

楠木こころ

 登場回数:15回

    初登場: 5巻3話

    初セリフ:「あの、あたし、その、なんていうか、つまり、えっと……。」5巻3話p163

 管理人評:非常におとなしい女の子。同じぐらいおとなしい麗華ちゃんとは仲がいいようです。強烈なキャラが揃う6-1においては、こころちゃんは比較的控えめなキャラなのですが、それでも影が薄くならないところがすごいなあと思います。

伊集院麗華

 登場回数:19回

    初登場:5巻3話

    初セリフ:「はい、じゃんけんぽんっ!」6巻3話p206

 管理人評:大病院のお嬢様。でも本人はあまり丈夫ではないようです。6-1ではこころちゃんと並んでおとなしい生徒。白いドレスを着ていることが多かったのですが、17巻で百人一首が得意という設定がついて以降、袴姿の麗華ちゃんも時々描かれます。

向井里鳴

 登場回数:23回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「里鳴、わかったよ!」6巻1話p26

 管理人評:お菓子大好き少女。小柄な外見、お菓子大好きというキャラ設定など、マスコット的なところがあると思います。また、メグのファッション自慢をしばしば聞き間違えているので、実はチョコ並みにファッション音痴なのかもしれません。個人的に、8巻でサティリコから飴をもらって喜んでいるシーンが可愛かったです。

葉月星夜

 登場回数:13回

    初登場:9巻2話

    初セリフ:「んがぁ?」9巻2話p193

 管理人評:天体観測大好き少年。普段はほとんど寝ていますが、星を見ている時に出会うとものすごくしゃべります。たまに昼間に星夜くんが話すと、奇跡扱いされているのが面白いです。かなりマイペースな少年で、実はチョコと波長が合うのでは?と思います。まあ仮に合ったとしても彼は夜行性なので、仲良くなるのが難しそうなのですが……。

古島真紅

 登場回数:12回

    初登場:9巻3話

    初セリフ:「はいっ!」9巻3話p169

 管理人評:エコ少年。坊ちゃん刈りでかなりかわいらしい男の子。イラストではそうでもないですが、文章では一応ちょいぽちゃ設定です。私が小学生のころはしょっちゅう3Rとかマイバックとかいう言葉を聞きました。真紅くんは私にとって、そのころの空気感を思い出させるキャラです。

日向太陽

 登場回数:22回

    初登場:6巻3話

    初セリフ:「委員長、ひきうけたっ! ガッツ!」6巻3話p171

 管理人評:小学生版・松岡修造。「半袖・短パン・すあし」を支持したり、「汗と泥にまみれ、限界に挑戦するのが青春」と言ったり、「ほんとに平成生まれか?」と疑いたくなるような熱い男子です。でも、全員にチャンスを与えるため、人間ピラミッドの位置決めをじゃんけんでおこなうことを提案する優しい一面も併せ持っています。

涼風さやか

 登場回数:22回

    初登場:6巻3話

    初セリフ:「おはようございますっ! 涼風さやかですっ!」6巻3話p177

 管理人評:運動神経抜群少女。一見あつくるしいタイプかと思いきや、病気の兄に自分の活躍を見せて元気になってほしいと願う健気な女子です。また、お兄さんのことで不安な気持ちにもかかわらず、ピラミッドの土台で苦労するチョコを気遣うやさしさもあります。お兄さんの手術がうまくいって良かったです。

桜都愛花

 登場回数:13回

    初登場:6巻3話

    初セリフ:「みんな! この勝負のことは、ぜったい秘密にしてよっ!」6巻3話p128

 管理人評:新聞部員の報道少女。スクープを狙うため、つねにカメラを携帯し、動きやすいスニーカー&ジーンズ着用という気合いの入れようは、小学校のクラブ活動の域を超えています。ただ、人間用のものと入れ替えられていたとはいえ、魔界グッズを使って気絶してしまうなど、少々注意力が足りない様子。

須々木凛音

 登場回数:19回

    初登場:3巻1話

    初セリフ:「きゃっ!」3巻1話p16

 管理人評:不運キャラの凛音ちゃん。3巻1話は彼女のメイン回ですが、ここまで不運続きだとかわいそうを通り越してもはやギャグです(笑)。ただ自分から変な行動を起こすタイプではなく、不運ということを除けば、奇天烈揃いの6−1においてはまあまあまともなキャラだと思います。わたしが通っていた小学校ではかなり人気がありました。どちらかといえばおとなしそうですが、地味に脚が速いです。

美里雷香

 登場回数:15回

    初登場:2巻1話

    初セリフ:「エロエース、きょうはメグちゃんのかわりに、あたしがミニスカートなんだけど、どう?」2巻1話p18

 管理人評:最初期の読者キャラ。初期キャラはだいたいメインになる回が作られているのですが、雷香ちゃんはメイン回が特になく、出番もそれほど多くありませんでした。しかし後半になるにつれ出番が増えていき、与那国くんに胸キュンしてることなども明らかに。陰湿さがなくサバサバした性格で、友達にしたいタイプの女子です。

出雲響也

 登場回数:15回

    初登場:8巻1話

    初セリフ:「はい、もちろんです。」8巻1話p19

 管理人評:舞ちゃんの忠実なパシリ。なにかと批判されがちな指示待ち人間そのものですが、ここまで正確かつスピーディーに指示がこなせるのならむしろ中途半端に自主性があるよりいいよね。仕切りたがりの舞ちゃんと一緒に学級委員をやるには、彼ぐらいパシリに徹している方が全体としてまとまりそうです。

如月星羅

 登場回数:16回

    初登場:6巻2話

    初セリフ:「それでは、タロットにきいてみましょう。」6巻2話p100

 管理人評:占い大好き少女。小学生女子って占い好きですよね。私も好きだった。四柱推命とか占星術もかじった。だから星羅ちゃんみたいな子が読者投稿で生まれるっていうのは非常によくわかる。だけど自分で「先祖は松尾芭蕉」とか言ってしまっては、将来黒歴史にならないか心配です……。

要陸

 登場回数:23回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「さすがです。でも、あまりにおいにたよるのは、感心しませんよ。」6巻1話p27

 管理人評:お父さんは名探偵。地味に出番が多く、しかもだいたい向井里鳴ちゃんとセットで登場しています。推理力はあまり頼られていないようですが、6巻でチョコのおやつの中身と購入先を当てた観察眼はなかなかのものだと思います。

月姫

 登場回数:10回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「しっ! 目印を落としてるのが、ばれたらどうするのよ。」6巻1話p33

 管理人評:メルヘン少女。まず「霧月姫香」という名前が見事ですよねぇ……。字面だけで、感覚的にどういう子なのかわかるじゃないですか。最近は説明文のような名前が増えていますが、私としては人名らしさがありつつ、キャラの個性も表現している霧月さんのような名前が好きです。目の中に星が描かれているのも好き。

与那国治樹

 登場回数:13回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「これはPDAだ。」6巻1話p25

 管理人評:パソコンやスマホの扱いがうまい少年。すこし神経質そうですが、ハンカチを貸してくれた雷香ちゃんにマカロンを渡すなど、礼儀正しさも持ち合わせています。また、学級会などにおいて、タブレットを使って参考になる意見を出してくれることもあります。小学校でプログラミングの授業が始まるらしいので、与那国くんがメインキャラとして活躍する回も作られるかもしれません。

速水瑛良

 登場回数:21回

    初登場:5巻3話

    初セリフ:「おれ、エアコン、きらいなんだよ。」5巻3話p201

 管理人評:チョコ争奪戦の1人。ただ、明確に好意をアピールしているわけではないので、他の3人と比べると幾分控えめな印象です。当初はクラスメイトを少々見下している感じがありましたが、クラス替え阻止のおまじないを教えるなど、後半になるにつれ協力的な一面が出てきます。ある意味「男版チョコ」のような子だと思います。

七福亭笑多

 登場回数:12回

    初登場:7巻

    初セリフ:「あ、ウケました? いやぁ、緑のおねえさんみたいなきれいどころに笑っていただけるなんて、うれしいじゃありませんか。それじゃあ、もうひとつ小咄!」7巻p52

 管理人評:噺家少年。父の七福亭爆笑は人気落語家ですが、彼にそのセンスは受け継がれなかったようです。才能はなくとも、華童亜沼に小咄をきかせたり、新一年生の前でギャグを披露するなど、人を楽しませることは好きな様子。滑ることを恐れずに話せるのは彼のいいところだと思います。

土釜はやて

 登場回数:10回

    初登場:7巻

    初セリフ:「これはこれは、明るいうちからわざわざのお運び、まことにありがたくぞんじます。」7巻p47

 管理人評:キャラが似ている七福亭笑多くんとほぼ同時登場だったので、時々ごっちゃになってしまいます……。時代劇好きな方が土釜くんです。昔っぽい口調で話すので桃花ちゃんに恐れられていましたが、普通にしてるといい人。お客になりそうな人のことはきちんと調べていたり、見かけによらず(?)真面目で堅実な性格のようです。

 

 

6年1組以外の第一小関係者

松岡祐造

 登場回数:48回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:「よっ、みんなおはよう! きょうも1日がんばろうなっ!」1巻1話p33

 管理人評:チョコの担任の新米教師。初期はいじめに加担するような言動をしたり、生徒のコンプレックスを逆なでしたり、教師の資質を疑いたくなることばかりやっていましたが、横綱の生き霊に襲われたことで心を入れ替えます。でもすこし責任感が足りないところがあり、大事な行事を伝え忘れたり、職員会議中に音楽を聴いていることも。ただそれなりに尊敬されてはいるようで、生徒たちと一緒に6−1に進級しました。

慣用くみ子

 登場回数:5回

    初登場:17巻3話

    初セリフ:「卒業証書。浅野大蔵殿。右は、小学校の全課程を修了したことを証する。第一小学校、校長、慣用くみ子。おめでとう。浅野くん、中学校へ行っても、朝の体操をしっかりね。『早起きは三文の徳』といいますから」17巻3話p245

 管理人評:第一小の校長先生。なにかと慣用句を使いがちですが、生徒たちにとっては国語の勉強にもなるしいいんじゃないでしょうか。卒業死鬼といい、弱鬼・強鬼・元鬼といい、なにかと魔界のものにとりつかれやすいのが心配です。

根本教頭

 登場回数:11回

    初登場:3巻1話

    初セリフ:「なーにをやってるんだ、おまえたちはっ!」3巻1話p10

 管理人評:すこし口うるさくてうざい根本先生ですが、ぶっちゃけ6-1みたいなクラスには一言言いたくなるのが普通の心情だと思います(笑)。松岡先生とはソリが合わないらしく、1巻の1話では悪口を言われています。小5相手に数式の美しさを語り出したり、自作のどうしようもないかるたを得意げに発表したり、少し自分の世界に入り込みがちなところがあります。

衣袋寛三

 登場回数:4回

    初登場:11巻2話

    初セリフ:「松岡先生は、英語を練習なさっていたんです。六本木は、外国人の方が多いですし。いやあ、松岡先生、新年度からの英語の授業もお任せできそうで、心強いです。」11巻2話p200

 管理人評:「いぶくろ」という名前からして食いしん坊キャラか胃が弱いキャラを想像しましたが、まさかの王道イケメンキャラでした。イケメンなだけでなく、自分の担任クラスではない子も気遣うなど教師の鑑。同僚のフォローも忘れず、人間ができているお方です。今まで登場した教師陣の中では、担任になってほしいキャラナンバー1ですね。

谷口朋子

 登場回数:4回

    初登場:11巻2話

    初セリフ:「それはそうだけど、じゃなくて、そうなのよっ。」11巻2話p171

 管理人評:声が非常に大きい先生。通称谷やん。去年は桃花ちゃんの担任でしたが、今年は6-3を受け持っています。もしかしたら、低学年だと彼女の大声にビビってしまう子がいるのかもしれません。彼女自身も声が大きいですが、チョコたちのクラスのうるささにはうんざりしているようです。第一小の近所に住んでいます。

藤崎先生

 登場回数:1回

    初登場:0巻

    管理人評:チョコが4年生の時の担任の先生。どんなこともささやいて知らせるので、「ささやきのフジさん」と呼ばれています。0巻では松岡先生と何か話しているのですが、あいにくささやき声なので、なんと言っているのかわかりませんでした……。

小森真由

 登場回数:2回

    初登場:03巻2話

    初セリフ:「……みなさん、こんにちは。」03巻2話p83

 管理人評:新しくやってきた音楽の先生。実は夜の女王の娘です。アイドルのような可愛らしさを持ち、男子たちを虜にしました。チョコが「魔笛」のパンフレットを作る際には相談に乗ってくれ、親身になってくれそうな先生です。一方で親の許可を得ずに人間界に行くなど、頑固な一面もあります。

メアリー・テリー

 登場回数:1回

    初登場:08巻1話

    初セリフ:「Hello,everyone! How do you do?」08巻1話p10

 管理人評:第一小にやってきた英語の先生。オーストラリア出身で、ソーダ色の瞳が特徴的な美人。快活な性格で、多少生徒のノリが悪くてもテンション高く授業を進めてくれます。日本語も上手です。あのチョコですら英語を勉強する気になっており、生徒をやる気にするのがうまそうです。

清井ほたる

 登場回数:1回

    初登場:6巻2話

    初セリフ:「清井ほたる、二十一歳です。小学校の先生をめざして勉強中です。今週一週間、このクラスでみなさんとすごすのが、とっても楽しみです。よろしくお願いします。」6巻2話p114

 管理人評:チョコのクラスにやってきた教育実習生。リケジョ。めちゃくちゃな授業をしていた印象が強いですが、それは彼女の体内に入った悪魔情のせい。本来の実力ではないのに保護者から批判されたりして、ちょっとかわいそうな気もします。でもキャラブックによると、教育実習はいい思い出になっているようで良かったです。

泡多田志井子

 登場回数:8回

    初登場:14巻2話

    初セリフ:丹波さん! そういう歌はやめなさいよっ!」14巻2話p116

 管理人評:「あわただしい子」というお名前ですがいうほど慌ただしくない印象です。「あひる口」という外見に時代を感じる。着ているお洋服などからお嬢様っぽい印象を受けます。舞ちゃんのライバルということ以外、あまり詳細が明らかになっていないキャラですが、理夫人が彼女そっくりの外見だったことを考えると、石崎先生的にはお気に入りのキャラなのかもしれません。

丹波

 登場回数:5回

    初登場:14巻2話

    初セリフ:「♪負けた~、負けた~、また、負けた~。」14巻2話p114

 管理人評:タンバリンを鳴らしながら即興で歌を歌う。出番が少ないのもあり、それ以上のことはよくわかりませんが、泡多田志井子の言うことはよく聞くので、割と素直なのかな?と思います。2組は楽器使いが多いですね。

花野言葉

 登場回数:1回

    初登場:14巻3話

    初セリフ:「だいじょうぶだよ。こころちゃん。ときどき、急に大きな声が出るじゃない。あの調子でやればいいんだよ。」14巻3話p224

 管理人評:こころちゃんのお友達。お家が花屋。好戦的なキャラが多かった5-2の中で、ほぼ唯一平和的なキャラ。一回しか登場していませんが、緊張気味のこころちゃんをはげましていたことやお花を愛するところから、優しい子なのかな~と思います。

虎井杏

 登場回数:3回

    初登場:19巻3話

    初セリフ:「それじゃあ、生ぬるいわ。」19巻3話p218

 管理人評:トライアングルを鳴らす子。6-2。同じ名前の桜田杏ちゃんとは幼稚園からの幼馴染らしいです。いかにもキワモノっぽい丹波鈴ちゃんとくらべると、外見はふつうのおとなしそうな子です。

木村悠

 登場回数:1回

    初登場:01巻1話

    初セリフ:「おはよう!」01巻1話p19

 管理人評:第一小に突如あらわれたイケメン転校生。ダンスも上手で、瞬く間に学年中の女子の心を鷲掴みにします。ショウくん一強体制を壊したかに思えた木村くんですが、じつはイケメンになれたのは魔界グッズの力によるもの。いまはもうファンクラブも解散していると思われますが、あれだけちやほやされたのに元通りになってしまって、少しかわいそうな気もします。

清水紫

 登場回数:1回

    初登場:17巻2話

    初セリフ:「もちろんですっ!」17巻2話p163

 管理人評:麗華ちゃんと百人一首対決をした女の子。もと5−2。負けず嫌いな性格らしく、対決の際は敵意を丸出しにしています。負けた後はうなだれており、落ち込みやすくもあるのかもしれません。結局麗華ちゃんは百人一首クラブに入部したはずですが、うまくやっているのかちょっと心配です……。

室図穂

 登場回数:3回

    初登場:9巻2話

    初セリフ:「……わたしは、図書少女。」9巻2話p93

 管理人評:最強に影が薄い図書委員の女の子。一見話しかけづらそうですが、一度話すとまあまあ饒舌です。また、黒魔女ドリルのこたえを教えてくれたり、チョコを強引に委員にしようとする藤原先輩を止めようとする面もあります。見た目が怖いだけで、黒魔女さんキャラの中ではかなりの常識人です。

雲母本花

 登場回数:1回

    初登場:03巻3話

    初セリフ:「え?」03巻3話p180

 管理人評:6-3の図書委員。本を読んでいるときの集中力はすざましく、話しかけても気づいてもらえないほど。三つ編みに丸メガネという外見が、いかにも文学少女という感じで可愛いです。

銀金太

 登場回数:7回

    初登場:9巻1話

    初セリフ:「おい、どうしたんだよ、速水。」9巻1話p45

 管理人評:将棋の駒に激似の銀先輩。あの速水とかなり打ち解けており、コミュ力が高そうな先輩です。「将棋の駒に似ている」と言われても怒らなかったり、速水に花を持たせるためにチョコに幽霊退治の協力をお願いするなど、心が広く、後輩思いな一面があります。速水が慕うのは、銀先輩の人間的な魅力によるところも大きいでしょう。

藤原遊馬

 登場回数:4回

    初登場:9巻2話

    初セリフ:「あなたが黒鳥さんですね。」9巻2話p109

 管理人評:クモザル先輩。かなり恐れられているらしく、舞ちゃんすら彼女に意見することはできません。彼女の管理により、図書室は問題児揃いの第一小とは思えないほどの静寂を保っています。また、チョコの正体について結構いい線まで迫っており、侮れない人物です。この有能さをもってすれば生徒会長にもなれた気がしますが、本人にあまりそういう欲がなかったのかもしれません。

中都反花

 登場回数:2回

    初登場:15巻1話

    初セリフ:「あ、あ、ただいま、マイ。きこえてま?」15巻1話p72

 管理人評:話し方も服装も中途半端な中都反花先輩。前生徒会長ですが、どのように生徒会をまとめていたのか謎です。でも卒業式で卒業証書を授与された際に、「校長先生もお元気で」というなど、礼儀正しい性格のようです。彼女に限らず、前6年生は個性がはっきりしていて面白いキャラが多かったのですが、初登場から卒業までが短かめだったのが残念です。

大納言式部

 登場回数:3回

    初登場:17巻1話

    初セリフ:「きみがため 惜しからざりし いのちさへ 長くもがなと 思ひけるかな。」17巻1話p67

 管理人評:百人一首クラブの元部長。平安美人風の外見とおなじく、中身もおっとりとしているようです。けれど、次期部長に部員ですらない麗華ちゃんを指名するなど、やや強引な一面もありそうです。説明は下手な様子。

中納言小町

 登場回数:1回

    初登場:17巻2話

    初セリフ:「おしずかに願います!」17巻2話p159

 管理人評:百人一首クラブ元副部長。おっとりめの大納言先輩に比べると厳しく、言うべきことははっきりというタイプ。

小納言内侍

 登場回数:1回

    初登場:17巻2話

    初セリフ:「難波津にぃ~ 咲くやこの花 冬ごもりぃ~ 今を春べと 咲くやこの花ぁ~」17巻2話p165

 管理人評:伊集院麗華ちゃんの部長就任をかけた百人一首対決で、詠み手をしていた先輩です。もと6年3組。

普久我田沙湖

 登場回数:1回

    初登場:11巻3話

    初セリフ:「もうしわけありません、今日からお店、お休みなんです。」11巻3話p237

 管理人評:服が驚異的にださい女の子。メグを尊敬していて、ファッションアドバイスをもらってはいますが、なかなかうまくいきません。元々のセンスはいいようで、チョコが持参したデザイン画を、ギュービッドの黒皮コート(写念流古狐作)そっくりにアレンジしました。

図書館少女隊(大木彩乃・樫野結花・西崎彩花)

 登場回数:4回

    初登場:01巻1話

    初セリフ:「おつかれさまです、黒鳥委員長!」01巻1話p38

 管理人評:5年生の図書委員。まんまPerfume大本彩乃(Perfume)→大木彩乃(黒魔女さん)、樫野有香(Perfume)→樫野結花(黒魔女さん)、西脇綾香(Perfume)→西崎彩花(黒魔女さん)と、名前も凝っています。登場回数もそれなりにあり、石崎先生のPerfume愛が伝わってくる。チョコが男子と話していると「いびせぇのぅ。」と冷ややかな目で見てきたりもしますが、何かと助けてくれる3人組です。

霧島勇次

 登場回数:1回

    初登場:19巻1話

    初セリフ:「だいじょうぶです。このあいだだって、黒魔女を召喚できたんです。先輩たちには、みえなかったかもしれませんが、霊感がいっぱいのぼくには、ちゃんとみえました。」19巻1話p58

 管理人評:オカルトクラブの新入部員。4年生。インチキオカルト本しか読んでいませんが、偶然にも熾天使オウリを召喚することに成功しました。じつは才能があるのかもしれません。悪い黒魔女に狙われないように注意してほしいです。

麻倉良子

 登場回数:11回

    初登場:11巻2話

    初セリフ:「そういうあなたも、おにいちゃまをたぶらかすと、たいへんなことになるから!」11巻2話p145

 管理人評:麻倉の妹。兄の恋の成就のためには兄妹であることも隠し通す、お兄ちゃん大好きっ子。太めの眉毛などの外見においても、やや思い込みが激しそうな内面においても、「女版麻倉」という感じの子です。

村田草太郎

 登場回数:4回

    初登場:13巻2話

    初セリフ:「もぉもぉちゃーん!」13巻2話p181

 管理人評:桃花の同級生。虫が大好きな典型的低学年男子です。桃花は彼に恋心を抱いているようですが、まだ子供っぽい村田くんがその気持ちを理解しているかは怪しいところです。それにしても、いくら小3の姿になっているとはいえ、本来は二十歳を超えている女性が小学生に恋しているのはなかなかやばいと思います。

野草博士

 登場回数:1回

    初登場:18巻2話

    初セリフ:ラプンツェルは、草の名前です。ドイツ語ですけどね。」18巻2話p129

 管理人評:桃花ちゃんの同級生。野草のことに異常に詳しい。チョコに対して敬語を使うなど、同い年の村田草太郎くんに比べるとかなり大人っぽい男の子です。獅子村貴海くんとは仲良くなれそうな感じがします。

夢野永遠

 登場回数:1回

    初登場:8巻1話

    初セリフ:「運命ですぅ!」8巻1話p79

 管理人評:桃花ちゃんのクラスの社長令嬢。キレるとライフルをぶっ放す危険な子。お嬢様っぽいかわいらしい外見です。普段はキレやすい子ではないらしいので、通常モードの永遠ちゃんも見てみたいです。

岩田小五郎

 登場回数:2回

    初登場:13巻2話

    初セリフ:「え? どうして、ぼくにくれるの?」13巻2話p179

 管理人評:横綱のいとこ。通称大関。将来の夢は王子様という、ピュアな男子です。王子とつけばなんでもいいらしく、義理チョコ王子を目指したことも。お家は呉服店を営んでいるらしいですが、お蕎麦屋さんの横綱家といい、岩田家は地域に根を張って生きるタイプの一族と言えそうです。

伊津守麻衣子

 登場回数:3回

    初登場:18巻1話

    初セリフ:「わーん!」18巻1話p72

 管理人評:第一小2年生の女の子。迷子になりやすい。出番はそれほど多くないですが、なにかと意味深な行動をするきみえちゃんと仲が良さそうだったり、今後の活躍に期待ができそうなキャラです。

伊津守諭吉

 登場回数:1回

    初登場:01巻2話

    初セリフ:「そんなふうにいっちゃだめだよ。あのおにいさん、やさしいよ。」01巻2話p113

 管理人評:伊津守麻衣子ちゃんの弟。新一年生。人にすぐ万札を渡そうとするので、悪い人に捕まらないか心配です。歴史にくわしく、クイズも好きな模様。迷子になりやすいのはお姉さんと一緒。

義理チョコ委員会(中津・梅田・淀屋橋・本町)

 登場回数:1回

    初登場:13巻2話

    初セリフ:「はいっ、本命チョコを、へらへらして、まっていることですっ。」

「はいっ、義理チョコをひとつでも多く、もらうことですっ。」

「はい、『義理チョコ王子』ですっ。」

「はい、みごと十三個をゲットした、銀金太先輩です!」13巻2話p146,147

 管理人評:バレンタインに向けて結成された義理チョコ委員会のメンバー。あえて本命チョコを狙わず、より多くの義理チョコをもらうことを目的に活動。メンバーの名前が大阪の地名なのは何か理由があるのでしょうか。

 

 

第一小以外の人間界キャラ

海音寺美珠亜

 登場回数:9回

    初登場:8巻2話

    初セリフ:「海音寺美珠亜です。第二小四年二組です。はじめまして。」8巻2話p149

 管理人評:東海寺の幼馴染で、彼に想いを寄せる少女。勝気でしっかりした子。舞ちゃん百合ちゃんの首領ラインも敵に回したくないタイプですが、この子も嫌われると大変そうな子ですね~。東海寺に対する想いが純粋なだけに、チョコに対する敵意も強めです。はやく誤解が解けるといいですね。

佐藤太郎

 登場回数:1回

    初登場:8巻2話

    初セリフ:「第二小学校四年二組、佐藤太郎。」8巻2話p136

 管理人評:美珠亜ちゃんの同級生で、なんでも平均点を叩き出す男子です。勉強や運動が平均というのはまだ分かるのですが、着ている服や顔立ちも平凡そのものとは、ある意味才能だと思います。

黒鳥由香

 登場回数:32回

    初登場:1巻1話

    初セリフ:「千代子? 千代子なの?」1巻1話p17

 管理人評:チョコのママ。7巻で下のお名前が明らかになりました。セリフの端々から変わり者の娘を心配している様子が伝わってきますが、かといってそのことでくよくよしておらず、根が前向きそうなママです。ただエステに内緒で50万円も使おうとするなど、金銭感覚に少々難がありそう。ギュービッドが来てからというものの、急にチョコの部屋が綺麗になったりゴスロリで登校するようになったり、異変には気づいているはずですが、素直に娘の成長として受け取っているようです。

黒鳥伊蔵

 登場回数:2回

    初登場:8巻2話

    初セリフ:「♪おいしいイモが食いたいぞう~。干しイモいっぱい食いたいぞう~。」8巻2話p212

 管理人評:チョコの亡きおじいちゃん。素朴で温かみのある人柄で、育てている芋に限りない愛情を注いでいます。孫の顔を見ないで亡くなったようですが、07巻では幽霊となってチョコに会うことができました。その際も、「チョコに会えて嬉しかったから、失敗したことをあまり気にしなくていい」と語るなど、やさしい人柄がうかがえます。ティカは人間界に来て不安だったと思いますが、いい人に出会えてよかったですね。

舞ちゃんママ

 登場回数:2回

    初登場:6巻2話

    初セリフ:「あらぁ、かんたんっ。百点とれなかったら、はずかしくて先生になれないわよねぇ。」6巻2話p150

 管理人評:舞ちゃんをそのまま大人にした感じのママ。娘同様、ママ友のリーダー的存在のようです。清井ほたるのいい加減な授業が許せなかったりするところも娘に似ています。

石崎夏子

 登場回数:2回

    初登場:15巻2話

    初セリフ:「そうです! ネズミなんかじゃありません!」15巻2話p146

 管理人評:舞ちゃんの家のお手伝いさん。魔呂に襲われた際、その特徴を細かいところまで把握していたところから、冷静な人物だといえます。また、一度しか会ったことのないチョコの顔と名前をきちんと覚えており、記憶力がよさそうです。

麻倉くるみ

 登場回数:4回

    初登場:2巻3話

    初セリフ:「あら? もしかして、マリアちゃんのお父さんでいらっしゃいません?」04巻1話p64

 管理人評:麻倉のママ。びっくりするぐらい天然なので、なかなか会話が成立しません。ときどき失礼なことも言ってしまいますが、決して悪意があるわけではなく、すべてど天然な性格ゆえ。麻倉はそんな母を恥ずかしがっているみたいですが、明るそうでいいママだと思います。

麻倉良介

 登場回数:1回

    初登場:06巻2話

    初セリフ:「おお、きみが黒鳥さんか。はじめまして、良太郎の父の良介です。しかし、ママ、こんな子が社長夫人になってくれるなら、『おもちゃのアサクラ』の未来は明るいなっ!」06巻2話p100

 管理人評:麻倉のパパ。「おもちゃのアサクラ」の社長さんです。講談組組長の豪太郎や、若い衆をつかいがちな麻倉とくらべ、かなり穏やかな人物のようで、一家の中では異色の存在と言えそうです。海水浴の前に高波への注意を呼びかけたり、準備体操をするなど良識派

麻倉豪太郎

 登場回数:1回

    初登場:06巻2話

    初セリフ:「その必要はない!」06巻2話p104

 管理人評:麻倉のおじいちゃん。講談組組長だけあって、老齢にもかかわらず威厳があります。無骨ですが和歌や伝統行事にくわしい風流な一面も。迦楼羅と友達だからか、多少の不思議な現象には惑わされない広い器の持ち主です。極道らしく、義を大事にするお方。その精神は孫へと無事受け継がれているようです。

広谷

 登場回数:1回

    初登場:04巻1話

    初セリフ:「あの、ちょいと、失礼しますが……。」04巻1話p44

 管理人評:講談組の若頭。見た目はいかにも極道の方という感じですが、麻倉が母親に反抗的なのを見て心を痛める、繊細な一面も持ち合わせています。麻倉の説得をチョコに任せるなど、人を見る目もありそう。

おさきさん

 登場回数:1回

    初登場:06巻2話

    初セリフ:「みなさま、おつかれさまでごぜえます。」06巻2話p110

 管理人評:麻倉家の別荘の管理人さん。毎年おきる不思議な現象にはもう慣れっこのようで、精霊馬にのってやってきた霊たちともうまくつきあっています。

東海寺阿弥

 登場回数:3回

    初登場:04巻1話

    初セリフ:「じょうだんじゃありませんわ、麻倉さん!」04巻1話p80

 管理人評:東海寺ママ。キャリアウーマン風で、お寺の奥さんという感じはしないです。どうして神楽羅さんと結婚したのかなぞですが、もしかしたら彼女もお寺の娘なのかもしれません。

東海寺神楽羅

 登場回数:2回

    初登場:2巻3話

    初セリフ:「いらっしゃい。はじめまして。阿修羅の父の東海寺神楽羅です。」07巻1話p40

 管理人評:東海寺のお父さん。実はかなり初期から登場しています。迦楼羅の強大な魔力は一切受け継がれなかったらしく、ドーマンやセーマンを描くのにも苦労しています。いつもニコニコしていて優しそうな人物。息子との絆は固いようで、阿修羅は父を思うあまり、奇跡的な魔力を発揮したことがあります。陰陽師としては微妙でも、よき父親ではあるのだと思います。

東海寺迦楼羅

 登場回数:2回

    初登場:06巻2話

    初セリフ:「ふふふ。たしかに東海寺ですが……。」06巻2話p151

 管理人評:東海寺のおじいちゃん。かなり強力な魔力の持ち主だったようで、彼の生前は東海寺も栄えていたようです。どうも京太郎ともつながりがあるようで、謎が多い人物です。石崎先生のお気に入りでもあるらしく、2018年におこなわれた講演会では、彼についてのお話を書きたいとおっしゃっていました。

大形のママ

 登場回数:4回

    初登場:5巻3話

    初セリフ:「いえね、最初はとなり街のマンションを考えてたんですけど、京がどうしても転校したくないっていいはるもんで。そうしたら、この家が安く、売りに出てたものでねぇ。」5巻3話p227

 管理人評:イラストではかなり可愛らしく描かれており、なんとなくチョコのママより若そうなお母さんです。大形の口癖がうつってしまうなど、少し天然気味なところもありそう。息子が魔界の王だったり、いつの間にか黒魔女が娘になってたり、実は結構なことに巻き込まれているのですが、本人は真相を知らない方が幸せでいられそうです。

大形京太郎

 登場回数:1回

    初登場:06巻3話

    初セリフ:「わしは大形京太郎。京の祖父だよ。」06巻3話p230

 管理人評:大形の亡き祖父。生前は魔力があったらしく、大形の魔力も彼譲りのようです。かなり重要になりそうなキャラですが、初登場回以降出番がなく、いまだに多くの謎に包まれています。真言で蘇るなど、黒魔術そのものを相対化しそうなキャラでもあります。個人的に、今後の物語がどう転ぶかは彼の描かれ方次第な気がします。

メグのママ

 登場回数:4回

    初登場:6巻2話

    初セリフ:「……それで、一路さんのママは、春野さんのママといっしょになって、清井先生にプレッシャーをかけるつもりらしいのよ。」6巻2話p128

 管理人評:昔はテレビのリポーターをしていたらしい、美人でハデハデのママ。金銭感覚がぶっ壊れており、チョコママと大形ママを石化させました。けれど、子供達にめちゃくちゃな授業をされては困ると考えるあたり、一般的なお母さんの感覚も持っているようです。メグが母親と同じ中学に進学希望なことから、娘からは尊敬されていることがわかります。

グミ

 登場回数:2回

    初登場:6巻2話

    初セリフ:「ああ、もしもし。そこのネコさんたち。ちょっと、ものを問いたい。」6巻2話p93

 管理人評:メグが飼っているチワワ。子犬のようなかわいらしい外見ですが、喋り方は上品な中年男性といったところです。メグのわがままな性格に愛想を尽かし、しょっちゅう家出していますが、グミ自身もまあまあのワガママ犬なので似た者同士だと思います。実は背表紙にも登場しており、出番の割に恵まれた待遇を受けています。

リャン・チャオウィ

 登場回数:3回

    初登場:02巻1話

    初セリフ:「コンニチハ。イツモ、ウチノ、マリア、オセワにナッテルね。」02巻1話p52

 管理人評:いかなる時も自己紹介を忘れない男。マリアちゃんのパパ。チョコや松岡先生にたいして「トニーと呼んでください」と言うなど、フレンドリーで明るい性格のようです。また、マリアちゃんのカンフーの師匠でもあり、彼自身も相当つよいと思われます。休日は娘の練習につきあっているらしく、子煩悩なパパです。

宮瀬小夜子

 登場回数:3回

    初登場:3巻3話

    初セリフ:「ねえ、この人だあれ?」3巻3話p164

 管理人評:灯子ちゃんの妹。三歳。外見が灯子ちゃんに似ていてかわいらしい。

宮瀬雄一

 登場回数:3回

    初登場:3巻3話

    初セリフ:「チョコだって。なかになにが入ってるの? ピーナッツチョコ? アーモンドチョコ?」3巻3話p164

 管理人評:灯子ちゃんの弟。四歳。チョコをからかったり、子どもらしいやんちゃな子です。それゆえ(?)ギュービッドの姿が見えるみたいです。

宮瀬朋美

 登場回数:1回

    初登場:3巻3話

    初セリフ:「おねえちゃん、お話、読んでよぅ。」3巻3話p188

 管理人評:灯子ちゃんの妹。二歳。お姉ちゃんに読み聞かせをしてもらうのが好きみたいです。

島弘

 登場回数:1回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「にいちゃん、早くコインとってよー。」or「そうだよー。それで、お菓子と交換してよー。」6巻1話p52

 管理人評:エロエースの弟。兄同様エロく、幼稚園児にしてうちわでスカートをあおぐことを覚えている。顔もエロエースに似ており、兄から「エロそうな顔をしてる」と言われてるのが笑えます。

岩田大助

 登場回数:1回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「にいちゃん、早くコインとってよー。」or「そうだよー。それで、お菓子と交換してよー。」6巻1話p52

 管理人評:横綱の弟。エロエースの弟の弘樹くんと仲がいいようです。ここからまた新たなエロエロコンビが誕生するのでしょうか。

岩田愛美

 登場回数:1回

    初登場:6巻1話

    初セリフ:「にいちゃん、早くコインとってよー。」or「そうだよー。それで、お菓子と交換してよー。」6巻1話p52

 管理人評:横綱の妹。兄妹仲がいいみたいでかわいい。

姫香ママ

 登場回数:1回

    初登場:18巻2話

    初セリフ:「あら、うちがモデルにしたのは、スペインのセゴビアのお城よ。」18巻2話p173

 管理人評:姫香ちゃんに負けず劣らずメルヘンチックなママ。白雪姫の悪いお妃スタイルで登場しました。服装だけでなく、お家まで白雪姫城風にするという本格派。ただメルヘンの世界に憧れているだけでなく、グリム童話やそこに出てくるアイテムについても非常に詳しいです。この知識の豊富さと気合いの入れようは、オタクの鑑と言ってもいいと思います。

伊江田照蔵

 登場回数:5回

    初登場:11巻2話

    初セリフ:「ひょえ~。」11巻2話p114

 管理人評:幸町の町内会長。元大工ですが、高所恐怖症でお寺の屋根から降りられなくなったり、おならを俳句でごまかそうとしたり、お茶目な一面があります。一大爺や誤字脱爺とイベントを企画したり、亡くなった花咲桜里や迦楼羅とも面識があったり、社交的で世話好きな性格のようです。

一大爺

 登場回数:1回

    初登場:03巻1話

    初セリフ:「……ふーむ。」03巻1話p54

 管理人評:井江田照蔵さんのお友達。ながいお髭が特徴的なかわいいおじいちゃん。なにかとあると「一大事じゃ!」と叫ぶ。地域から伝統が失われつつあることに危機感を覚え、6-1男子と一緒に柏餅づくりにはげみました。ふだんは別の街で娘と暮らしているらしいです。

誤字脱爺

 登場回数:1回

    初登場:06巻1話

    初セリフ:「ほいほい、お安いご用だ。」06巻1話p58

 管理人評:井江田照蔵さんのお友達。本名は五味達治ですが、あまりに誤字脱字がひどいので「誤字脱爺」というあだ名をつけられました。漢字の間違いを指摘されてもにこにこしており、体型同様ゆったりとした性格のようです。

花咲桜里

 登場回数:3回

    初登場:19巻1話

    初セリフ:「鬼は外……。」19巻1話p56

 管理人評:花咲桜樹くんの妹。井江田照蔵さんの元同級生。ちょっかいを出す照蔵さんに応戦するような、勝気で正義感の強い人物だったようです。兄が亡くなったあとは両親の世話をしながら暮らしていた模様。家族思いの女性でもあったのでしょう。大好きな兄の桜が咲いたのを見ることができてよかったです。

花咲桜樹

 登場回数:1回

    初登場:0巻

    初セリフ:「咲いたね。ぼく、まってたんだよ。」0巻p244

 管理人評:戦時中、空襲で亡くなった男の子。はじめて0巻を読んだ時、黒魔女さんで「戦争」というテーマが描かれたことに驚きました。しかもおそらく、桜樹くんは東京大空襲の帰りの爆撃機によって命を落としたんですよね。現実におきた出来事で亡くなったということが、ショッキングに感じられました。桜樹くんのようなキャラを描きつつも物語全体のトーンが落ち込まないのは、黒魔女さんの長所でもあるのかなぁ……?

樺山園長

 登場回数:2回

    初登場:17巻2話

    初セリフ:「だれが、カバだって?」17巻2話p120

 管理人評:灯子ちゃんのきょうだいが通う、いちご保育園の園長さんです。顔がカバに似ています。少し太めの体型で、本人はそのことを気にしているみたいです。チョコをおたのしみ会に招いたり、神山先生の結婚式を園内で行ったり、園児や職員のことを考えてくれる園長さんです。

神山久美子

 登場回数:1回

    初登場:04巻3話

    初セリフ:「バージンロードにしいた白い布にも、意味があるのよ。」04巻3話p188

 管理人評:いちご保育園の先生。結婚式を保育園で開くほど、こどもたちが大好きな先生です。式中に突然東海寺と麻倉がさわぎはじめても落ち着いていたのは、普段からもっと手のかかる園児の相手をしているからでしょうか。

山口先生

 登場回数:1回

    初登場:04巻3話

    初セリフ:「お父さま、もう一度、バージンロードの歩き方の確認をしておきましょうか。」04巻3話p191

 管理人評:神山久美子先生の結婚式で、歩き方の指導をしていた先生です。久美子先生、久美子先生のお父さん、チョコと、あらゆる方面に気を配る能力は普段の仕事で培われたものでしょうか。

守り地蔵

 登場回数:1回

    初登場:8巻1話

    初セリフ:「ああ、たりない……。」8巻1話p38

 管理人評:合川の土手にいるケチなお地蔵さん。食いしん坊ですが、お供えものをとられたことにすぐに気づくことはできないようで、ちょっと抜けているのかな?と思います。

二見ディレクター

 登場回数:1回

    初登場:3巻2話

    初セリフ:「はい、それではリハーサル、お願いしまーす。」3巻2話p102

 管理人評:「魔女っ子クラブ」のディレクター。うちわでスカートを仰ごうとしたエロエースを注意するなど、たとえ子供相手であっても言うべきことはしっかり言う性格。仕事に対する責任感が強そうです。初めて読んだ時はベテランのディレクターなのかと思いましたが、暗御留燃阿が「二見くん」と呼んでいるので、実はまあまあ若いのかもしれません。

北京ダック三号四号

 登場回数:1回

    初登場:3巻2話

    初セリフ:「さあ、三号くん。水曜といえば、人気コーナー『魔女っこクラブ』やね。」3巻2話p103

「そうやねぇ。魔女っこ好きな四号くんとしては、ゆうべは寝られへんかったやろ?」3巻2話p103

 管理人評:「魔女っ子クラブ」の司会を務めるお笑いコンビ。モデルはロンドンブーツ1号2号でしょうか。あの時ロンハーとか流行ってたし。

三平さん

 登場回数:1回

    初登場:8巻2話

    初セリフ:「おーい! 伊蔵!」8巻2話p214

 管理人評:伊蔵の近所に住んでいたおじさん。夢見がちな伊蔵にサツマイモの間引きをすすめました。現実的で地に足の着いた考え方をする人物なのかな?と思います。

トメさん

 登場回数:1回

    初登場:07巻2話

    初セリフ:「いいのかい? そりゃあ、ありがたい。あれは、ほんとにいい香りがするからねぇ。」07巻2話p87

 管理人評:ティカの近所に住むおばあさん。藤田香の香りが好きらしく、分けてもらえると聞いて喜んでいました。チョコのゴスロリを珍しがったり、ティカが虚空にはなしかけるのをみて驚いたり、素朴な人物のようです。 

 

 

 

 

 

 

 

【黒魔女さんが通る】魔界グッズまとめ

*『黒魔女さんが通る‼︎』本編&『魔女学校物語』『黒魔女の騎士ギューバッド』の中に登場する魔界グッズについてまとめました。

*「バッド1巻」は『黒魔女の騎士ギューバッド』1巻、「桃1巻」は『魔女学校物語』1巻を指しています。また、「1巻」は無印1巻、「01巻」は6年生編1巻のことです。 

*気をつけてはいますが、間違いなどがありましたら指摘していただけると非常にありがたいです🙇

 

 「モリカワ」系

あ行

あいあい傘

 詳細:バレンタイン用魔界グッズ。この傘をさして好きなひとと一緒に歩くとラブラブになれる。

 登場巻:13巻

愛スクリーム

 詳細:これをアイスクリームにして食べさせると、相手は自分のことが好きになってしまう。

 登場巻:06巻

あなあき石

 詳細:悪い魔力を吸い取ってくれるパワーストーン

 登場巻:06巻

アロ魔テラピー

 詳細:魔界版アロマテラピー。ブラッドカット(血の匂い)デスカッシュ(悪魔の匂い)ディゼメングラス(死霊の匂い)など、全666種類。

 登場巻:18巻

ウケルンです!

 詳細:どんな寒いギャグも受けるようになる。「ルンです」シリーズのひとつ。

 登場巻:18巻

うま草

 詳細:バレンタイン用魔界グッズ。チョコ作りに失敗しても美味しく感じてもらえる。

 登場巻:13巻

御魔守

 詳細:紫色のお守り。呪いをかけられると身代わりになってくれる。効果は一回きり。

 登場巻:16巻

オリジナルかるたセット

 詳細:描いたことが現実になる「黒魔女かるた」のセット。

 登場巻:11巻

か行

カエルーン

 詳細:魔法の粉。生き物の頭にこれをふりかけると、死霊の好物に変わる。うっかり自分にかかってしまわないように帽子をかぶって使用するのがベター。

 登場巻:4巻

きらわれ草

 詳細:バレンタイン用魔界グッズ。この草を相手にかけたり食べさせたりすると、自分のことを嫌いになる。

 登場巻:13巻

恋して魔スカラ

 詳細:魔力が配合されたマスカラ。普段は友達レベルの相手ともたちまち恋に落ちる。

 登場巻:13巻

好感ノート

 詳細:交換ノートとしてこれを使用すると、お互いのいいところが自然と伝わる。

 登場巻:06巻

魂虫採集キット

 詳細:人間の恨みや不満が集まってできた魂虫を採集するためのキット。王立魔女学校や私立ブラックウィッチ学園では教材として使用されており、「モリカワ」では釜飯の容器15個で売られている。

 登場巻:06巻

さ行

しゃぼんだ魔

 詳細:一見普通のシャボン玉だが、これで願い事をしながらシャボン玉を作ると願いが叶う。

 登場巻:9巻

自幽研究 おた透けキット

 詳細:一時的にスケスケになり、「幽霊になるのはどんな気分か」というテーマで研究ができる。

 登場巻:06巻

好きになり草

 詳細:バレンタイン用魔界グッズ。この草を相手にかけたり食べさせたりすると、自分のことを好きになってもらえる。

 登場巻:13巻

た行

祟ルンです

 詳細:「ルンです」シリーズの一つだが、詳細不明。

 登場巻:11巻

だれの足にもぴったりフィット! シンデレラのガラスの靴

 詳細:「モリカワ」の倉庫にあった商品。詳細不明。

 登場巻:0巻

10天プラセット

 詳細:見た目は天ぷら鍋。これで作った天ぷらを食べさせると、相手が様々なお願いをしてくる。お願いは「呪っ天」「ゆるし天」「きらっ天」「蹴っ天」「なぐっ天」「おごっ天」「わらっ天」「帰っ天」「話し天」から選べる。

 登場巻:06巻

でルンです

 詳細:「ルンです」シリーズのひとつ。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:11巻

ときめき魔スカラ

 詳細:異性を虜にできる魔スカラ。お値段は釜飯の容器1個分。

 登場巻:18巻

飛びたいときにシュッとひと吹き・スプレー飛行魔法薬

 詳細:詳細不明。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:13巻

な行

泣き草

 詳細:バレンタイン用魔界グッズ。相手に感激してもらえる。

 登場巻:13巻

粘着シートで根こそぎ退治・悪霊ホイホイ

 詳細:詳細不明。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:13巻

は行

はじめてでもいたくない・コンタクト千里眼ソフトタイプ

 詳細:詳細不明。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:13巻

ハッピーはっぴ

 詳細:着るとハッピーな気分になれるが、脱ぐと落ち込んでしまうはっぴ。「

 登場巻:06巻

飛行魔法UP薬

 詳細:全身に塗った後、背中に羽の模様を描くと、飛行速度が3倍になる。原料は乾燥させたコウモリの羽をすりつぶし、蛇の血を混ぜたもの。

 登場巻:4巻

ふたりっ霧

 詳細:ひと吹きするときりが現れ、好きなひとと二人きりになれる。

 登場巻:06巻

ほうき修理薬

 詳細:飛行用の棒を磨いて飛びやすくするためのもの。水に溶かすと接着剤にもなる。原料は桜貝で、環境に優しい。

 登場巻:4巻

坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」絵の具

 詳細:どんなに絵が下手な坊主でも必ず上手に描ける絵の具。

 登場巻:11巻

ま行

魔色折り紙

 詳細:折り紙の色と作ったものの組み合わせによって、様々な現象を引き起こすことができる。

 登場巻:06巻

魔レゼント

 詳細:魔界の福袋。稀にいいものが入っている。

 登場巻:18巻

見えルンです

 詳細:何かで遮られていたとしても、対象の方向に向けるだけでその対象の写真が撮れるカメラ。

 登場巻:11巻

メモ蝶

 詳細:魔界の蝶の羽で作ったメモ。これにメモを書き、相手の名前を口にするとその人のところまで飛んでいく。

 登場巻:06巻

ら行

レターセット

 詳細:このレターセットに書かれていることを読もうとした人は、けられ、殴られ、身体が痺れるような感覚を味わう。

 登場巻:16巻

 

 

屍系

あ行

お肌がつるつるになルンです

 詳細:白いチューブに入ったニキビ薬。「ルンです」シリーズのひとつ。ニキビーンズを食べてできたニキビを消すためのアイテム。

 登場巻:0巻

か行

消えルンです

 詳細:屍の店で売っているインク消し。「ルンです」シリーズのひとつ。よく消えるので人気商品。しっかり封をされた手紙の文章も消すことができる、強力な非売品もある。

 登場巻:0巻

聞こえルンです

 詳細:「ルンです」シリーズのひとつで、万能盗聴器。屍のお気に入りらしい。

 登場巻:0巻

さ行

湿気ルンです

 詳細:「ルンです」シリーズのひとつ。どんなものでも湿らせてしまう。

 登場巻:0巻

た行

超強力みえルンです

 詳細:屍が持っているメガネ。どんな手紙の内容も覗ける。非売品。「ルンです」シリーズのひとつ。

 登場巻:0巻

ツタンラーメン

 詳細:見た目は普通のカップラーメンだが、これにお湯を注いで1分待つと中からツタンカーメンが出てくる。魔界テレビショッピングを最初に利用した際にもれなくもらえる魔界グッズ。屍株式会社が販売している。

 登場巻:17巻

天体望遠鏡

 詳細:ギュービッドが屍の通信販売で購入したもの。魔界の月が見える。

   登場巻:07巻

な行

飲むスリム ガイコツちゃん!

 詳細:飲むだけで痩せられるダイエットサプリ。1日で666個も売り上げたほどの大ヒット商品。屍株式会社が販売している。

 登場巻:17巻

ま行

燃えルンです

 詳細:一見、ただのマッチだが森を焼きつくすほどの威力がある。「ルンです」シリーズのひとつ。

 登場巻:0巻

 

 

駄天使系

あ行

え、霊気来たー

 詳細:演奏すると霊が寄ってくるエレキギター

 登場巻:10巻

オメーン

 詳細:一見普通のお面だが、これをつけるとお面と同じ顔に変身できる。お値段は釜飯の容器2個。

 登場巻:10巻 16巻

か行

月刊長良し

 詳細:魔界の少女漫画雑誌。どの漫画も長くて良い感じ。「遅刻少女R」などが載っている。

 登場巻:16巻

月刊魔ガジン

 詳細:少年漫画雑誌。「まじめの一歩」などが載っている。

 登場巻:10巻

ま行

魔法の鏡

 詳細:赤銅色の小さな手鏡。これに相手を映すと、その人の真実の姿を教えてくれる。チョコが駄天使にもらったもの。

 登場巻:10巻

魔ラカス

 詳細:音楽に合わせてこれを振りながら嫌いな相手の名前を言うと、その人が困ることが起きる。

 登場巻:10巻

 

オリジナル制作グッズ

あ行

あなあき石のモビール風風鈴

 詳細:矢指奏が作った魔界グッズ。あなあき石を3つ使用しており、石同士がぶつかると風鈴魔法がかかる。それにより、あたりの悪い魔力の在り処がわかる。

 登場巻:06巻 

五つ葉のクレーマー

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、「地獄の公爵ゼパル」のメンバーが考案した魔界グッズ。見つけた人間を不幸にするクローバー。

 登場巻:桃3巻

意図電話

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、桃花たち「地獄の公爵フォカロル」のメンバーが考案した魔界グッズ。一見ただの糸電話だが、これを使うと相手に意図が伝わる。

 登場巻:桃3巻

ウエッとティッシュ

 詳細:ギュービッドが作った魔界グッズ。ウエットティッシュダンゴムシと蝉の抜け殻と野良猫の糞を混ぜ合わせ、どぶの水と混ぜたものを染み込ませてあり、とてもくさい。これで相手の顔を拭くとゲロを吐かせることができる。

 登場巻:06巻

お魔け屋敷

 詳細:富裕レイが作った魔界グッズ。小さな箱だがプロジェクターになっており、スイッチを入れると様々なお化けが映し出される。魂虫採集キットを4つ使用して製作したらしい。

 登場巻:06巻

か行

けんかの種

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、「地獄の王ベリアル」のメンバーが考案した魔界グッズ。これを持っているとけんかをしたくなってしまう。

 登場巻:桃3巻

好感メモ蝶ふせん

 詳細:チョコが二級黒魔女認定式の呪苦題として製作した魔界グッズ。「メモ蝶」に「好感ノート」を貼り付けたもので、これにメモを書いて飛ばすと、お互いのいいところが伝わり合う。

 登場巻:06巻 07巻

さ行

死異流

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、「地獄の総統ハアゲンティ」のメンバーが考案した魔界グッズ。これを憎い人のおでこに貼ると、その相手を地獄に流すことができる。

 登場巻:桃3巻

しゃべるカー

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、「地獄の侯爵アモン」のメンバーが考案した魔界グッズ。一見ただのシャベルカーのおもちゃだが、基本呪文をかけるとしゃべる。

 登場巻:桃3巻

は行

必勝はちまき

 詳細:周りに左右されない黒魔法がかかった、ギュービッド特製のはちまき。「必」を「心」と書き間違えている。

 登場巻:14巻

フラレター

 詳細:若草色の便箋。この便箋で意中の相手に手紙を出すと必ず振られる。ギュービッドが作った魔界グッズ。

 登場巻:06巻

ま行

魔種

 詳細:部屋対抗・創作黒魔法大会において、「地獄の王ベリアル」のメンバーが考案した魔界グッズ。誰かと別れる時にこれを持っていると再会できる。

 登場巻:桃3巻

ら行

利ップ

 詳細:桃花が作った魔界グッズ。愛スクリームにリップクリームを混ぜ、スティック状に固めたもの。相手がこれを唇に塗ると自分のことが好きになる。

 登場巻:06巻

  

フリ魔・屋台で売っていたもの

あ行

絵魔

 詳細:魔界のお祭りのインチキ屋台ゾーンで売っていたもの。人間界の絵馬とほぼ一緒。 

 登場巻:20巻

お魔もり

 詳細:呪いの魔力を持ったお守り。桃花がフリ魔で売っていたもの。

 登場巻:01巻

お魔もり

 詳細:魔界のお祭りのインチキ屋台ゾーンで売っていたもの。人間界の合格祈願お守りとほぼ一緒。

 登場巻:20巻

か行

九つ老いる

 詳細:肌年齢を9歳引き上げてしまう魔界グッズ。「ココナッツオイル」と名前が似ているので注意。フリ魔で売られていた。

 登場巻:01巻

さ行

死霊の爪

 詳細:魔法屋台がネイルチップとして売っていたもの。これをつけると使い魔になってしまう。

 登場巻:2巻

は行

八九紙

 詳細:これを携帯して試験に臨み、名前の横に「89」と書いて回答用紙を提出すると89点以上取れる。魔界教育研究所が開発した商品。

 登場巻:20巻

美ー泥

 詳細:今、魔界で一番人気の美容グッズ。これでパックすると毛穴の汚れが落ちる上に美白効果もある。通販ではいつも品切れ状態。人間が使うと、泥で顔が溶けてしまうことがある。魔界の屋台で売っていたもの。

 登場巻:20巻

不思議画報

 詳細:魔界の雑誌。「婦人画報」のパクリか。フリ魔で売られていた。

 登場巻:01巻

筆魔個

 詳細:一見普通の筆箱だが、ここに入れたものは何でも不吉な魔力を帯びる。桃花がフリ魔で売っていたもの。

 登場巻:01巻

ま行

魔女の友

 詳細:魔界の雑誌。「少女の友」のパクリか。フリ魔で売られていた。

 登場巻:01巻

魔法少女倶楽部

 詳細:魔界の雑誌。今から90年以上も前に刊行されたもの。「黒ネコを飼うとお金持ちになれるのは、悪魔サタンのおかげだった!」などの特集が組まれ、魔力増強カードなどの付録が付くこともあった。「少女倶楽部」のパクリか。フリ魔で売られていた。

 登場巻:01巻

魔りがみ

 詳細:魔界の折り紙。これで作ったものは本物になる。魔界のお祭り屋台で売っていたもの。

 登場巻:20巻

ら行

落餓鬼帳

 詳細:普通の落書き帳としても使えるが、ここにむかつく人の名前を書くと餓鬼がその人に悪さをしに行ってくれる。桃花がフリ魔で売っていたもの。

 登場巻:01巻

 

特定のキャラクターだけが持っている物

あ行

アントキのおもひで

 詳細:胸に当てると、昔の素敵な思い出が浮かび上がる水晶玉。ソンセミーシャがチョコにくれた。

 登場巻:10巻

伊蔵が咲かせたサツマイモの花

 詳細:ティカの人間界実習の際に、伊蔵が咲かせたサツマイモの花を魔界グッズにしたもの。ドライフラワーのように見えるが、しばらく外に出しておくと蘇る。ティカはお彼岸の際にこれを前にして伊蔵と語り合う習慣がある。

 登場巻:07巻

お死舐さま

 詳細:ティカがチョコを悪い魔力から守るために作らせた雛人形。悪い魔力を感知すると、ティカに念を送ってくれる。

 登場巻:15巻 16巻

お堕遺狸さま

 詳細:ティカがチョコを悪い魔力から守るために作らせた雛人形。悪い魔力を感知すると、ティカに念を送ってくれる。

 登場巻:15巻 16巻

か行

隠れ蓑

 詳細:ワラで出来たみの。これをかぶると相手に姿が見えなくなる。あ、くまの持ち物。

 登場巻:10巻

黒い恋人の木の小枝

 詳細:身分違いの恋や周りから反対されるような恋でも成就するという小枝。一般に出回ると魔界の身分制度が崩れるおそれがあるため、グラシュティグが保管している。

 登場巻:13巻

さ行

指導用パンフレットその一

 詳細:アグリッパが長年の経験をもとに作った、インストラクター黒魔女のためのマニュアル。「おきもち」を示すともらえる。「お気持ち」の目安は、梅コース(パンフレット1冊)が釜飯の容器1個、竹コース(パンフレット3冊)が釜飯の容器10個、松コース(竹コースプラス魔界グッズ)が釜飯の容器100個。

 登場巻:04巻

砂時計

 詳細:ギュービッドがエクソノームにもらった砂時計。てっぺんにはエクソノーム自身の顔が彫刻された高級品。二人の思い出が詰まっており、ひっくり返すとそれを見ることができる。

 登場巻:13巻

千里眼

 詳細:サティリコが期末試験でトップになったご褒美としてデスカからもらった竹の筒。これを覗くと自分の未来が見える。

 登場巻:8巻 9巻 10巻 12巻 バッド1巻

た行

タロット・ディモニオ

 詳細:悪霊の国の王のみが使用を許されたタロットカード。別名「悪霊のタロット」。悪霊の国の政治は全てこの占いの結果によって行われる。実はサンタフスタ騎士団の団長も使っているが、国王はそのことを知らない。

 登場巻:バッド1巻 バッド3巻

チョコのゴスロリについているリボン

 詳細:空を飛ぶための補助の役割を果たすリボン。

 登場巻:2巻

ですノート

 詳細:ワッハ作曲「死よ、人の望みよかなしみよ」の楽譜。曲中には「死の音」がちりばめられており、繰り返し耳にすると呪いにかかってしまう。火の国魔宝博物館にある魔界遺産だが、もともとは「夜の女王」の持ち物。

 登場巻:03巻

は行

日芳向日葵のコンパクト

 詳細:真ん中に赤い石がはめ込まれた、くすんだ銀色のコンパクト。これに向かって心の底から助けを求めると、雷獣が助けに来てくれえる。

 登場巻:10巻

藤田香

 詳細:よみ方は「ふじたこう」。ティカが焚きしめているお香。ティカの学生時代は、デスカも焚いていた。

  登場巻:7巻 8巻 9巻 07巻

ま行

魔ッチ

 詳細:一見ただのマッチだが、これを擦りながら「ルキウゲ・ルキウゲ・ヴェスビアナーレ」と唱えると、見たいものが見える。ラティンスカ家に代々伝わる魔界グッズ。

 登場巻:12巻 14巻 16巻

魔力封印のぬいぐるみ

 詳細:暗御留燃阿が大形につけた魔力封印のぬいぐるみ。これを装着すると夢を見ているような状態になり、その間の意識や記憶がなくなる。また、自分にかけられた黒魔法を跳ね返す力もある。クマとリスとうさぎがある。

 登場巻:2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 8巻 9巻 10巻 11巻 13巻 14巻 15巻 16巻 17巻 18巻 19巻 20巻 01巻 02巻 03巻 04巻 05巻 06巻 07巻 08巻

や行

夢の書

 詳細:大形の、魔力封印されている間のことを記録した書物。

 登場巻:4巻 06巻

ら行

ロン魔ールームの手鏡

 詳細:花模様が彫り込まれた、レトロでおしゃれな手鏡。これに向かって「鏡よ、鏡よ、鏡さん。部屋野さんに合わせてくださいな、そうっと会わせてくださいな」と呼びかけると部屋野純子が現れる。部屋野純子お気に入りの魔界グッズ。

 登場巻:16巻

 

その他

 

あ行

アイ魔ッド

 詳細:魔界版アイパッド。魔プリをインストールして使用する。チョコは「屍」製のアプリ、「黒魔女魔レンジ」を使用した。

 登場巻:19巻 20巻

アッカンべーゴマ

 詳細:魔界のベーゴマ。一見ただのベーゴマだが、遊んでいると表面に顔が現れ、「アッカンベー」をされる。

 登場巻:07巻

あやまラン

 詳細:人が絶対に謝らなくなる胡蝶蘭

 登場巻:02巻

イモートコントローラー

 詳細:妹が年上のきょうだいをコントロールするための魔界グッズ。略してイモコン。

 登場巻:02巻

右左規

 詳細:世麗舞学習会で配られた魔界グッズ。ピンク色のプラスチックでできていて、先端にうさぎの顔がついた安っぽい定規。勉強するとき、これの左右に答え候補を書くと、正解に近い方に耳を振って教えてくれる。(例えば、1+1=? という問題があったとする。右左規を置き、その左側に2、右側に4と書くと、うさぎの耳が左に触れる。)

 登場巻:14巻

映ルンです

 詳細:銀色のコンパクト。これに向かって「ルキウゲ・ルキウゲ・リフレッテーレ」と唱えると自分の分身が現れる。

 登場巻:11巻 16巻 17巻 20巻

会馬

 詳細:これに会いたい人の名前を書くとすぐ会える。

 登場巻:07巻

おいだせ動物の森

 詳細:3Deathのソフト。略して「おいもり」。森の動物たちに呪いをかけて追い出し、自分だけの素敵な村を作るというゲーム。「おいでよどうぶつの森」のパクリか。ギュービッドのお気に入り。

 登場巻:20巻

黄金バット

 詳細:バットキャッスルの「黄金バットの魔」にある、金色のバット。信じる心を持っている人しか手に取ることができない。

 登場巻:10巻

王立魔女学校 卒業アル魔ム

 詳細:王立魔女学校の卒業アルバム。表紙は黒地に赤い文字。表紙をめくるとまず集合写真があり、そのあと様々なスナップ写真がある。「魔女っ子いろいろアンケート」のようなコーナーもある。

 登場巻:07巻

おしゃべリボン

 詳細:小さな黒いリボン。これをつけると思っていることがスラスラ話せる。ギュービッドがアグリッパから買った。

 登場巻:04巻

おと魔だちピンク

 詳細:魔界の女の子のあいだで人気No.1の雑誌。黒魔法について「魔リキュア」や「魔イメロ」のキャラが教えてくれる。「お魔ちゃふろく」がついてくるのも人気の秘密。おともだちピンクのパクリ商品。

 登場巻:18巻

おはじき

 詳細:一見ただのおはじきだが、弾くと本物の銃声がする。

 登場巻:07巻

か行

かざぐる魔

 詳細:魔物に向かってこれをかざすと、中から白玉状の死霊が出てきて魔物の動きを鈍らせてくれる。

 登場巻:10巻

蒲蔵

 詳細:一見ただのかまぼこだが、雪の上に置くと大きくなり、まるでかまくらのようになる。中に入って休むことができる。ロリポップ・ココアの「おかしな詰めあわせセット」に入っていた。

 登場巻:10巻

神ねんど

 詳細:神の力を持つ粘土。作ったとおりのものになる。昔、錬金術師たちが人造人間ホムンクルスを制作する際に使ったのがこれ。

 登場巻:01巻

聞き耳ずきん

 詳細:これをかぶると、「地獄耳魔法」を使ったのと同じ効果がある。

 登場巻:6巻

キングコブラの皮のヘアバンド

 詳細:火の国に3つしかないというヘアバンド。ティアーが魔女学校に持ち込んだ。

 登場巻:桃1巻

食おうカード

 詳細:Quoカードのパクリ。これを使うと、釜飯の容器1個分の食事ができる。

 登場巻:03巻

黒魔女通信No.666

 詳細:王立魔女学校が、毎月卒業生に送っている会報。別に666号目というわけではなく、「No.666」までが正式名称。メリュジーヌ先生のエッセイ「魔女学校のおもひで」や、マカズキンが書いた「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」などの創作物語も載ることがある。

 登場巻:8巻 03巻 08巻

コードレスしょうじ機

 詳細:正直すぎて相手を傷つけてしまう発言を吸い取ってくれる。魔キタ製。ギュービッドがアグリッパから買った。

 登場巻:04巻

五勝つ人形

 詳細:見た目は5月人形をキーホルダーにしたもの。これに「ルキウゲ・ルキウゲ・トリウンファーレ」と呪文をかけると、どんな勝負にも5回勝てる。ただし、効き目は5月5日まで。魔女学校の生徒の間で人気の商品。

 登場巻:03巻

さ行

桜石

 詳細:桜の霊力がこもった石。昔、節分の豆まきはこれで行ったらしい。

 登場巻:19巻

サロス時計

 詳細:悪霊の国の王宮の霧の魔にあった四角いかけ時計。凶兆とされる箒星が出現する時期を教えるための時計で、針は一本しかない。18年で1周する。

 登場巻:バッド3巻

邪気じゃきはさみ

 詳細:おと魔だちピンク3月号についてきたお魔ちゃふろく。邪気を追い払ってくれる。

 登場巻:18巻

週刊・魔女自身

 詳細:魔界の女性週刊誌。主にゴシップを扱う。エクソノームとワッフの婚約の噂をすっぱ抜いた。

 登場巻:13巻

招待パス

 詳細:王立魔女学校の卒業生がもらえる魔界グッズ。知り合いを魔女学校に招待することができる。

 登場巻:07巻

ス魔ホ

 詳細:魔界版スマホ。魔プリをインストールして使用し、イン魔ーネットへのアクセスなどができる。ギュービッド様はこれを持っているらしい。

 登場巻:14巻 18巻 01巻 02巻 07巻 06巻

3Death

 詳細:魔界版3DS。魔ンテンドーの商品。

 登場巻:19巻

せいトング

 詳細:見た目は普通のトングだが、整理整頓にこれを使うと、あっという間に部屋が片付く。

 登場巻:02巻

た行

つながりの手鏡

 詳細:一見ただの鏡だが、弟子との信頼関係を築いていくと、相手の様子がはっきり映るようになる魔法の鏡。相手に危険が迫るとその姿が映らなくなる。

 登場巻:桃1巻

でるでる坊主

 詳細:世麗舞学習会の魔界グッズ。一見ただのてるてる坊主。世麗舞学習会職員の言うことを聞く人には「満点がでるでる坊主」だが、聞かない人には「悪霊がでるでる坊主」。

 登場巻:14巻

でるでる坊主

 詳細:見た目はてるてる坊主と一緒だが、悪い魔物が近づくと「でるでる~」といって知らせてくれる。

 登場巻:04巻

な行

似とるマーメイド

 詳細:これに向かって死霊や魔物の名前を叫ぶとそれと似た形に変化する。

 登場巻:07巻

は行

パス魔

 詳細:死の国、火の国、涙の国王立魔女学校をトップで卒業したものに与えられる。これを持っているとそれぞれの国&人間界を行き来する長距離バスに無料で乗ることができる。優秀な黒魔女を互いに行き来させることで、平和な魔界を作ろうという計らいで作られたもの。

 登場巻:16巻

悲願花

 詳細:悲願を叶えてくれる花

 登場巻:18巻

不勉強グッズ

 詳細:悪魔情がチョコに売ろうとした魔界グッズ。学校の宿題が1分で終わる。

  登場巻:07巻

不健康グッズ

 詳細:悪魔情がチョコに売ろうとした魔界グッズ。一週間でウエストが12センチ細くなる。

  登場巻:07巻

保霊剤

 詳細:魔界グッズに込められた霊が飛び出さないように&思い出が色褪せないように保ってくれる魔界グッズ。

 登場巻:07巻

ま行

魔界携帯電話

 詳細:魔界の携帯電話。「そふ魔」など、さまざまなプランがある。ギュービッドも使っていた。

 登場巻:8巻

魔界砂時計

 詳細:木枠にはめ込まれた、ガラスの砂時計。中に赤い砂が入っている。人間界で正確な魔界時間を知るのに役立つ。

 登場巻:0巻 3巻 8巻

まがた魔

 詳細:黒魔法を跳ね返す力を持った伝説の石。稀に人間界に転がっている。

 登場巻:11 巻

魔コンパス

 詳細:魔力を放って方向を知らせてくれるコンパス。

 登場巻:バッド2巻

魔スポート

 詳細:魔界で、外国に行く時に必要な書類。身分証明書と入国許可書を兼ねたもの。発行には申し込んでから3週間ほどかかる。

 登場巻:16巻

魔とり線香

 詳細:一見普通の蚊取り線香だが、これに火をつけている間は魔物から守ってくれる。

 登場巻:06巻

魔の語

 詳細:魔界に昔から伝わる物語集。「死ンデレラ」、「無礼メンの音楽隊」、「前髪ぱっつんツェル」、「眠れる森の美魔女」、「美魔女と野獣」、「エンジェルはグレてる」などが収録されている。王立魔女学校の「黒魔女発表会」では、だいたいここにおさめられた作品を上演する。

 登場巻:07巻

魔ブリーズ

 詳細:ひとふきすると弟子の魔力を消し、修行のやり直しをさせることができる。魔界の公共スペースでの使用は禁止。魔力封印堂の通信販売にて釜飯の容器50個で売っている。

 登場巻:07巻

魔ポニカ・じゆうちょう

 詳細:表紙にマンドラゴラの写真がついているノート。魔界の幼稚園生が、鏡の黒魔法の練習の際に使用する。

 登場巻:20巻 

魔力判定のビデオカメラ

 詳細:魔力の効き目を判定するビデオカメラ。魔女学校の卒業試験にも使われる。火の国王立魔女学校のそれは旧式で大きいが、今はス魔ホサイズのものもある。

  登場巻:07巻

見ず出放

 詳細:これで水をかけると、水を当てられた対象が昔話に出てくるものに変わる。

 登場巻:07巻

虫めがね

 詳細:見た目は安っぽい虫眼鏡だが、草むらに隠れた虫をすぐさま見つけてくれる優れもの。

  登場巻:07巻

めざ魔し時計

 詳細:文字盤の上にベルが載っている、古めかしい時計。危険が迫ると知らせてくれる。ロリポップ・ココアの「おかしな詰めあわせセット」に入っていた。

 登場巻:10巻

や行

幽かた

 詳細:一見普通の浴衣だが、着ると魔物や死霊に変身できる。

 登場巻:06巻

幽待券

 詳細:プライドポテトの優待券。幽体離脱をさせるための券。

 登場巻:04巻

四つ魔のクロー魔ー

 詳細:一見普通の四つ葉のクローバーだが、葉っぱのところに逆十字の模様がついている。黒魔女を呪うための魔草。

 登場巻:18巻

ら行

リコウダー

 詳細:世麗舞学習会で貸し出された魔界グッズ。使うと頭が良くなる笛。

 登場巻:14巻

 

 

 

関連記事

 

krmjsnfan.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【黒魔女さんが通る】魔界の食べ物まとめ

*『黒魔女さんが通る‼︎』本編&『魔女学校物語』『黒魔女の騎士ギューバッド』の中に登場する、魔界の食べ物についてまとめました。

*「バッド1巻」は『黒魔女の騎士ギューバッド』1巻、「桃1巻」は『魔女学校物語』1巻を指しています。また、「1巻」は無印1巻、「01巻」は6年生編1巻のことです。 

*気をつけてはいますが、間違いなどがありましたら指摘していただけると非常にありがたいです🙇

 

 

 

ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」系 

あ行

青虫のクレームブリュレ

 詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。

 登場巻:08巻

青虫のスフレ

  詳細:ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売っているお菓子。詳細は不明。

 登場巻:08巻 バッド1巻 桃1巻

青虫のブリュレ

  詳細:青虫でできた、とても美しい黄緑色をしているお菓子。屋台時代からの人気メニューで、メリュジーヌ校長の好物でもある。

 登場巻:07巻

赤ん棒(あかんぼう)

 詳細:赤い棒。冷やすとシャーベットとして食べることができる。食べると三日間赤ちゃんになってしまう。ロリポップ・ココアの「おかしな詰めあわせセット」に入っていた。

 登場巻:10巻

永久恋愛(えくれあ)

 詳細:好きな人と二人で食べると永久にラブラブでいられるお菓子。

 登場巻:04巻

おおざっパン

  詳細:食べると行動がおおざっぱになる、主婦向きの商品。ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売上ベストテンに入る人気作。

 登場巻:19巻

おかしな詰めあわせセット

  詳細:中に様々なお菓子が入っているタータンチェックの赤い箱。

 登場巻:10巻

おもち入りキャンディ

  詳細:キャラメルみたいなキャンディ。

 登場巻:07巻

か行

カブトムシの幼虫グラッセ

  詳細:艶々の幼虫が箱いっぱいに入っており、見た目が非常に可愛らしいお菓子。

 登場巻:07巻

カブトムシ幼虫あんパン

  詳細:「オス」と「メス」の2種類あり、「オス」には黒ごまを、「メス」には白いケシの実をつけて間違えにくくしてある。

 登場巻:16巻

 カメの生き血ジュース

  詳細:魔界のジュース。学生時代のギュービッドと暗御留燃阿がよく飲んでいたらしい。

 登場巻:12巻

ガラガラヘビのカップケーキ

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。

  登場巻:08巻

ガラガラヘビの黒焼きパフェ

  詳細:ガラガラヘビの黒焼きが丸々一匹のっているパフェ。魔女学校時代のギュービッドと暗御留燃阿はテスト後、毎回これを食べに行っていた。

 登場巻:3巻

カラコレスのバームクーヘン

  詳細:生地にカタツムリをすりつぶしたものを練り込んだバームクーヘン。

 登場巻:8巻

からみつきキャンディ

  詳細:表面は普通のアメだが、中身は激辛。

 登場巻:7巻 8巻

クレームブリュレ

  詳細:食べると文句をつけたくなってしまうお菓子。

 登場巻:04巻

毛虫る青虫のアイス(けむるあおむしのあいす)

 詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。第666回「魔界パティシエ・グランプリ」に出典された。緑色の青虫の形の土台に生クリームを乗せ、その上に毛虫を載せた。チャドクガの毛を湯気で舞い上がらせており、美しい。

 登場巻:08巻

恋バナナ

  詳細:食べると恋バナをしたくなってしまうお菓子。

 登場巻:04巻

誤魔菓子(ごまかし)

 詳細:これを食べると誤魔化しがうまくなる。ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売っている和菓子。

 登場巻:11巻

さ行

サラマンドレのカップケーキ

  詳細:イモリのカップケーキ。

 登場巻:08巻

しゃべり抹茶あんパン(しゃべりまっさあんぱん)

 詳細:「カブトムシ幼虫あんパン」の生地に抹茶を混ぜたお菓子。食べれば食べるほとしゃべりたくなる。

 登場巻:16巻

知らぬがほっとケーキ

  詳細:魔界のホットケーキ。食べると秘密を守るために知らんぷりしていたくなる。

 登場巻:05巻

しらんプリン

  詳細:クワガタの幼虫4匹を使って作ったプリンの周りに、蘭の花をあしらったもの。食べると、何を聞かれても知らんぷりするようになる。

 登場巻:16巻

た行

打倒ショコラ

 詳細:食べるとライバルを打倒できるお菓子。

 登場巻:05巻

知魔奇ちまき

  詳細:材料は人間界のちまきと同じだが、食べると知識が奇妙なほど増える。

 登場巻:05巻

チラミス

  詳細:干なめくじの粉でスポンジを、ハエの羽でクリームを作ったケーキ。食べるとチラ見ができるようになる。ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売上ベストテンに入る人気商品。

 登場巻:19巻

特製亜んみつ・クワガタの幼虫シロップがけ

  詳細:ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売っているお菓子。

 登場巻:16巻

な行

ねガエル

  詳細:生きたカエルにカラメルを絡めたお菓子。これを食べると、敵だと思っていた人が寝返ってくる。

 登場巻:05巻

は行

ぱちぱちキャンディ

  詳細:一度にたくさん食べると頭がふっとんでしまうキャンディ。

 登場巻:08巻 

はち密

  詳細:食べると決して秘密を喋らなくなるお菓子。

 登場巻:04巻

ビアットのカラメルバニラプリン

  詳細:カラメルで包んだゴキブリが丸ごと乗ったプリン。

 登場巻:8巻

干しイモの箱・小野芋子・特製(ほしいものはこ・おののいもこ・とくせい)

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。ロリポップ・ココアがあ、魔王にもらった。「ルキウゲ・ルキウゲ・オノノイモコ」と唱えると欲しいものが現れる。第666回「魔界パティシエ・グランプリ」優勝作品。

 登場巻:08巻

ほったら菓子

  詳細:パフェのように深い器に入ったお菓子。表面にはバーナーで焼いたカラメルが乗っており、スプーンで割ってほっていくと砂糖漬けの青虫が出てくる。食べると、すべきことをほったらかしたくなってしまう。

 登場巻:16巻

ほっとケーキ

  詳細:食べると気分がほっとしてなんでも打ち明けてしまうお菓子。

 登場巻:05巻

ま行

魔グカップ

  詳細:この中に水を入れると、ピチピチのカエルやヤモリが出てくる。桃花ちゃんのお気に入りグッズ。「おかしな詰めあわせセット」にも入っていた。

 登場巻:10巻

魔シュマロ

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。食べると身も心もふわふわして空を飛べるようになる。

 登場巻:08巻

魔ロングラッセ

  詳細:ニワトコの花の蜜にすりつぶしたムカデを混ぜ、馬上栗に絡めたもの。

 登場巻:16巻

見たら死だんご

  詳細:ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売っている和菓子。

 登場巻:16巻

ミミズのレアチーズケーキ

 詳細:クリームチーズとミミズの組み合わせが絶妙なケーキ。ミミズが丸ごと何匹も入っているので、すすって食べるのがオススメ。

 登場巻:12巻

ムカデのショートケーキ

  詳細:ロリポップ・ココアのお菓子屋さんで売っているお菓子。詳細は不明。

 登場巻:桃1巻

メロメロキャンディ

  詳細:好きな人に舐めさせると自分にメロメロになるキャンディ。「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)にも登場

 登場巻:04巻 08巻

や行

よみガエル

  詳細:生きたカエルにカラメルを絡めたお菓子。これを食べると、忘れかけていた記憶を蘇らせることができる。

 登場巻:05巻

 

 

「魔界喫茶ハンプティダンプティ」系

あ行

アップルステュルーデル

  詳細:サウンド・オブ・ミュージック」挿入歌の「My Favorite Things」の歌詞に出てくるものを再現したもの。

 登場巻:9巻

イートミークッキー

  詳細:不思議の国のアリス」で、アリスが食べて体が大きくなったり小さくなったりしたクッキーを再現したもの。

 登場巻:9巻

いちご水

  詳細:赤毛のアン」でアンがダイアナに飲ませたぶどう酒を再現したもの。

 登場巻:9巻

か行

コリーおばさんのジンジャーパン 金の星つき

  詳細:「風に乗ってきたメアリー・ポビンズ」に出てくるものを再現したもの。

 登場巻:9巻

さ行

白のお王様のパンプディング

  詳細:「ハンプティダンプティ」のメニュー。(元ネタ分からなかった…)

 登場巻:9巻

た行

ターキッシュディライト

  詳細:ナルニア国物語」第1巻「ライオンと魔女」において、エドマンドが食べたお菓子を再現した物。

 登場巻:9巻

は行

バタつきパン蝶

  詳細:不思議の国のアリス」に登場するキャラを再現したもの。

 登場巻:9巻

 

 

「たちば魔」系

あ行

亜んみつ

 詳細:あんこも白玉も特製。シロップは「特製亜んみつ・クワガタの幼虫シロップがけ」と同じものを使っている。

 登場巻:16巻

さ行

十円まん獣(じゅうえんまんじゅう)

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。足が生えて踊る。「10円」と謳っているが、実際は10個セットで売られ、百円プラス消費税がかかる。鬼奈子と暗子があ、魔王にもらったものだが、第666回「魔界パティシエ・グランプリ」に出典された。

 登場巻:08巻

ショックパン

  詳細:魔界に住人が食べれば口の中ではじける食感が楽しい食パン。だが、人間が食べるとショックで1年間眠り続けてしまう。

 登場巻:16巻

死らた魔

 詳細:食べると記憶がなくなるお菓子。

 登場巻:16巻

は行

必死餅(ひっしもち)

  詳細:人間が食べると必ず死んでしまうお菓子。たちば魔で売っている。ロリポップ・ココアが作ったものは、チャコウラナメクジで色づけし、トビズムカデとフトミミズで味と口当たりを整える。

 登場巻:15巻

 ひまあられ

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。見た目はひなあられそっくりだが、食べると休み休みでしか動けなくなる。

 登場巻:08巻

 

 

  「メーデル」系 

か行

クレーム・カラメル/魔界風焼きプリン

  詳細:食べたもの同士が分かり合えるお菓子。比較的簡単に作れるらしい。

 登場巻:桃3巻

さ行

嫉妬りケーキ(しっとりけーき)

  詳細:ワッハートルテに似ているが、食べると嫉妬深くなってしまうケーキ。バラ水と一緒に食べる。

 登場巻:桃3巻

は行

バラ水

  詳細:バラを使ったほのかに甘い飲み物。5リットルの水に5キロの砂糖を入れ、それを沸騰させて冷ました後に、バラの花びらと輪切りにしたレモンを入れて作る。他のお菓子に込められた魔力を消す力がある。

 登場巻:桃3巻

ま行

魔女レーヌ

  詳細:人間界のマドレーヌをアレンジしたお菓子。

 登場巻:桃3巻

魔ップル・シュトゥルーデル

  詳細:「メーデル」で売っている。詳細不明。

 登場巻:桃3巻

魔なか 

  詳細:人間界のもなかをアレンジしたお菓子。

 登場巻:桃3巻

魔ンナトルテ

  詳細:「メーデル」で売っている。詳細不明。

 登場巻:桃3巻

や行

妖かん

  詳細:「メーデル」で売っている。詳細不明。

 登場巻:桃3巻

わ行

ワッハートルテ

  詳細:とても美味しく、高いケーキ。分厚いチョコレートで覆われており、じゃりじゃりの砂糖が入っていて、非常に甘い。ブラックコーヒーと一緒に食べるのがオススメ。

 登場巻:03巻 桃3巻

 

 

王立魔女学校系

あ行

アオガエルのタピオカ風アイスミルクティー

  詳細:桃花たちがお料理当番の時に作ったもの。アオガエルの卵をタピオカの代わりに使用し、モグラのコンデンスミルクで繊細な味に整えた。

 登場巻:桃2巻

アスタロトが作ったサンドウィッチ

  詳細:ミルフィーユたちアスタロトの部屋のメンバーが作ったサンドウィッチ。干したトカゲとガの幼虫を挟んだだけだったり、桃のシロップでパンがべちゃべちゃだったり、とにかく手抜き。

 登場巻:桃3巻

いいとこ和菓子

  詳細:食べると相手のいいところが目につくようになるお菓子。ティカがギューバッドのために作った。

 登場巻:07巻

意地悪鶏のスープ

  詳細:桃花たちがお料理当番の時に作った、意地悪鶏を使ったスープ。ティアーがあくを抜き忘れたため、全校生徒のガラが悪くなってしまった。

 登場巻:桃2巻

か行

ガの幼虫で作ったマカロニ風サラダ

  詳細:王立魔女学校でお料理当番になった子が作りがちなサラダ。味のバリエーションも、使用されているガがチャドクガかナミドクガかくらいの違いしかない。

 登場巻:桃2巻

ゴキブリの野菜あんかけ

  詳細:王立魔女学校の夕食に出てきたもの。詳細は不明。

 登場巻:桃1巻

ゴルゴンゾーラチーズでいただくカラスアゲハの幼虫パスタ

  詳細:ビルトたちがお料理当番の時に作ったパスタ。とても美味しい。

  登場巻:桃2巻

さ行

砂魔女

  詳細:ビルトたちがお料理当番の時に作ったサンドウィッチ。パン粉をワラジ虫で着色したものを使って魔女の人形を作った。頭に刺したダンゴムシのピクルスを引き抜くと中からサンドウィッチが出てくる仕組み。

 登場巻:桃2巻

スモークした青虫のミモザサラダ

  詳細:ビルトたちがお料理当番の時に作ったサラダ。

  登場巻:桃2巻

た行

トカゲの皮巻きパン

  詳細:王立魔女学校の昼食によく出てくるパン。

 登場巻:桃1巻 

は行

ホウレン走のおひたし

  詳細:「創作黒魔法料理」の授業で、メリュジーヌが足の遅いティカのために作ったもの。食べると1日だけ足が速くなる。

  登場巻: 07巻

早死ライス

  詳細:桃花たちがお料理当番の時に作ったもの。トマト味だが、ガマンベール・チーズを使って酸味を抑えたマイルドな味にしてある。これを食べた全校生徒は、ガマンベール・チーズのおかげでかまん強くなるはずだった。

 登場巻:桃2巻

ヘンデルとグレーテル・スープ

  詳細:マカズキンが魔界童話の取材のために作ったスープ。コガネムシダンゴムシを腐ったネズミの肉と一緒に煮たもの。とてもくさいので、匂いを嗅いだ桃花が気絶した。

 登場巻:桃1巻

ボイルしたサターンオオカブトムシのシーザーサラダ

  詳細:ビルトたちがお料理当番の時に作ったサラダ。

 登場巻:桃2巻

ま行

魔テ茶(まてちゃ)

  詳細:桃花たちが遠足に持っていったお茶。詳細は不明。

 登場巻:桃3巻

魔力増強ワイン

  詳細:美味しくはないが、魔力を上げる効果があるワイン。カナヘビとナメクジを豚の血につけて、イヌホオズキベラドンナとマンドラゴラを加え、1年間寝かせたもの。王立魔女学校では毎週金曜日に飲まれる。

 登場巻:07巻 桃1巻

ら行

霊麺(れいめん)

  詳細:ティカ・ギューバッド・メリュジーヌがお料理当番の時に作った料理。見た目は人間界の冷麺と同じだが、麺一本一本に死霊のエキスが込められており、食べると妖怪や死霊が現れる。

 登場巻:07巻

 

 

その他の魔界レストランのメニュー・高級品

あ行

青虫ソースをかけたトカゲのソテー

  詳細:マーボンのサバトの記念に、魔界のレストランで出されたもの。詳細は不明。

 登場巻:桃1巻

生きたタランチュラのおどり食い

  詳細:魔界のごちそうらしい。デザートとして食べられている。

 登場巻:バッド1巻

意地悪鶏

  詳細:魔界の高級食材。人間が食べると憎らしい性格になる。

 登場巻:桃2巻

イモムシと青虫のポタージュ

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

イモムシパン

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

ウシガエルのムニエル

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

か行

ガマンベール・チーズ

  詳細:魔界の超高級食材。ガマガエルの汗から作ったチーズで、食べると我慢強くなる。特に高級な「ガマンベール・ド・ノルマンディ」だと、釜飯の容器30個はする。桃花たちが使用した「フロマージュ・ド・ガマンベール」でも釜飯の容器7個は必要。

 登場巻:桃2巻

さ行

ジュークリーム

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。第666回「魔界パティシエ・グランプリ」に出典された。「ジューク」オーナーのシナモン作。見た目はシュークリームそっくりだが、666度で焼かれており、とても熱い。

 登場巻:08巻

た行

ドーモクーエン

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。第666回「魔界パティシエ・グランプリ」に出典された。「ようかんは、よう、かんで食べてね」オーナーのヨー・カン作。バームクーヘンの形をしているが、硬すぎて噛みきれない。

 登場巻:08巻

トカゲのおどり食い

  詳細:マーボンのサバトの記念に、魔界のレストランで出されたもの。詳細は不明。

 登場巻:桃1巻

トカゲのプリン

  詳細:マーボンのサバトの記念に、魔界のレストランで出されたもの。詳細は不明。

 登場巻:桃1巻 

特製ラーメン

  詳細:ハデスの超有名店、「死の国ラーメン 一風変わってる堂」で売っているラーメン。スープにはトカゲとゲジゲジと干したニシキヘビをブレンドしたものを三日三晩煮込んだダシを使っている。麺は極太ミミズの縮れ麺で、トッピングは甘く煮たタランチュラ。

 登場巻:16巻

ドブネズミのタルタルステーキ

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

は行

ハエとミミズのソースがけ

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

干しナメクジティー

  詳細:王族や高級貴族しか飲めない超高級茶。ティアーがこれを王立魔女学校内に持ち込んでしまった。

 登場巻:桃1巻

ま行

ミミズのカルボナーラ

  詳細:魔界のごちそうらしい。味が薄い。

 登場巻:バッド1巻

ムカデのパスタ

  詳細:魔界のごちそうらしいが、詳細は不明。

 登場巻:バッド1巻

虫虫ア・ラ・モード

  詳細:魔界のレストランのメニュー。ショーウィンドウではナメクジとダンゴムシとアブラムシが山盛りになっている上に、たっぷり生クリームがデコレーションしてあったが、実物はナメクジ一匹の周りにダンゴムシが散らばっているだけ。

 登場巻:8巻

モグラのミルク

  詳細:魔界の高級食材。まろやかな風味と優しい甘さが特徴。特に高いものだと釜飯の容器10個分はする。桃花たちが使ったのはお徳用コンデンスミルクだが、それでも釜飯の容器5個分は必要。

 登場巻:桃2巻

 

屋台で売っていたもの 

あ行

おこのみ魔き

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。お好み焼きのパクリか。

 登場巻:20巻

か行

 くん漬け

  詳細:これを食べて誰かの名前を呼ぶと、その人を「くん」付けで呼んでしまう。魔界のお祭り屋台で売っていたもの。

 登場巻:20巻

さ行

成績アップル

  詳細:これをかじるとテストの点が10点上がる。魔界のお祭りのインチキ屋台ゾーンで売っていたもの。

 登場巻:20巻

た行

たこ魔き

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。たこ焼きのパクリか。

 登場巻:20巻

ちゃん漬け

  詳細:これを食べて誰かの名前を呼ぶと、その人を「ちゃん」付けで呼んでしまう。魔界のお祭り屋台で売っていたもの。

 登場巻:20巻

チョコ魔なな

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。チョコバナナのパクリか。

 登場巻:20巻

点とりアメ

  詳細:これを舐めてテストに臨むと点数アップが狙える。魔界教育研究所のベストセラー商品。

 登場巻:20巻

ま行

魔きそば

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。焼きそばのパクリか。

 登場巻:20巻

満点丼

  詳細:これを食べるとどんなテストでも満点を取れる。魔界のお祭りのインチキ屋台ゾーンで売っていたもの。

 登場巻:20巻

ら行

リンゴ魔メ

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。りんご飴のパクリか。

 登場巻:20巻

わ行

わた魔め

  詳細:魔界のお祭り屋台で売っていたもの。わたあめのパクリか。

 登場巻:20巻

 

 

その他

あ行 

あ、くまのパンケーキ

  詳細:あ、くまが作ったパンケーキ。材料は人間界のものと同じで、とてもおいしい。「心を込めて、ゆっくり」作るのがポイント。「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)にも登場。

 登場巻:10巻 08巻

揚げパン

  詳細:食べると気分が上がって根性が入る揚げパン。

 登場巻:05巻

アングリー

  詳細:魔界の栗。この栗を食べた人は「アングリー」になってしまう。

 登場巻:02巻

いいなりずし

  詳細:これを男子に食べさせると、女子のいいなりにさせることができる

 登場巻:02巻 

いくじ梨

  詳細:食べると意気地なしになっていまう梨。

 登場巻:05巻

イケ麺

  詳細:これを食べるとイケメンになれる。男性用コス麺。

 登場巻:01巻 

イノシシのシチュー

  詳細:エレオノーラ先輩の爺やと婆やが日常的に食べてると思われるもの。詳細は不明。

 登場巻:桃2巻

ウマい棒

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。幽園地で売っている。食べると馬になってしまう。

 登場巻:08巻

梅邪無(うめじゃむ)

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。幽園地で売っている。人間界の駄菓子からヒントを得たらしい。食べると呪われない。

 登場巻:08巻

オカルトカレー

  詳細:魔界のレトルトカレー。これを食べるとひょうきんな行動をしてしまう。

 登場巻:02巻

オシ麺

  詳細:これを食べると男子たちの推しメンになれる。女性用コス麺。

 登場巻:01巻

おしゃべり昆布

  詳細:これを食べると、口下手な人でもスラスラと話せるようになる。細長の小さな箱に入っている。

 登場巻:02巻

鬼ぎり

  詳細:伝説レベルの魔界グッズ。これを食べると醜い鬼の顔になってしまう。豆をぶつけると元に戻る。「オモテダケ」の魔娑死がくれた。

 登場巻:12巻

か行

 化菓子(かかし)

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。食べるとかかしのように動けなくなってしまう。鬼奈子と暗子がこれを通せん棒に食べさせた。

 登場巻:08巻

可死我もち(かしわもち)

 詳細:魔界には、五月五日は毒団子を作ってお祝いする風習があるが、最近はこれを作るのが人気らしい。屍チェーンで販売している。

 登場巻:03巻

キビキビだんご

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。ロリポップ・ココアが桃だろうからもらったもの。食べるとキビキビ動けるようになる。

 登場巻:08巻

ギュービッドのサンドウィッチ

  詳細:学生時代のギュービッドがエクソノームに作ったフランスパンのサンドウィッチ。具は干したヒキガエルとトカゲを豚の生き血につけたもの。魔界では、パンを上下逆にしないといけないが、ギュービッドはそれをわすれてしまった。

 登場巻:1巻

九尾のきゅうちゃん

  詳細:第一小を「九尾温泉」にした際、ギュービッドが売っていた漬物。

 登場巻:3巻

九尾マヨネーズ

  詳細:第一小を「九尾温泉」にした際、ギュービッドが売っていたマヨネーズ。

 登場巻:3巻

愚実(ぐみ)

  詳細:「おいだせ動物の森」で、「鬼んたろう」に大百足を上げると貰えるアイテム。これを食べるとダメダメな人になってしまう。強鬼・弱鬼・元鬼を倒すために必要なアイテム。

 登場巻:19巻

コス麺セット<イケ麺>&<オシ麺>各1個入り

  詳細:「死の国への旅五日間」キャンペーンのハズレ商品。オシ麺とイケ麺がひとつずつ入っている。

 登場巻:01巻

根性梨

  詳細:食べると根性なしになる梨。

 登場巻:05巻

さ行

時間一時停止アメ

  詳細:なめると時間を一時停止できるアメ。ティカの魔女学校時代、人間界での実習でも使用された。

 登場巻:8巻

時間早送りアメ

  詳細:なめると時間を早送りできる青いアメ。「モリカワ」で売っている。ティカの魔女学校時代、人間界での実習でも使用された。

 登場巻:11巻

時間巻もどしアメ

  詳細:なめると時間を巻き戻せる赤いアメ。「モリカワ」で売っている。ティカの魔女学校時代、人間界での実習でも使用された。

 登場巻:11巻

白雪姫も大よろこび!ヘルシーな毒リンゴ

 詳細:「モリカワ」の倉庫にある商品だが、詳細は不明。

 登場巻:0巻

しん棒

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。食べると辛抱強くなる。通せん棒が鬼奈子と暗子に食べさせた。

 登場巻:08巻

た行

ダンゴムシチョコ

  詳細:麦チョコそっくりな魔界のお菓子。釜飯の容器一つあれば買える。

 登場巻:桃3巻

チノリチョコ 血糊きなこ味

 詳細:「モリカワ」の倉庫にある商品だが詳細は不明。

 登場巻:0巻

貯庫霊都(ちょこれいと)

 詳細:魔娑死がギューバッドとメリュジーヌに渡した魔界グッズ。食べると性別が変わる。また、自分にかかっている他の魔力も同時に弱めたり、消したりする力がある。包み紙には「食べて、変えよう、あなたの人生」と書いてある。

 登場巻:バッド1巻

ディフィカル糖

  詳細:これでお菓子を作ると、人間たちが人間界のお菓子と魔界のお菓子を見分けるのが難しくなる。屍チェーンで販売している。

 登場巻:03巻

特大ニシキヘビの黒焼き

  詳細:魔界の食べ物。「ハロウィーン」にて、指名手配となったギューチョコ桃花を捕まえたバン・シーに与えられる予定だった。

  登場巻:7巻

な行

ニキビーン

 詳細:「モリカワ」の倉庫にあった商品。一見ジェリービーンズのようなお菓子だが、食べるとニキビができてしまう。

 登場巻:0巻

にんにく醤油漬け

  詳細:ギュービッドのママ特製のにんにく醤油漬け。魔界一強烈で、これを食べてから黒死呪文をかければ、吸血鬼は一発で倒せる。

 登場巻:8巻

呪いのスープ

  詳細:雪白ガエルを煮て作ったスープ。かつてそこから立ち上がる有毒な湯気を利用して、魔妖精への異端審問が行われた。

 登場巻:バッド2巻

は行 

ひと魔ぼれ

  詳細:魔界のお米。「ひとめぼれ」のパクリか。

 登場巻:04 巻

ひょろひょろくん

  詳細:安くて美味しい魔イスキャンディ。「なし味」や「クワガタの幼虫ソーダ味」がある。屍株式会社が販売している。

 登場巻:17巻

プライドポテト

  詳細:食べるとプライドが高くなてしまうフライドポテト。

 登場巻:04巻

ブラックエルダーの木の皮の煮汁

  詳細:これを飲むと瞬間移動魔法をかけたのと同じ効果がある。煮汁にせず、木の皮を噛むだけでも短距離なら移動できる。

 登場巻:桃1巻

プリティー

  詳細:魔界のお茶。これを男子に飲ませると、可愛らしい行動をしてしまう。

 登場巻:02巻

ま行 

魔ーイッカ

  詳細:バレンタイン用のイカ。好きなひとにふられても、これを食べるとすぐに立ち直れる。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:13巻

魔カロリーグラタン

  詳細:とても高カロリーなグラタン。ホワイトソースはナメクジをすりつぶしたもの。「モリカワ」で売っている。

 登場巻:17巻

まずい棒 てりやきチキン味

 詳細:「モリカワ」の倉庫にある商品だが詳細は不明。

 登場巻:0巻

 魔魔ニシキ

  詳細:魔界のお米。「ササニシキ」のパクリか。

 登場巻:04巻

魔むしドリンク

  詳細:魔界インフルエンザにかかった時や徹夜明けなどに飲むと魔力回復に効果がある。新人黒魔女が飲むと1分間だけ魔力を3級分アップさせることもできる。

 登場巻:14巻

魔滅(まめ)

 詳細:縁起のいい豆。悪霊退散に使う。「味噌路」の特産市にて、叶夢が売っていた。

 登場巻:18巻

や行

雪白ガエル

  詳細:死招き池の近くに住む、珍しいカエル。遅効性の毒がある。

 登場巻:バッド2巻

夢見大福

  詳細:疲れている時でも一口で夢の世界へ行ける。効果を解除するには魔界グッズ無効化呪文を唱える必要がある。

 登場巻:14巻

ら行

リア重

  詳細:みた目は人間界のうな重だが、ヤモリの蒲焼がのっている。食べるとリア充になる魔力がかかっており、お値段は釜飯の容器10個分。

 登場巻:05巻

レイン棒

  詳細:「黒魔女通信No.666 秋の読み物特集」掲載の「ロリポップ・ココアのお菓子屋さん」(マカズキン作)に登場するお菓子。食べると虹の橋が現れる。通せん棒がロリポップ・ココアにあげた。

 登場巻:08 巻

霊凍粉(れいとうこ)

  詳細:これを使用して作ったお菓子を食べると、悪霊を凍らせる力を得ることができる。オレガノ粉末入りのものもある。屍チェーンで販売している。

 登場巻:03巻

露天風呂プリン

  詳細:黒豆のピューレが混ぜてある灰色のプリン。わかおかのパクリ。「ばかの屋」で食べることができる。

 登場巻:10巻

 

関連記事

 

krmjsnfan.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

【黒魔女さんが通る】LINEスタンプを手に入れた

『黒魔女さんが通る‼︎』のLINEスタンプが発売された

7月12日に、なんと『黒魔女さんが通る‼︎』のLINEスタンプが発売されました!

嬉しい〜。青い鳥文庫ありがとう。全40種類。どれも藤田先生のイラストです。

 

特に好きなやつ

まずは「魔女召喚」のスタンプですね! 18巻第3話の見出しのイラストが元になってるやつ。こういうのに暗御留燃阿(というか同級生組だけど)が使われることはないと思ってたから二度見しちゃった。これを入れてくれた方本当にありがとうございます。ところで「魔女召喚」ってどのタイミングで使えばいいんだろう……。

あと桃花ちゃんの「おっくれてるぅ。」。『魔女学校物語』1巻の表紙ですね。桃花ちゃんのスタンプは全部学生時代の姿。『魔女学校物語』好きなので嬉しいです! でもこの笑顔と明朝体の文字とで「おっくれてるぅ。」ってきたら煽られてる感はんぱないね。最後の「。」がいい味出してる。

それから、ギュービッド様の機関銃攻撃。「おっくれてるぅ」もそうだけど、こういうおなじみのセリフをLINEスタンプとしてみることができるのはなんか嬉しい。

 

 

特に使えそうなやつ

ダウンロードして早速使ったのが舞ちゃんの「断固反対」。このイラストは13巻の表紙からですね。 もちろん元ネタでは「断固反対」とか言ってないと思いますが、イラストと言葉がしっくりきすぎてもうそういう風にしか見えなくなってきた。

そして石崎先生の「しめきり」。今ちょうど学期末ですし、提出物やレポートに追われてる学生は多いのではないでしょうか? 小学生はもうすぐ夏休みですけど、8月末頃にこれを使う子たち多そうです。

それと、メグの「ファイト!」。6巻の表紙の袖に描かれていたイラストです。可愛い〜。メグに応援されたい〜。「締め切り」スタンプにはこれで返せばいいですね。

 

全体的に

正直、読者人気は6-1キャラの方が高いと思うのですが、魔界キャラもいっぱい入ってて嬉しかったです。第二弾があるとしたらショウくんの「みんな好きだよ」がほし伊蔵。